<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< cafe racers#5 その2 ARCHAIQUE編 | TOP | cafe racers#5 その4 磯部町編 >>
cafe racers#5 その3 絵画の中の街編
続き。

ARCHAIQUEさんから再び幹線道路まで戻り、西へ。
いよいよ、例の絵の場所を探してみたいと思います。
CIMG3145.JPG

ぼくはツーリング時に後続の方がいる場合、よく後ろ手にカメラを構えて撮影するのですが、その体勢故に後でディスプレイを確認するまで何がどう映っているか分かりません。
で、今回は、帰宅してから笑わせてもらいました(笑)。
何やってんだよwww
CIMG3148.JPG

五箇所湾へ!
CIMG3153.JPG

道沿いにリアス式海岸独特の海岸線が目に飛び込んできて、目を楽しませてくれます。
この辺りもなかなか良いじゃないですか。
CIMG3157.JPG

CIMG3160.JPG

ややあって、五箇所湾を臨む集落に到着。
CIMG3190.JPG

今回の探索行に出るにあたって、場所を特定するまでには結構な時間を浪費するだろうと思っていただけに、この建物が眼前に顕れた時は一気にテンション上がりましたね!
名称未設定 1.jpg

それがこちら。
CIMG3194.JPG

漁村の中にあって異彩を放つ西洋風の白い建物。
絵に描かれたとおりの姿で、未だ健在でした。
CIMG3195.JPG

この建物、後になってたっくんがお父さんに訊いたところ、この辺りで一番有名な旅館だったのだそうです。
現在は残念ながら営業されているふうではなく、しかし何方かが生活しているようではありました。

さて、この建物が見つかれば、自ずと絵を描いたと思われる場所が特定出来ます。
角度から察するに、向かいのこの旅館の2階、あの辺りの部屋かベランダではないでしょうか?
CIMG3197.JPG

ここからはバイクを停めての探索です。
CIMG3165.JPG

実はああ見えて、イケメンたっくん♪
CIMG3192.JPG

宿に入らせてもらえるならそれがベストなのでしょうが、そうもいかないので、似たような位置から見ることが出来ないか探してみます。
神社の奥に墓地があり、そこへ至る道があるので行ってみましょう。
CIMG3169.JPG

けっこう急勾配。
CIMG3170.JPG

CIMG3171.JPG

CIMG3172.JPG

絵の写真を撮っておいたので、それと比較して近いアングルを探します。
CIMG3175.JPG

当たり前ですが、やはり同じアングルとはいきませんね。
んー、これが限界かな?
CIMG3176.JPG

比較!
pic02.jpg

それから、荒地の中に埋もれた階段を発見。
まだ上にいけそう?
CIMG3182.JPG

どうやらここまでのようです。
CIMG3183.JPG

もう絵とは全然関係ないことになっちゃってますが、良い眺め!
CIMG3184.JPG

場所も特定出来たし、ぼく的には大満足。
欲を言えば絵を描いたと思われる旅館に泊まって、もう一度検証してみたいので、次回のミーティングの時にここで1泊するのも悪くないんじゃないかと思いました。
ここは観光地としては既に寂れてしまった場所だからこそ、の哀愁を感じられる良いところですね。

つづく。
23:08 | vehicle:GS125E | comments(0) | trackbacks(0)
COMMENTS
COMMENT?










TRACBACK URL
http://code2501.jugem.jp/trackback/1327