<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< メディバンペイントを試してみる。 | TOP | 【Fate/Zero動画】食わず嫌い王決定戦 製作記2 >>
【Fate/Zero動画】食わず嫌い王決定戦 製作記1

5年ほど前、つべでFate/Zero関連の動画を観ていた頃に、面白い動画を発見しました。
内容は声真似さん達が、もしFate/Zeroのキャラが「食わず嫌い王決定戦」をやったら?と言う内容で生放送をするというものでした。
再生時間は1時間以上あるものの、それを忘れさせてしまうくらい内容が面白かったので、PCに保存しておいたのです。
純粋に面白かったので、という理由もありますが、いつかこれにちゃんとした絵を付けて作品にしてみたい、という野望が秘かにありました。
と言うのも、この動画は生放送時の映像をキャプチャーしたものであったため、その部分に関してはとてももったいない出来だったのです。
せめてキャラの立ち絵とその表情だけでも、台詞に合わせて付ければより素晴らしいものになるのに!そんなわりと単純な欲求が始まりだったと思います。


しかし、ちょうどこの頃からぼくはバイク遊びにリターンしましたので、この計画は頓挫。
ぼんやりといつかはやってみたいと言う気持ちはあったものの、そんな時間はないし、何より動画製作の技術がない!
こうしておよそ5年の歳月が流れ、突然思い出したように製作に取りかかったのが年が明けてからのこととなります。

非常に遠回りになりましたが、バイクのおかげで曲がりなりにも動画を作ることが出来るようになり、転職の影響で細々とした時間が無駄にあります。

今なら出来る!!

確信出来たなら即実行です。
まずはキャラクターの立ち絵を用意します。
動画としてはごく簡単な構成で良いでしょう。登場キャラクターが予めずらっと並んでいれば、あとは表情を変えるだけでだいたいの場面は再現出来ます。
大きなアクションはその都度、カットを描き下ろせば問題ないはずです。

そんな訳で一番手、セイバー陣営アルトリアさんから。
絵柄の方向性を模索していかなければなりませんので、ここはじっくり時間をかけていきます。
その絵柄は非常に悩んだ挙句、ポーズとアングルはなるべく原作に近いものとし、反面、立体の解釈と塗り方はぼく側に寄せることとしました。
左の原作絵を元に描き起こしていくのですが、実は頭身を大幅に変更しています。
DpWb3XZ_1.jpg

saber01.jpg

他のキャラクターも同じ路線で描かなければいけないので、最初の1人はとても重要です。
線は多め、彩度を抑える方向で塗っていきます。
セイバー04.jpg

完成した絵を元に他の表情も用意しました。
セイバー06.jpg

2人目は切嗣さんです。
こっちはほぼそのまま原作絵が使えそうです。
切嗣03.jpg

切嗣04.jpg

すんなり完成しました。
やっぱ切嗣さんかっこいい。
切嗣06.jpg

笑.jpg

3人目はアイリことアイリスフィール。
並べ方の都合で真正面のアングル、ポーズが欲しかったのですが、なかなか良いものが見つかりません。
なので、FGOの立ち絵をもとに正面を向かせてみました。
fate-accel-zero-order-06.jpg.pagespeed.ce.AhQ072HmHs.jpg

こんな感じ。
airi03.jpg

動画中盤からバスト以下にもう1人キャラが追加されるので、その時不自然にならないよう気をつけてみました。
airi02.jpg

困.jpg

つづくぞ。

23:13 | works | comments(3) | trackbacks(0)
COMMENTS
この前 AmazonPrimeの無料動画でZeroを再度一気見したぞ。
やっぱりアーチャーとライダーの決戦のシーンが一番好きだな。

食わず嫌い王決定戦にも金ピカのアーチャー出演してくれてたら
超ウケるんだけどなあ、いや、好きだわあのキャラ。゚(*゚´∀`゚)゚ノ彡☆
2018/02/24 9:16 PM by シュガー
Zeroは何回でも観ちゃうよねー。
残念ながらAUOは出ません。
そういや関さんの声真似する人って、意外とあんまり見ないなあ。
2018/02/25 8:18 AM by JUN
と思ったら、今まさにバズってるツイートあったから貼っておくぜえ!!
しかも面白いw
https://twitter.com/okann0212/status/967414013926625280
2018/02/26 2:59 AM by JUN
COMMENT?










TRACBACK URL
http://code2501.jugem.jp/trackback/1277