<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 旅立ちの日に〜第8回GN倶楽部全国ミーティング:1【伊良湖編1】 | TOP | 旅立ちの日に〜第8回GN倶楽部全国ミーティング:3【御前崎編】 >>
旅立ちの日に〜第8回GN倶楽部全国ミーティング:2【伊良湖編2】

続き。

”前回、ぼくは会場に向けて出発と言ったな?
あれは嘘だ”

なんだかんだと他の九州メンバーが到着するまで待つことになったので、会場を目指す前にかき氷の「かわぐち」さんで時間を潰すことになりました。
GWとあって、すんごい人ごみ。
CIMG2206.JPG

ちょっと久しぶりのかわぐちさん。
以前訪れた時はKWBさんと一緒でしたね。
CIMG2208.JPG

券売機でふと思う。
そそられるのは桃ヨーグルトなんだけど、これきっと前回も頼んだんだろうなあ。
いや、たしかあの時は期間限定メニューかなんかだったから、違うんじゃないか?
でもどう考えてもこれ頼んだような・・・?
まあ、いいや、とにかく食べたいのは桃ヨーグルトなんだからこれにしよう!

てことで、じゃーん☆
CIMG2207.JPG

めっちゃうま!!
あ、後でここのログ見たら、やっぱりこれ食べてましたwwwwwwww

こちらはマーマレードを頼んだぴろみん。
一口もらったけど、これも美味しかったです。
CIMG2209.jpg

麗しのゆるりタン。
CIMG2211.JPG

ゆるりタンは大アサリで簡単に昼食を済ませることにしたみたいです。
この時点で「さわやか」に行くことは避けられました。
よかった・・・普通の土日でも1時間待ちはザラなさわやかです。
こんな時期に行ったらどうなるかと思うと、いやはや恐ろしい・・・。
CIMG2216.JPG

それと本当はゆるりタンを出迎えたら、ソロで行きたいところに寄りながら富士山を目指すつもりでしたが、これも時間的に不可能なことが確定したので、この後も皆さんと同行することにしました。
諦めが肝心だよな、うん。

そしてようやく、九州メンバーのしんさんとレッドビーさん、それに兵庫のとっさんが到着しました。
待った甲斐がありました。
きゃー、しんさんかっこいい♪(ハグ)
CIMG2220.JPG

ゆるりタン「私の時と全然リアクション違くない?」
そ、それは違うぞ、ゆるりタン!
やっぱりJUN様とは言え男の子、女の子とハグするには勇気が要るじゃん!
その点、しんさんとなら思う存分熱い抱擁が出来るというわけだよ。
いや、だから違うってば!!

そんなしんさんは何故か見慣れないバイク。
てっきりNCだと思い込んでいたのですが、CBF190という中華バイクでした。
なんかすごく出来が良さそう。
CIMG2223.JPG

GNの方はと言うと、不調らしくてこちらをレンタルしてきたらしいです。
うーん、GNでお会いしたかったなあ。

とっさんのGN125(無印JB型)。
CIMG2224.JPG

1年前に大阪でお会いしましたね(ぼくはYZF-R1でしたけど)。
ほんの少し前にエンジンブローしたので、シュガーさんの指南で見事乗せ替えられてます。
しかしよくこの型のエンジン出てきましたね・・・めっちゃラッキーだと思います。
CIMG2225.JPG

こちらはレッドビーさんのGN125-2F。
見てのとおり、すごいです(笑)。
CIMG2227.JPG

CIMG2229.JPG

そうそう。
地元田原市、エブリさんとヒコさんのお二人も合流しています。
CIMG2230.JPG

大変お待たせ致しました、ここから本当に富士山を目指します!
伊良湖の景観を楽しみながらレッツゴー♪
CIMG2236.JPG

CIMG2237.JPG

あ、愛知県民として何度も言わせてもらうのだけれど、伊良湖は「いら」ではなくて、「いら」ね!
みんな、間違えんなよ。


この人数で押しかけるとスタンドも大変そう・・・。
CIMG2244.JPG

CIMG2245.JPG

v(・∀・)yaeh!
CIMG2253.JPG

本来、中型以上の自動二輪であればひたすら道なりなコースであるはずですが、原2では通ることの出来ないバイパスが多く、やまちゃん先導で自動車専用道路を避けつつ、東へ東へと走ります。
CIMG2250.JPG

CIMG2255.JPG

ま、それでも単調な道なんですけどね(笑)。
写真撮影が捗ります。
CIMG2268.JPG

CIMG2259.JPG

つづく。

03:32 | vehicle:GS125E | comments(0) | trackbacks(0)
COMMENTS
COMMENT?










TRACBACK URL
http://code2501.jugem.jp/trackback/1309