<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< それがMr.ファーレンハイトと呼ばれる所以。 | TOP | 再会の伊勢志摩:その1 >>
8分の1のエスパーダ:108 ここ最近のメンテナンスまとめ
久しぶりにエスパーダのカスタム・メンテ記録を置いときます。

製作当時の目標としては既にゴールインしてしまっている感があり、もっぱら維持のための作業となってしまうため、小ネタが溜まるまでうp出来ないんですよね。
現在の目標はもっと尖ったバイクにしたいのですが、これは通勤・お買い物用にカブまたはシュレディンガーが完成するまで手が付けられないわけです。

本題。
半年ほど前から、メーターの時計が動かなくなることが多くなりました。
走行時の時計ではなく、キーオンしていない状態=待機時の時計が動かなくなったのです。
ACEWELLのメーターは待機時でも液晶に時計が表示されているはずなのですが、キーオンするまで何も表示されていません。
まずは配線を確認しましたが、問題ありません。
となると、真っ先に思い浮かぶのはバッテリーです。
始動時のセルのかかりも悪くなってるし、一番怪しいですね。
まずは充電してみましょう。
CIMG4116.JPG

エスパーダには充電器付属のアダプターがバッテリーから伸びており、これを充電器と接続するだけで充電出来るようにしてあります。
GN系バイクはバッテリーまでのアクセスが簡単なので、特段必要は感じないと言えば感じないのですが、それでも無いよりはあった方が気楽に充電出来ます。

で、満充電したところでキーオンしてみるも、結果は同じ。
MOTOBATTのバッテリーは色々と気に入っていたんだけどなあ。
最近のラインナップを見てみると当時の3倍くらいの値段になってるんですよ。
いったい何があった、MOTOBATT・・・。
でも4年もったことになるし、激安バッテリーとしては充分すぎる結果でしょう。

MOTOBATTは諦めて、今回はそこそこ評判の良いSUPER NATTOを試してみることにしました。
CIMG4115.JPG

MOTOBATTで問題なかったので、今回も変わらず密閉型(MF)。
最初にバッテリー液の補充と充電を自分でやらないといけないものの方が少しだけ安かったので、迷わずそっちを買い。

さて、どうかなー?

あれ?

メーター復帰せず!!!

あちゃー・・・こりゃメーターの故障かな・・・?
まあたかが時計だし、当面は大きな問題にはならないので、ちょっと考えてみることにします。

次!ブレーキパッドの交換です。
こちらはこれまでと同じくヤマハYZ用のパッドを引き続き使います。
型番:3SP-W0045-00
CIMG3429.JPG

ちなみにこれまでと同様、310ミリローターでの使用では相変わらず偏磨耗が見られました。
未だによく分かりませんね、この現象。
どうもぼく以外の方もそうみたいだし・・・謎だ。

最後にマフラー。
フォロワーのカワシマくんから譲り受けたものになります。
ノーマルGNのエキパイ+XS650用社外サイレンサーの組み合わせです。
今使っているテーパーエンドマフラーの改善には、もう疲れました故。
恐らくサイレンサー部分の改善だけでは、これ以上は望めないのでしょう。
やはり、あのノーマルGNマフラー特有の2重構造エキパイが重要なのです。
メッキなので錆の心配だけが付き纏いますが、走行性能を差し置いてまで比べるべきことではありません。
CIMG4117.JPG

とりあえずさくっと取り付けて、ツーリングに赴くことにしました。
このマフラーに関しては、次回のカスタム記事でまとめさせて頂きます。


最後に蛇足ですが、バズった記事を紹介させて頂きます。
どう見ても進撃の原2です、ありがとうございました。
面構えが違う.jpg

バズったと言ってもこの程度なのですが、うちのような雑魚垢ではこれでも充分ビビりまくりでした(笑)。
何万とRT&ファボされたら間違いなく通知切りますね・・・怖っ!!

名称未設定 1.jpg
 

 

 

 

 

00:17 | vehicle:GS125E | comments(2) | trackbacks(0)
COMMENTS
もしかしてメーター内に時計保持用のボタン電池があってそれが切れてるとかでしょうか
2018/11/20 2:15 AM by EN乗り
@EN乗りさま

そうかもしれませんが、そうじゃないかもしれません。
なにせメーター本体は完全密閉されていて、こちらでは開けられない構造なんですよ。
基本的に常時電源はバッテリーから取っていますので、その可能性は低い気もしますが。
2018/11/21 9:03 AM by JUN
COMMENT?










TRACBACK URL
http://code2501.jugem.jp/trackback/1354