<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 近江のいざない:その3 近江八幡編2 | TOP | 会社に浴衣で出勤してみた。 >>
【オーバーロード】冒険者モモンとナーベを描いてみる。

そう言えば3期始まってから、まだ1枚も描いてなかったなあ、と言うことでリクエストにあった「冒険者モモン」と「美姫ナーベ」を描いていこうと思います!

とりあえず二人揃ってればいいや。
ああ、あとどうせ座らせるなら、ハムスケの上が良いかな?

その程度の構想しかなく、適当にラフを描いていきましたが・・・
うーん、やっぱり絵としての面白みを感じませんね。
モモン+ナーベ00.jpg

そこでY軸方向でのパースを加えてみました。
どうでしょう?
モモンさんとナーベの体格差がより明確になって、良くなった気がします(気がします)。
モモン+ナーベ01.jpg

ここから下書き(線画)を改めて描くわけでもなく、ラフの上に直接色を乗せていきました。
いつになく雑なので、良い子は真似しないように。
ちなみに両者のマントは、全体が出来てから描いた方が絵としてまとめやすいと思ったので、この時点では描かないことにしました。
test01.jpg

こういう描き方をしていると、なんか凄いことをやっているように勘違いされる方がいるのですが、まったくそんなことはありませんので!
ぼくの中では輪郭というのはあまり重要視されていないので、頭の中で捉えた「面」をそのまま陰影と共に描いてるだけです。
例えば実際ぼくらの目で見たものと言うのは、輪郭などありませんよね?
そこにあるのは「境界」だけです。
なので、むしろ輪郭と言う存在しないものをいきなり正確に(なんか語弊がある)、自然に、しかも魅力的に描ける人こそ、何らかの超常的能力を持っているのではないかと、本気で疑いたくなるわけで、そこだけ見てもぼくの雑魚加減が伺えるというものです。

モモンさんとナーベを別々に分けて作業。
01.jpg

nabe000.jpg

とは言え、最終的に輪郭を描いた方がぐっと引き締まるので、もちろん描かせて頂きます。
でもやっぱりそれは、工程の最後に持ってきた方が全然やりやすいんですよねえ。

再び両者を置いて、全体のバランスを確認します。
ここで初めて、マントの翻り方、位置も決めます。
test03.jpg

剣も個別に描いて合成。
ナーベのマント、描きこみ開始。
nabe03.jpg

モモンさんのマントも描き込んで、両者ほぼ完成です。
02.jpg

背景の作業に移ります。
なんとなく、真っ先に思い浮かんだのがこの構図だったので、まずはそのまま置いてみます。
で、この時はまったく意識していなかったのですが、途中でフォロワーさんに「花札の構図」と言われて、なるほど!と唸らされました。
確かにそのまんまですやんw
それくらい王道ってことなんでしょうかね。

背景ラフ→背景描き込み。
モモン+ナーベ03.jpg

ドロップシャドウ→ハイライト。
モモン+ナーベ06.jpg

微調整とトリミングをして、完成です。
イビルアイ「頑張れ☆モモンさま!」
モモン+ナーベ08.jpg

おまけ。
モモン様単体。
モモン00.jpg

ナーベ単体(剣あり)。
ナーベ00_01.jpg

ナーベ単体(剣なし)。
ナーベ00_02.jpg
例によって大きいサイズはpixivでご覧頂けますので、宜しければどうぞ!



雑魚なのでランキングとか無縁と思ってましたが・・・
皆様、ありがとうございますっ!!ヾ(๑╹◡╹)ノ”

 

16:19 | works | comments(0) | trackbacks(0)
COMMENTS
COMMENT?










TRACBACK URL
http://code2501.jugem.jp/trackback/1333