<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< GNカフェ:20 ホイール編その6 | TOP | GNカフェ:22 >>
GNカフェ:21 ホイール編その7
リアに続いてなんだか大変そうなフロントホイールの交換にかかります。
まずは愛車セフィーロのトランクからジャッキを取り出します。
もうこの時点でちょっと億劫なんですが、なんとか乗り切りましょう。
あ、ぼくはもともと駆動系とかの大掛かりなカスタムと言うのは得意ではなく、デザインとかの小技系が好きなんです。
でもことGNに関しては構造のシンプルさと小排気量と言う2点が背中を押してくれます。

センタースタンドを出し、車載ジャッキでエンジンハンガーあたりを持ち上げます。
この辺りが一番無難かな?と思ったので。


キャリパー、メーターギアを外し、シャフトを引き抜きます。
そしてホイールを外します。
うわ、怖ええええ。


キャリパーぶらーん。
さすがに不味そうなので、バケツの上に置きます。


メーターギアはケーブルから外しました。
汚っ!


外したフロントホイール。
ローターをGT125ホイールに移植します。



以前の記事に書いたとおり、EN125のローターとキャリパーは既に用意してあるので、本来ならここで一度にやった方が効率が良いと思います。
でも今回は時間的に猶予がないので、こちらは後回しにし、普通にGNローターの移植としました。

メーターギアはGT125のものを使います。
磨いておきました!


で、後は元に戻せば良いだけ・・・と言いたいところですが、このまま付けると問題が起きます。
こちらの写真をご覧下さい。


GT125の写真ですが、フロントに注目です。
お分かりでしょうか?
ブレーキの位置、メーターギアの位置がGNとは左右逆なのです。
なので、これを解決するためにGNのフロントフォークを左右入れ替えます。

以前フォークの突き出しをやった手順で外します。
これがまた怖いんだよな・・・。




外れました!
突き出しの時に出来たフェンダーの凹みはここで直しちゃいます。
ハンマーで叩き出したらきれいになりました♪

ここで定番ですが、以前からやっておきたかったことをやっちゃいます。
じゃーん☆


フォークブーツです。
スズキ純正品。
見た目がレトロになって、フォークの細さを隠せます。
しかもフォークの錆や劣化を多少なりとも防いでくれます。ただでさえ錆びやすいバイクなので、やる機会があればやっておきたいと思っていたのです。

もともと付いているゴムパーツを外し、ブーツを被せます。


これが結構きついんですが、メンテナンスも兼ねてCRCを塗布してみたらなんとか入りました。
あとはフォークを左右入れ替えて、組み付けていきます。





キャリパーも掃除した後、装着。
GT125と同じ位置になりました。


当然メーターギアもこの位置。


車高調整した後、ブーツ上部にキジマ製ステンレスバンドで固定しました。
純正の留め金もあったのですが、使いにくいのでこちらに。
ちなみにフォーク径は32Φですが、ブーツの厚みを考慮して40Φまで対応のバンドを選んでいます。


完成!







前後18インチ、スポークホイールになり、またフロントもブーツを入れたので、かなり良い感じに仕上がったと思います♪
やっぱGNはスポークですよねえ。
19:00 | vehicle:GN125 | comments(2) | trackbacks(0)
COMMENTS
ウワッ(^o^)壊そう
結構、不安定な状態で作業しましたね。
後輪に輪止めをするとかしたほうが良いですよ。

キャリバーをステアリングの回転軸の外側に持って行くと、慣性力により、ステアリングに悪影響が出ますよw
軽い小型車だから問題ないと思いますが、ハンドルをコンドルにして幅を狭くしたぶん、手応えは大きいかもw
2012/03/11 9:04 AM by パタリロ
@パタリロさま

壊そう=怖そう
なるほど、座布団一枚!w
あー、輪止めはした方が良かったでしょうね。つか作業始める前に教えt(ry

>キャリバーをステアリングの回転軸の外側に持って行くと
あら、そうなんですか。
GT125や旧車の数々がこの位置なんで大丈夫だとは思いますけどね。
問題はローター+キャリパー交換後か。
その時はちょっと意識してみますね。
2012/03/13 3:12 PM by JUN
COMMENT?










TRACBACK URL
http://code2501.jugem.jp/trackback/343