<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
谷汲山〜淡墨桜2015:その1
せっかくの良い季節なのに雨ばかり。
鬱憤が溜まっていたので、セフィーロでお出かけしてきました。

雨の中、あっきー家付近からさらに北へ・・・羽島方面へ。


お昼を過ぎたあたりで岐阜市内にある「すずまん」さんに到着しました。
けっこう評判の良いつけめんが有名なお店です。


早速注文した特製つけめん。


うまーっ!!
出汁がめっちゃ効いてるよ、これ。
お近くまでお寄りの際にはぜひ!評判どおり、オススメできる味でした。

しかしこの辺りは無駄に道が広いですね・・・。


さらに北へ根尾川沿いにセフィーロを走らせ、本巣市辺り。
良い景色になってきたじゃないか!




最初の目的地、谷汲山到着♪
両脇に並ぶお店と「さくら祭り」ののぼりが目に付きますが、やや時期を外してしまった感は否めません・・・。
雨が悪いんやー!!




一番奥の無料駐車場に到着。
推測ですが、土日や祭り最盛期にここに停めることはできなさそうですね。
バイクなら可能かもですけど。


谷汲山とは有名な1200年の歴史を誇る霊場です。
地元の方からも「谷汲さん」と慕われています。


雰囲気としては以前訪れた法多山に近く、よく整備された寺院という感じよりも、山中の自然と融合したお寺といった感じです。
雰囲気あるでしょー?






こういう場所、大好きです。




こちらが本堂。
かなり立派で歴史を感じますね。




全体的に苔の青が印象的です。




谷汲山を降りた後、次の目的地を目指すのですが、途中こんなモニュメントが目に止まりました。
ギフチョウ・・・?


「昆虫館」とあります。
これは入ってみるしか!!(笑)


おそるおそる手動の扉を開けて中に入ってみると、無人・・・?
いや、暫くして奥からお姉さんが出てきてくれました。

後で調べてみると、谷汲昆虫館という施設で1階は販売コーナー、2階は標本とジオラマとのこと。
2階は有料で今はジオラマも動いていないということで、行きませんでしたが、お姉さんが色々話し相手になってくれました。
ショーケースに並ぶ蝶の標本。
めちゃくちゃ安いです!(笑)




次に目に付いたのが「ヒメオオ」の文字!
ブリード最難度を誇るヒメオオクワガタです。


この辺りでは珍しくもない種類なのでしょう、わりと雑に管理されてました。
ぼくなんかにとっては、とても珍しいクワガタなのでお願いして触らせて頂きました。


このフォルム、確かにヒメオオです。
かっちょえー!




えーっと何しに来たんだっけ?

つづく。
20:32 | vehicle:CEFIRO(A33) | comments(4) | trackbacks(0)
分岐点(後編)
続き。

前編だけを読むと、これまでニッサン車しか乗ってこなかったぼくであることだし、今回もそうなのだろうと思われそうですが、そんなことはないです。
もちろん今でもニッサンイチオシではありますが、視野を広げて他のメーカーも見てみるとしましょう。
例えばこちら。

■スバル インプレッサWRX


説明不要、しかし不人気な丸目のモデルです(笑)。
でもぼくは価格抜きにしても、歴代で一番好きなデザインなんですけどねえ・・・どこかおかしいんでしょうか・・・。
四駆なので、冬の雛見沢へも行けそうなのが良いですね。
こちらも性能を考えると異常にお安いです。

■三菱 コルトラリアート バージョンR


また別の視点から考えるとこういうのもアリです。
ただし他の車種に比べて人気なので、初期投資はちょっと値が張ります。
その分、このラインナップの中では、後々の維持はもっとも負担が少ないですね。
コンパクトボディに1500ccターボというキャラクターも他になくて、魅力的です。

他、いっそ軽トラという選択肢もありますが、まあちょっと極端な話なので、とりあえず今回はパスしておきましょうか。

悩む・・・。
02:33 | vehicle:CEFIRO(A33) | comments(4) | trackbacks(0)
分岐点(前編)
バイク2台+製作中1台のおかげで、随分出番の少なくなった我が家のイルカ、A33セフィーロ。
そのセフィーロも今年、車検が待っております。
前回の車検から5000kmも走ってないことを考えると、コストパフォーマンスはかなり悪いと言えるでしょう。
その上、15年前のクルマになるので税金も余分に加算されています。
しかし冬場や雨天時は当然として、荷物を運んだり人を乗せたりと使用する機会がまったくなくなるようなことはありません。

そんなセフィーロを先日、オイル交換ついでにオートバックスでざっとチェックしてもらいました。


急を要するような問題箇所はありませんでしたが、まあ、やっぱり色々劣化していますよね。
では今後、それらを交換して乗り続けるべきなのか、それともここが替え時なのか。

悩みます・・・。

そしてもし買い換えるとするなら?
ここでも更に悩みますね。
まず大前提として新車を買う気はないです。
これまでそうであったように、走行距離3万km以内の中古車が望ましいです。
しかも他人と被りにくく、総支払額100万円以下のもの。
お判りだと思いますが、この条件で探すとなると確実に世間で言うところの「不人気車種」となります。
でもそれで良いんです。
問題はぼく好みの不人気車種があるかと言うこと。
で、早速思い当たる車種を調べてみました。

■ニッサン スカイライン250GT(V35型)


見てのとおり、ものすごく受けの悪かったスカイラインです(笑)。
もともと別の名前で開発されてきた車両を無理矢理スカイラインにしたのですから、それも当然です。
R34型とは全てが異なり、共通点を探す方が難しいくらいです。
JUN個人としても、これをスカイラインを呼ぶのは厳しいと思うのですが、別車種と割り切ってしまえばこれほどお値打ちで良いクルマもないように思えます。
なにせ不人気だったので3万km以下の車両でも30万円台(!!)からあります。
それでいてセダンかつセフィーロと同じVQエンジンは215馬力を叩き出し、北米では2003年度カーオブザイヤー受賞と非常に評価の高いクルマでもあるのです。

■ニッサン スカイライン350GT(V35型)


こちらは同じV35でもセダンではなくクーペ、しかも3.5リッターの方です。
これまで頑なにセダンを乗り継いできたJUNですが、ここへ来てそこまでの拘りはなくなりました。
それは転職によって職業柄、人を乗せる機会が減ったことが一番大きいのですが、それに加えて人生の中で一度くらいスポーツカーに乗っても良いんじゃないかと言う考えの変遷にもよります。
考えてみれば10年以上乗り続けるスタイルでいく自分であれば、この先所有出来るクルマはあと2台?もしくは3台と言ったところでしょう。
最後の1台は適当な軽とかその辺になるんじゃないかと予想するに、残り1台もしくは2台。
こうなると一度はスポーツカーに乗っておきたくなるもんです。
この350GTも不人気で、上記の条件で50万円くらいからゴロゴロ落ちています。
しかしその実力は280馬力という凄まじいもので、実はフェアレディ(Z33)と同じプラットフォームだったりします。
唯一問題なのは、税金ですかね・・・。

つづく。
00:08 | vehicle:CEFIRO(A33) | comments(5) | trackbacks(0)
中津川逃避行
お友達のナターシャ嬢(仮名)とちょっぴり恵那〜中津川をドライブしてきました。
本当はこの日(10月10日)高山で高山まつりが行われており、そちらに伺う予定だったのですが、ナターシャ嬢が
すっごく混むよ?絶対混むよ?人多いよ?
とのたまわれたので渋々別の場所を探していたところ、昨年栗きんとんツーリングに行ったことを思い出し、再びこの地を訪れることと相成りました。
高山は来年、バイクで行くとしましょう。

デェトならやっぱりと言うか当然セフィーロの出番でございます。
早朝、ナターシャ嬢と待ち合わせ。




名古屋から恵那、中津川方面なら19号等を使って北上するのが正解ですが、今回は高山まつりがあります。
間違いなくバッティングするので、ワインディングと緑を楽しんでもらう目的も兼ねて、豊田方面から例の(笑)コースで迂回することにしました。
そういやこのコースをセフィーロで走るのってものすごく久しぶりな気がします。
ナターシャ嬢を気遣いながらもちょこっと遊ばせてもらったり。


休憩場所にこれまたいつもの(笑)喫茶らんらん。




おー、パフェは初めて見たけどこれもいいね!




誤算だったのは、スイーツのボリュームがけっこうあって、お互いお腹が膨れてしまったこと。
もうすぐお昼時だけど大丈夫・・・?
で、その先向かったのは恵那にある銀の森
ぼくも初めて来たのですが、遊歩道に複数の飲食店を配した施設のようです。
景色良いですね☆


遊歩道はこんな感じです。


のんびり歩けて、デェトコースにはもってこい!
我ながらナイスチョイス!






そしてオサレなお店がたくさん立ち並びます。








これだけたくさんのお店があるにも関わらず、らんらんのスイーツが効いていて(笑)まったくお腹が空いていなかったので、スルーしてきちゃいました。
あちゃー・・・JUN様としたことが大失敗!


この後、中津川に到着☆
昨年訪れた時は、繁華街のど真ん中でしたので、この辺りを散策するのはまったくの初体験です。
雰囲気良いですね!




中津川宿跡なので、旧い家屋が今もひっそりと建っています。






こちらは本陣。




そしてそして、お目当ての川上屋でございます♪
幹線道路沿いにも店舗はありましたが、こちらが正真正銘本店。
まさかこんな路地の奥まったところにひっそりとあるとは!


平日だったのですが、けっこうなお客さんで賑わっていました。
やっぱ今が旬ですからね。
さーて、どれにしようかなー?




結局、栗きんとんとこちらの「嬉しの栗」の詰め合わせにしました♪
これ、オススメですよ!
栗の風味が丸ごと味わえる、そんな感じです!


ちなみにぼくはこの川上屋と双璧を成す「すや」さんも好きなのですが、どちらかと言えば川上屋さん派です。
川上屋さんの方がしっとりした食感があるように感じるのですが・・・まあ、そこは個人の感じ方で色々違うでしょうね。
皆さんはどちらの栗きんとんがお好きですか?

帰路の途中、ようやく小腹が空いてきたぼくたちはナターシャ嬢のリクエストで瀬戸へ!
瀬戸の道の駅「瀬戸しなの」。


こちらはちょっと前にツーリングの集合場所で利用させてもらったスポットですが、ここに何があるかと言うと・・・
じゃーん☆


瀬戸のB級グルメ、瀬戸やきそば!!
ただのやきそばと思うことなかれ、これが美味いんです。
ナターシャ嬢によれば、豚肉の煮汁に醤油で味付けされているそうです。
やばい、これは癖になるわー。
最後にゲーセンでプリ撮ってこの日はお別れ。


次はロリィタ撮影会に付き合ってくれるそうです(笑)。
やた!
今から楽しみです♪
01:14 | vehicle:CEFIRO(A33) | comments(8) | trackbacks(0)
未来へ繋ぐ。
ここ最近の出来事をつらつらと。

記事でもお知らせしましたが、ロケパンさんのバイク窃盗犯は捕まりました。
ネットでの拡散によって犯人特定に繋がったようです。
その辺りのお話やみーやん姉さんのWを見にロケパンさんへ。


やっぱネットってすごいなーと思いつつも、こやっぴー店長さんの人柄も相当大きく影響したんだろうなと思いました。

みーやん姉さんのW。
エンジンもかかけてもらったけど、完璧に直ってました☆
早く取りに行ってあげてー。


それからそれから。
びわ吉さんのエンジン不調に一肌脱ぐべく、ソルフロに載っていたエンジンを売却することにしました。


走行距離約9000キロ、とても調子の良い状態で下ろしたので安心して使って頂けるかと。
ぼくにはもう無用の長物だし、ニューマシンの資金になれば一石二鳥。
と、言うわけで滋賀までレッツゴー!

夜のナガシマ。
綺麗ですね!
でもあんな高いところから急降下したのかと思うと、我ながら勇気あるなーと感心感心(笑)。


本当は、びわ吉さんに教えてもらった面白そうな下道を走るつもりだったのですが、ナビシートにエンジンを載せているので思い切った走り方は出来ないし、なによりそんな生殺し状態ではストレスが溜まるばかりなので、高速を使いました。


到着♪


何気に好きなサイゼリヤで晩御飯して無事、エンジン引渡し完了!
載せ替え上手く行くと良いですね♪


帰りは深夜だったこともあって、教えて頂いた道を思う存分楽しませて頂きました!
深夜の16号。
狭い道でしたが、ストレートと高速コーナーで構成された稀に見るハイスピードコースでした。
滋賀にはこんな道もあるんですねえ。


信楽高原信楽線→鈴鹿スカイライン。
貸切!!(笑)


いざ!






超楽しかったー!
それとニューマシンの手続きが全て完了しました。


New machine is coming here!
あれ?もうバレバレですかね?
18:35 | vehicle:CEFIRO(A33) | comments(1) | trackbacks(0)
関東遠征太陽族 峠遊走編
溝口を発った後は以前から行きたかったあの場所に!

秦野中井インターを降りて向かう先は・・・


ヤ☆ビ☆ツ

こっちまで来たら走ってみたい場所だったのです♪
ヤビツ突入!


さーて、どんなコースなんだろう・・・。
どきどき。


初コースなので、とりまロドスタについていきましょう。


タイトなコーナーは多いものの、ヘアピンは少ないかな?
その代わり、90度コーナー2連続といったヘアピンに近い低速コーナーが多かったです。




急に片側車線が消え、1車線になることしきり。
ただ、こういったコーナーや見通しの悪い箇所にはミラーがついていたり、エスケープゾーンも多かったりします。


おや?
ここ、意外と走りやすいよ。
つかコーナーのバリエーションが豊かで楽しい!




気づけばものすごく楽しんで休憩所まで来てしまいました。
それなりに長くて勾配もあるコースですが、あっと言う間。
それにしても良い景色だー☆




ヤビツってこんな素敵な眺めを見ることのできる場所だったのですね。
太平洋と街並が一望できます。




セフィーロを停めて、たこ焼きを買って食べました。
こういうところで売ってるたこ焼きって、高いだけで全然期待してなかったのですが・・・
ウマー!
たこも大っきいのが入ってて大満足♪


めっちゃ見られまくりのセフィーロ。
きっと車種が当てられなくて困っていると思われます(笑)。


あ、残念ながらチーム246には会えませんでした(笑)。
暫く久しぶりのクルマでの峠を楽しんだ後、家路を急ぐことにしました。

海老名SA。


やっぱりすごい人だー。
もうやだ。




そしてもうこんな時間。


途中、事故による大渋滞にハマりながらも無事帰宅!


長い長い2日間でしたが、充実感も半端ないものでした。
今回の計画に付き合ってくれたみなさん、本当にありがとう☆
またいつか、どこかで!
20:54 | vehicle:CEFIRO(A33) | comments(2) | trackbacks(0)
関東遠征太陽族 雨晒し編
先日の記事にも書きましたとおり、本来GNで行くつもりだったところをセフィーロで行くことになりました。
どこへ?って、溝口(みぞのくち)です。
誰ですか、溝口ってどこよ?なんて言ってるのは。
企画当初は、GN乗りのお友達に会いに東京へ行く、というものだったのですが、お友達の一人が川崎に住んでいらっしゃることからそのまま、じゃあ川崎の溝口で良いじゃん、みたいな流れになったのでした。
で、まあ、溝口と言えばあれですよ。
せっかくだから聖地巡礼の準備おk?



当日。
やはり雨、選択肢はありません。


あ、やっぱりカヤバのステッカーは大きすぎて気になったので、また貼り替えました。
ハマゴムに戻っただけですけどー。

初めて走る第2東名。
こりゃあ走りやすい!
安全運転のぼくですら、うっかりするととんでもないスピードになっていたので、気づいてアクセルを緩めることしばしば。

浜松SA。
雨足はいっそう強くなり、富士山はまったく見えません・・・。




昼食を摂ろうと思ってSAに寄ったのですが、中はこんな具合。
だから休日のお出かけは嫌いなんだYO!


こりゃ無理!ってことでお弁当買って車内で食べました。
休憩込み5時間半ほどで神奈川県川崎市は溝口到着!


雨は一向に止まず・・・。
待ち合わせ&チェックインの時間までにはまだ大分時間があるので、郊外の聖地巡りを済ませておくことにしました。
と言うのも、今回の撮影ポイントは殆どが駅前に集中していますが、そちらは現地のお友達に訊ねた方が早いです。
なので、それ以外のクルマで周れるようなところを先に訪れることにしたのでした。

赤い流星〜♪246〜♪
国道246号沿いを走っていると、見つけました♪

レッドバロン川崎本店


アニメ画像

手前の建物が省かれていますね。


次に多摩川河川敷辺りを撮影しようと思ったのですが、幹線道路の交通量が多い上に橋や中央分離帯のある道路ばかりで、クルマで行くにはかなり厳しいです。
どこかに停めて行くことも考えたのですが、生憎の大雨なのでここは翌日に回すことにしました。
そんな中、車内から撮れた1枚。



アニメ画像


ばっちりです☆

続く!
17:38 | vehicle:CEFIRO(A33) | comments(8) | trackbacks(0)
久しぶりにちょっとだけメンテ。
ごく一部の方へのご連絡と、A33の準備。
準備を進めていた関東方面へのロングツーリングですが、どうやら当日はピンポイントで雨のようなので、セフィーロで向かいます。
前後は晴れなだけに、やっぱり雨男なのだろうかと凹んでます。
ツーリング行くとやたらゲリラ豪雨とか多いしね・・・。



さて。
久しぶりにセフィーロに火を入れてみたところ、給油を示すインジケータが点いていたのでスタンドへ。
えーっと、前回入れたのいつだっけ・・・?
あ、4ヶ月前だ(笑)。
エンジンオイルも替えたのは、なんと車検の時、つまり1年以上前でした。
あれから3000キロも走ってないとは・・・。
そんなわけで、ちょこっとリフレッシュと点検。

エンジンルームチェックとオイル交換。


フィルタはまだいいでしょう。
それと高速を長距離走るので、空気圧を少し高めに設定。
あと、こんなところも。


ハマゴムのステッカーが剥がれかけています。
カヤバのステッカーに張替え。
ちょっと大きすぎたか・・・。



ハマゴムはフロントガラスに新しいのを貼りました。


では皆様、現地でお会いしましょう♪
14:03 | vehicle:CEFIRO(A33) | comments(4) | trackbacks(0)
イグニッションコイル交換
セフィーロのイグニッションコイルを交換しました。
実は2度目の交換です。
VQの泣き所なんですよねー。


前回壊れたのは4番、今回が2番で前回から1年くらい経ってますかね・・・?
実際には半年くらい前から壊れてたんですが、例によってディーラーに着くまでに直っちゃうんで、ようやく今回交換できた次第です。
※症状が出ている最中でないと、どのコイルが壊れているか判定できないため

まあ、6本とも同じようなタイミングで壊れて当然なので、これに不満はないんですが。
前回と今回、たまたまV型エンジンの手前側が壊れたので各個撃破してます。
奥側は交換がとても大変なので、1本でも壊れたら全部換えるのが良さげです。


確かにVQのイグニッションコイルは脆いと言えば脆いんですが、このクルマも12年目なわけでして、10年もつのだから許容範囲と言えば許容範囲な気がします。
RBはもっと壊れやすかったと聞きますね。

まだまだ大事に乗るゾ!
14:08 | vehicle:CEFIRO(A33) | comments(0) | trackbacks(0)
セフィーロ帰ってきました♪
車検が無事終わり、数日振りのお目見え。
おー、やっぱり愛車が一番ええのう♪
相変わらずのイケメン!


わざわざイカリングの配線にギボシ入れてくれてました。
やろうと思ってただけに、感謝感謝。
今回は急ぎだったのと、R1があったこと、ご近所だったことで代車は不要と言ってしまったのですが、ふと工場の片隅を見ると、アヴァンツァートが!







くっ・・・!乗ってみたかったぜ!
ご主人もお気に入りのようで、ちょっと話し込んでしまいました。
今度お世話になる時はぜひお願いしよう・・・。

それと今日はR1の熱対策を少しやってました。
簡単に外せそうなタンク下のカウルとエンジンカバーです。


タンデムシート→シートの順に外してあとはネジ1本でした。


タンク下カウル。
耐熱アルミガラステープで断熱処理。
簡単!


エンジンカバー左側。
上に同じ。


本当はこのダクト(赤丸部分)塞げばもっと良くなりそうですが、そうなると熱の逃げ場がなくなり危なげです。
青い丸のとこに新たにダクトを作ってやれば、塞いでも良いのかも。
ここなら足元からやや離れているので無難かな、と。
次にやろう、うん。

今日はあいにくの雨だったので、乗ることは出来ませんでしたが、アイドリング状態で水温105度で放置、フレームが熱くなるまで待ってみましたが、処理した部分は嘘のように冷たいままでした。
これは実際に走ってみるのが楽しみになりましたよ☆
17:29 | vehicle:CEFIRO(A33) | comments(4) | trackbacks(0)
<< | 2/5P | >>