<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 8分の1のエスパーダ:107 スプロケット編 | TOP | つるぎめざすは桃源郷2018:その2 >>
つるぎめざすは桃源郷2018:その1

4月中旬、職場の宿直のおっちゃん=Oっちゃん(仮名)と阿智村へ行って参りました。
この時期の阿智村と言えば、もちろん「はなもも」!
例年ではGW頃に赴いており、まだ見頃には早い気もしましたが、たまたまぼくもOっちゃんも休みであったこの日に決定。

待ち合わせ場所は職場。
出勤と勘違いしたちゃーちゃんがご飯をおねだりするので、いつものように献上致します。
CIMG1667.JPG

この日の天候は雨で、予報では10時頃には晴れるとのことでした。
てことはこれ以上雨足が強くなることもないっしょ?
意を決して小雨の中、朝から出発です!

Oっちゃんはアドレス110。
通勤で毎日1時間くらい乗ってますが、ツーリングはまったくの未経験。
でもまあ、大丈夫でしょう・・・たぶん。
CIMG1670.JPG

豊田方面へ走り、まずは稲武を目指します。
CIMG1672.JPG

そう言えば気になるスプロケ13Tですが、覚悟していたほど乗りづらいものではありませんでした。
街中でもわりと普通に走れます。
それでいて、登坂道は明らかに元気になってますね。
これだよこれ!
思惑通り、山道にはぴったりのセッティングになったように感じます。
ただ、巡航時の印象はOっちゃんのペースに合わせたため、最後まで分からず仕舞いでした。

いつもの道の駅、いなぶどんぐりの里に到着。
いつもはバイク品評会と化しているこのどんぐりの里も、雨の平日となるとさすがに1台もおりません(笑)。
CIMG1698.JPG

あれー?
そろそろ10時を回るのですが、晴れる気配はおろか、どんどん雨足が強くなってる気がします・・・。
CIMG1696.JPG

北へ折れて信州平谷方面。
ところどころ花桃が迎えてくれます。
CIMG1700.JPG

途中にあった枝垂れ桜が美しかったので、立ち止まって撮影。
image1.jpg

根羽村付近から土砂降りとなり、全然予報と違うじゃないかと呪いの言葉を吐きながらも、予定通り11時に第1目的地「蕎麦屋 侍」さんに到着。
CIMG1705.JPG

職場の方からここの蕎麦が美味しいと聞いたのでやって参りましたが・・・建物からしてなかなか良いじゃないですか。
CIMG1706.JPG

古民家を改築したもので、明治時代のもののようです。
imag01.jpg

旧い建物と言っても中はとてもきれいで、オシャレな作りになっており、特に女性にウケが良さそうです。
囲炉裏の部屋もある!
imag02.jpg

頼んだ「野武士」のランチセットがこちら!
image3.jpg

粗挽きのそばに甘味と玉子焼き、豆腐、それに見慣れない一番右はそば稲荷がついてきて1300円。
「お試しください」とあったので、これに従ってみます。
image2.jpg

うま!
塩だけでも十分美味しいです。これは新感覚!
がっつり食べたい男性にはまったくオススメ出来ませんが、蕎麦の風味と甘味を味わいたい方は絶対オススメであります!

蕎麦を堪能して外に出ると、雨は止んでいました。
遅いよ!!
天気と共に気分も好転、平谷から更に北上します。
この辺りでは、桜もまだまだ咲いているんですねー。
CIMG1711.JPG

Oっちゃんがんばる。
CIMG1715.JPG

あちこちで見られるようになる花桃。
このコントラストの強さは桜では味わえません。とってもきれい!
CIMG1717.JPG

CIMG1718.JPG

いよいよ、って感じですね♪
CIMG1720.JPG

Oっちゃんがんばる(2回目)。
CIMG1724.JPG

CIMG1727.JPG

つづく。

05:18 | vehicle:GS125E | comments(2) | trackbacks(0)
COMMENTS
おおおっ、春を感じる絵ですね。

最近、晴れると暑すぎる位なので、食後は気温も下がってイイ感じの状況だったのではないでしょうか。

こういうの見るとバイクに乗りたくなります。
5月のイベント過ぎたら乗りまくろっーと。
2018/04/26 4:45 AM by かんち
@かんちさま

ぼくが行った時はまだ見頃には早い感じだったので、GW辺りがオススメです。
昼神温泉は散り始めますが、はなもも街道は大いに賑わいますよ。
2018/04/26 6:45 AM by JUN
COMMENT?










TRACBACK URL
http://code2501.jugem.jp/trackback/1299