<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< YBRミーティング2019:その3 | TOP | 【ひなビタ♪】霜月凛×R32描いてみる。 >>
【ひなビタ♪】めうめう×ラビット描いてみるめう。

話は今年3月の上旬まで遡ります。
昨年初めてひなビタ♪というコンテンツを知り、そしてまり花ちゃんを描くきっかけとなった、たかさん。
彼が再び描いてみたくなるようなネタを呟いておられました。

「レプソル×レースクイーンまり花ちゃん」

レプソルのオレンジとまり花ちゃんのパーソナルカラー(?)のちくわ色山吹色がマッチして良いじゃないですか!
さすがひなビタの師匠、たかさんだゼ☆
そんなわけで今回もそれを描かせて頂こうと思ったものの、確認しておかなければならない要素、確立しておかなければならない要素がそれぞれ存在していました。

まず第1に、絵柄と描き方の確立。
昨年描いたまり花ちゃんは、キャラクターこそ確かに元絵に近づけることに成功していますが、絵柄はそれとは程遠いところにあるように思えます。
第2に、美少女×バイクという内容が第1の条件をクリアしたとして、その絵柄でバイクを描いて違和感は生じないのか?ということ。

要するに「元絵と同じ絵柄が描けるようになり、さらに同じ手法で違和感なくバイクが描ける」ようになっていればOKということです。

まあ色々書きましたが、ものは試し、やってみましょう!
ただ・・・いきなりレプソル×まり花ちゃんはハードルが高そうなので、ひなビタの他のメンバーでやってみることにします。
フォロワーの皆さんからアンケートを取ってみた結果、キャラはめうに決定。
バイクの方はぼくの判断で、ラビットにしました。
しかもめうならやりたい放題にカスタムしてそうで、なんとも面白そうな題材ではありませんか。

こんな感じかなー?
ここからイメージを膨らませていきましょう。
meu02.jpg

衣装でだいぶ悩みましたが、サバゲーしてそうなイメージから、SAOのスピンオフ、GGOに出てくるフカ次郎を参考にデザインしてみることにしました。
ただし、描いてる途中で全身アーミーな感じに面白みを感じなくなったので、トップはキャミに変更しています。
今回はペン入れしてからの彩色という工程を踏むわけですから、ここでしっかりデザインも決めてしまいます。
これが自分にとってはめちゃくちゃ苦痛なんですよね・・・。
meu04.jpg

Gペンでペン入れ開始!
test_meu02.jpg

しっかり下絵が出来てさえいれば、ペン入れ自体は難しくありません。
meu05_3.jpg

逆に、ここからが超楽な作業になります!
色ごとにレイヤーを製作、透明部分の保護→ブラシで影をつけていきます。
meu06_1.jpg

念のため言っておきますが、世間一般ではこれが王道の工程です(笑)。
いつもの塗り方がおかしいんだよなあ。
test_meu03.jpg

細かいところまで塗り進め・・・
meu07.jpg

色調補正からのドロップシャドウとハイライト。
表情は、ちょっといたずらっぽいものに変更してみました。
meu08_1.jpg

イケてるめう!
萌え萌えめう!
test_meu04.jpg

ここで遊び心を発揮し、ラビットにスポンサーステッカーを貼りまくってみました。
おなじみのメーカーから・・・
test_meu05.jpg

日向美商店街のお店のステッカーを貼って、完成!
meu09.jpg

当初の目的である「ひなビタキャラ×バイク」が同じ作風で仕上げても問題ないことを確認!
正直、これはちょっと意外だったかな?

てことで、このまま素直にまり花ちゃんを描き始めてしまえば良かったのですが・・・
meu09_1.jpg

つづく。

21:13 | works | comments(0) | trackbacks(0)
COMMENTS
COMMENT?










TRACBACK URL
http://code2501.jugem.jp/trackback/1403