<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< オレの弟子がこんなにかわいいわけがない。師崎編(往路) | TOP | オレの弟子がこんなにかわいいわけがない。篠島編2 >>
オレの弟子がこんなにかわいいわけがない。篠島編1

続き。

予定ではフェリーに乗って約20分で到着のはず。
特にすることもないので、あっきーを撮影して遊ぶことにしました(笑)。
DbWWCp1V4AA6zmd.jpg

CIMG1960.JPG

旅情感出てて良い画じゃないか!
こういうのは一人旅では撮れないので、良いですね。
もちろん被写体は自分じゃないけど。
CIMG1965.JPG

予定通り、篠島到着!!
CIMG1969.JPG

篠島と言うのは三河湾に浮かぶ、古くから伊勢神宮と関わりの深い離島。
今でも「おんべ鯛」が伊勢に奉納されています。
愛知県民でさえ釣り人以外はあまり立ち寄らない、観光地としてはマイナーなスポットなのですが、知多からほんの20分足らずで来訪出来る離島というのはなかなかに魅力的で、ぼくは一度訪れたいと思っていたのでした。
CIMG1975.JPG

この日は行楽日和なのもあってか、ビーチの周囲は路駐車だらけでした。
名称未設定 1.jpg

急な坂道を登ります。
ここで先日替えたばかりのスプロケが大活躍!
めっちゃ登るよ!
数値上は大した違いはないのかもですが、体感的にかなり楽になっており、とにかくストレスを感じません。
ギアの選択も迷いがなくなりました。
名称未設定 2.jpg

篠島の勝手なイメージとしては島の周囲をぐるっとバイクで回れるものだと思っていたのですが、それはどうやら日間賀島の方だったようで、篠島の名所(?)を訪れようとすると、殆どこんな道を辿るしかありません。
フラットダート上等!!(泣きそう)
IMG_0033.JPG
※写真提供:あっきー

とりあえず太一岬キラキラ展望台を目指し、バイクは途中で下りて歩きます。
CIMG1977.JPG

CIMG1979.JPG

あの東屋がそうかな?
確かにあそこまで登れば、良い眺めに出会えそうですが、徒歩で行かねばならず、さすがに時間的にも体力的にも無理そうです。
CIMG1980.JPG

東屋までは、こんな道が続いています。オフ車を持ち込めば行けそうですが、観光客も普通に歩いてるし、自重した方が良いでしょうね。
あと道交法的にはどうなんだろう?何の標識も立っていなかったような気はするけれど。
CIMG1981.JPG

ここで妥協して、あっきーと砂浜遊び。
CIMG1989.JPG

遠めから見ると、ぼくだかあっきーだか区別つかないな、これ(笑)。
IMG_0035.JPG
※写真提供:あっきー

CIMG1993.JPG

次、別の展望台を目指すも、やっぱりかなり登らないといけないっぽいので、そこから見下ろせる(はずの)場所で妥協。
CIMG1995.JPG

ここは砂浜ではなく、大きな石がごろごろしています。
CIMG2001.JPG

なかなかお目にかかれない、独特の景色が良いですね。
CIMG2000.JPG

つづくよ。

15:32 | vehicle:GS125E | comments(2) | trackbacks(0)
COMMENTS
孤独のグルメSeason4(日間賀島)の聖地巡礼に行ったのかと思った>フェリー

2018/05/06 10:03 PM by るーこ・きれいなそら
@るーこちゃん

え?日間賀島って聖地だったんですね!?
知らんかったー!

ちなみに日間賀にしなかったのは、あっきーが既に社員旅行で訪れたことがあったからです。
最初は日間賀の予定でございました。
2018/05/08 8:18 AM by JUN
COMMENT?










TRACBACK URL
http://code2501.jugem.jp/trackback/1304