<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< オールハイル・ブリタニア!2014 | TOP | 彷徨のシュレディンガー:17 ヘッドライト取り付けその1 >>
アマミノコギリクワガタ:その1
いないとは思いますが・・・期待されたた方、すいません、国産ノコギリの飼育は打ち切りました。
国産ノコギリは好きなのですが、同じ飼育手順・労力をかけるならより上位の「国産ノコギリ」を飼育してみたくなったのが、理由です。
「より上位の国産ノコギリ」と言えばそう、リュウキュウノコギリ(Prosocopoilus Dissimilis)であります。
中でも以前飼育していてもっともぼくを魅了したリュウキュウノコギリ原名亜種、アマミノコギリクワガタ(Prosocopoilus Dissimilis Dissimilis)を再び飼育することにしました。

国産ノコ幼虫を売却し、代わりに買ったアマミノコギリクワガタ(以下アマノコ)幼虫が届きました♪
超寒い日に届いたのに、カイロが入っていないのにはびっくりしましたが・・・。


そうそう、当ブログでは国産ノコギリと表記していますが、正しくは本土ノコギリ、つまり主に本州に棲息しているProsocopoilus Inclinatusのことを指します。
対してアマノコはリュウキュウノコギリ原名亜種でProsocopoilus Dissimilisとなり、まったくの別種となります。
ただまったくの別種であるリュウキュウノコギリが本土ノコに近い形態をしているのは、とても興味のあるところです。
湾曲した大アゴ、複数の内歯、これら本土ノコの魅力をリュウキュウノコギリも継いでいることは、ノコギリ大好きなぼくにとっては本当に嬉しいことなのです。

さてそんなアマノコ、実際にどんな姿なのか手持ちの標本箱でご説明いたしましょう。
ノコギリとフタマタオンリーの標本箱(笑)。
上段右から2番目がアマノコ、そのお隣がリュウキュウノコギリ亜種、トカラノコ(Prosocopoilus Dissimilis Elegans)です。


素人目には、どちらも本土ノコに非常に似ているように見えます。


一番分かりやすいのは、頭楯(口のある突起)が二股に分かれているところです。
しかしそんなことよりも、魅力的な特徴はご覧のとおり、大きく湾曲し、太い大アゴです。


こちらが本土ノコ。
頭楯は分かれていません。
またあれほどかっこいいと思われた大アゴもアマノコの大アゴを見てしまうと、かすんでしまうんですね。
やはり迫力が段違いです。


さてそんなマッチョな印象のアマノコですが、上手く育ててやればオオクワに並ぶ日本最大級のクワガタ成虫となり得ます。
ギネスでは80mm超えだったかな?
とにかくそういった楽しみもあるので、出来れば大きく育てたいわけです。
なので、本来のノコギリの王道から外れて、いきなり菌糸カップに投入することにしました。
幼虫が苦手でない方だけクリック




うーん・・・パッと見、あまり有望そうなのがいないのが気になりますが・・・
まさか全部メスとかないだろうな・・・。
この段階ではちょっと雌雄判別が難しいので、もう少し成長してから改めて観察することにしましょう。


菌糸に馴染んでくれると良いんですが・・・実は冒険なんだよなあ、これ。
全滅しないかぎり続く!
17:44 | stagbeetles | comments(2) | trackbacks(0)
COMMENTS
ハァハァ(*゚∀゚)=3
カッコいいよな!
下段の中央って何?
2014/12/09 8:53 PM by シュガー
@シュガーさん

これはパリーフタマタ、通称セアカフタマタクワガタのスマトラ亜種です。
エロンガトゥス亜種と違ってポピュラーなので、ホムセンとかでもよく売ってますよ。
2014/12/09 9:31 PM by JUN
COMMENT?










TRACBACK URL
http://code2501.jugem.jp/trackback/865