<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< AF62ディオチェスタ その12 | TOP | 8分の1のエスパーダ:67 重箱の隅 >>
彷徨のシュレディンガー:38 フロントフェンダー編その5
続き。

パテ盛りを始めたところで、選択を迫られました。


幅を広げたために、面というかラインの変更をせざるを得なくなったのです。
解決策の第1案としては、このように今の延長で盛っていくパターン。
この場合、基本的なデザインは変わりませんが、やや不自然な気がします。


第2案は、以下のように新たな面を作りそれに伴ったラインを新規作成するパターンです。
大変ではありますが、こちらの方がより自然なデザインになる気がします。


と言うわけで2案に則り、パテ盛り再開。
最初に新たなキャラクターラインを作成するため、プラ板で面を作ります。


この部分を基準にパテ盛りしていきます。


正面から。


乾燥後、削り、また盛り盛り。


後方から。


これを繰り返して理想の形に近づけていきます。


この際、一番重要なのは完成後の形を明確なビジョンとして持ち、最後までそれに沿って作業していくことでしょう。
地味な作業ですが、個人的には大好きな工程です(笑)。
ただ記事としてはまったく面白くないので、またある程度進んでからうpしていきたいと思います。

つづく。
19:44 | vehicle:GZ125 (Marauder125) | comments(4) | trackbacks(0)
COMMENTS
場所的に重量増が気になるお年頃
2015/03/26 8:38 PM by 弗
@弗さま

ぼく自身も同じことを心配していましたが、現在ほぼ片側が仕上がった状態でポリパテ1本半分の重量が加算されています。
(実際には片側で2本消費しますが削られるので、結局だいたい1本半くらいのようです
ポリパテ1本で300gなので、450×2プラスステー&ボルトで1kgくらいの重量増でしょうか。
マローダー純正と同じくらいかと思いますよ。
2015/03/27 8:51 PM by JUN
弗さんいるじゃん!(*゚∀゚)=3
もう人知れず引退したのかとww
2015/03/28 10:53 PM by シュガー
( ´・д・)(・д・` ) ネー
2015/03/31 8:50 PM by JUN
COMMENT?










TRACBACK URL
トラックバック機能は終了しました。