<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 富山の風:その3 おわら風の盆1 | TOP | 富山の風:その5 立山へ。 >>
富山の風:その4 おわら風の盆2

続き。

再び八尾町をうろうろ。かなり広範囲で開催されていることに驚かされます。
どこまでも続いているかのように思えるぼんぼりの灯りが、とても幻想的です。
CIMG3719.JPG

CIMG3727.JPG

この時、西町の通りが一際賑わっていたのでそちらへ行ってみると、幸運にも町流しに遭遇することが出来ました。
これが本来のおわらの姿と言われています。
CIMG3732.JPG

CIMG3734.JPG

CIMG3744.JPG

CIMG3745.JPG

CIMG3747.JPG

CIMG3751.JPG



いやあ、本当に良いものを見ることが出来ました!
すぐに郡上踊りと比較してしまうのは申し訳ないのですが、郡上が全員参加型のライブだとすると、こちらは洗練された踊り手や演奏者の「芸」をじっくり楽しむコンサートといった感じだと思います。
もちろん、どちらも素晴らしい魅力に溢れており、優劣を測るものではないですね。

熱に打たれたような感覚となったぼくは、来る時は回れなかった辺りを中心に、再びふらふらと散策に出ました。
CIMG3765.JPG

CIMG3767.JPG

CIMG3761.JPG

CIMG3755.JPG

CIMG3771.JPG

CIMG3772.JPG

さて、23時近くになってしまいました。
そろそろこの日の風の盆も幕を閉じるのでしょう。
シャトルバスの最終便のこともありますし、名残惜しいですが八尾町を後にすることにします。

この通りは路面が石畳で、特に趣がありますね。
どこを切り取っても美しい!
CIMG3774.JPG

CIMG3778.JPG

CIMG3781.JPG

シャトルバスに揺られて無事、駐車場に戻り、YZF-R1に跨って富山市の中心地へ。
風の盆が開かれている間は、宿泊施設の予約も厳しいらしく、かなり遠い場所に泊まる方も多いのだとか。
それならば、いつもどおりで行くしかありませんね。

はい、いつもどおり、平常運転でネカフェを目指しましょう!(笑)
CIMG3790.JPG

本日の走行経路。
半日にしてはよく走ったかな。
名称未設定 1.jpg

つづく。

04:27 | vehicle:YZF-R1 | comments(2) | trackbacks(0)
COMMENTS
富山へようこそ。
そこの快活クラブは旧セガワールド富山中央店だぜ。byそこの元店長
2018/09/23 11:35 PM by いっしー
@いっしー店長

うはwww懐かしい人が書き込んでると思ったらwww
全然知らなかったッス!!

これも何かの縁ですかねえ?
つかあんなとこが東海地区だったなんて、無理ありすぎでしょwww
2018/09/24 11:15 PM by JUN
COMMENT?










TRACBACK URL
http://code2501.jugem.jp/trackback/1338