<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 彷徨のシュレディンガー:37 フロントフェンダー編その4 | TOP | 彷徨のシュレディンガー:38 フロントフェンダー編その5 >>
AF62ディオチェスタ その12
ママンの原チャリ、ディオチェスタのシートが破れたので、張り替えることにしました。
雨が降ると水が滲みているという話もあったので、早急に対応です。


シート表皮はオークションで調べると安い物で1500円以下、しかし更に調べるとちょっとオシャレなパイピングの入ったものが2000円台であったので、どうせならとそっちを購入してみました。


細かい説明が写真付きで付属していました。
親切!


いつもどおりメットインスペースを外し、シート単体を取り出します。
このタッピングビスを外せば、メットインボックスとシートを連結するシャフトを引き抜けるようになっています。


表皮をめくると、防水用ビニールシートがところどころ破れているのを発見しました。
なるほど、こりゃ浸水するわ・・・。


破損している箇所をテープとビニールシートで補修。


裏側。
やはりシート端の損傷が激しかったです。


新しいシートをタッカーで打ち込んでいきます。
まずは前後を仮留め。
この商品はセンターに切り込みが入れてあり、分かりやすい作りになっていました。
良心的なメーカーですね!


前後を思いっきり引っ張って仮留めし、同じように左右も留めていきます。
ここで一度に完成させようとせず、飽くまで仮留めとし、少しずつ位置を出していくのがコツです。


仮留め完了。


ここから微調整します。
しっかり引っ張って本留め。


完成です。
専用設計なだけあって、とてもきれいに仕上がりました。


折り目が付いている箇所がありますが、そのうち馴染んでくるでしょう。


本体に取り付け。
おお!いいじゃん!


オシャレ☆


思った以上に引き締まった印象になりましたね。
もともとがブラウンを基調とした色合いだったので、イメージチェンジにはうってつけの箇所だったようです。
これは良い誤算。


思いがけずどんどん自分好みになっていくディオに愛着が湧いてきました(笑)。
あとはレプソルカラーに・・・

・・・いや、また怒られるからやめとこう(´・ω・`)

 
19:51 | vehicle:DIO(AF62) | comments(0) | trackbacks(0)
COMMENTS
COMMENT?










TRACBACK URL
http://code2501.jugem.jp/trackback/894