<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 紀伊ろいカタナが往くだげな(往くだげな)その6:奇岩の行列なんじゃいな | TOP | 紀伊ろいカタナが往くだげな(往くだげな)その8:熊野のたんぼに日の光 >>
紀伊ろいカタナが往くだげな(往くだげな)その7:とまりとまりで日がくれて

続き。

まあ、ここまで来れば殆どの方はお察しだとは思いますが・・・
見えてきましたね♪
DSC_0480.JPG

辺鄙な場所にしては道路もよく整備されているし、観光バスもひっきりなしに行き交います。
DSC_0477.JPG

観光客もたくさん!
特に(やっぱり)外国人の方が多いかな。
DSC_0478.JPG

飛瀧神社の鳥居をくぐって・・・
DSC_0479.JPG

境内。
けっこう歩くのかと思いきや、全然そんなことはありませんでした。
DSC_0484.JPG

DSC_0485.JPG

那智の大滝!
さすが、と言いますかこの高さから落ちる滝は、見たことがありませんね。
落差133mだそうです。
DSC_0486.JPG

ちなみに、ぼくの両親の新婚旅行先がここだったそうです。
当然他にも色々回ったはずなのですが、ここ以外は全然覚えておらず、秘かに同じところを回ってやろうと画策していたぼくの計画は、見事に打ち砕かれました(笑)。
DSC_0493.JPG

個人的には、滝そのものにそれほどのインパクトは受けることもなく。
それよりも断崖と言うか、岩盤が独特で美しいと思いました(また岩かよ)。
DSC_0488.JPG

さて、日が傾きかけてきました。
この日は宿を予約しているので、正確にことを進めなければなりません。
再び42号に戻って、海岸線を北へ走ります。
DSCN0475.JPG

三重県紀宝町に入りました。
さらば和歌山!
ここまで来ればもう宿も近いことですし、かなり余裕があります。
道の駅 ウミガメ公園に立ち寄ってみました。
DSCN0494.JPG

通常の道の駅の建物以外に「ウミガメふれあいパーク」なるものがあるのが特徴です。
DSCN0495.JPG

そこにはウミガメの飼育プールが設置されていました。
DSCN0492.JPG

実際に間近で見るウミガメさんは、とてもかわいいですね。
そしてでかっ!!
DSCN0477.JPG

こっちは子ガメ。親とは全然違って見えます。
DSCN0481.JPG

他にもウツボとか色々。
ここはとにかく無料でこれらを楽しむことが出来るので、特にお子様づれの方にはオススメです。
DSCN0483.JPG

さらにその先・・・
DSCN0497.JPG

七里御浜に到着!
DSCN0502.JPG

約22kmも続く、日本で一番長い砂浜です。
ここまでずっとリアス式海岸を見ながら走ってきたため、良い気分転換になりました。
それと先ほど立ち寄ったウミガメの産卵場所になっているので、車両の乗り入れは出来ません。
DSCN0500.JPG

砂浜まで下りて散策するには、さすがに時間が足りなさそうなので、今回はここで戻ることにします。

42号でそのまま熊野市に入ってすぐのところに宿はありました。
DSCN0505.JPG

ビジネス旅館 潮音さん。
なんと素泊まり3600円!
DSCN0506.JPG

旧い建物ですが、掃除はきれいに行き届いており、泊まるだけなら何の問題もありません。
ちなみにネット回線あり、でトイレ、バスは共用です。
DSCN0509.JPG

とにかく安いので、ネカフェに泊まるよりお得感がありますね。
と言うか実はこの辺りはネカフェがなく、それに代わる宿を探していたところ、潮音さんに行きついたというわけです。

部屋からは七里御浜が(一部ですが)臨めます。
いいじゃん!
DSCN0511.JPG

長い長い2日目、この日のルート。
走行距離約300km、これだけ色々立ち寄ってこれなら上出来です!


3日目につづく!

03:01 | vehicle:GS125E | comments(0) | trackbacks(0)
COMMENTS
COMMENT?










TRACBACK URL
http://code2501.jugem.jp/trackback/1392