<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< Psychomachiaツアー名古屋式典参戦してきた | TOP | 【Fate/Zero動画】食わず嫌い王決定戦 製作記1 >>
メディバンペイントを試してみる。

ここ最近、よく絵を描くようになったので、重い腰を上げてメディバンペイント(MedibangPaint)というソフトを採用してみることにしてみました。

このソフトは基本無料で手に入れることが出来ます。
試しにダウンロードし起動してみると、めちゃくちゃ軽い!
そして起動だけではなく、操作も軽いし、なんと保存後のファイルも軽い。
うひゃー、なんだこれ。

もっとも、ぼくは20年前のバージョンのフォトショップを使い続けてる人なので、実際、現在のペイントソフトがどうなのか比較することは出来ないんですけどね。
その20年前のフォトショップ(以下フォトショ)ですが、Winのアップデートが原因で不具合、エラーは度々起こるものの致命的な問題はなく、また大変ではあるけれど工夫すれば(2Dなら)ほぼ全ての表現が可能なことから、慣れていることもあってずっと愛用してきました。
さすが、画像処理ソフトの金字塔なのです。
ちなみに信じられないことかもしれないけれど、当時はこれ1本だけで云十万したんだぜ・・・?

さてフォトショより軽いのは分かりましたが、実際の使い心地はどうなのか、じっくり見させて頂くとしましょう。
モデルはなんとなく描きたかったご存知、FGOのマシュ・キリエライトさんです。

マシュさん、良いですね♪
元ネタが円卓の騎士ギャラハットってのも、ややマニアックで素晴らしい(笑)。
Screenshot_20170122-084317-650x366.jpg

ラフを起こしてからベタ塗りするまでは、フォトショで行いました。
ラフの時点では地面に突き刺した円卓の盾によりかかるポーズだったのですが、構図が気に食わないのでそれぞれ位置をズラしたら、何をしているんだかさっぱり分からないものに・・・(まあいいや)。
ここで一旦保存し、PSDファイルをメディバンで開きます。
test02.jpg

すんなり開けました。
レイヤー構成などもそのまま引き継げるようです。
test01.jpg

最初はやや手惑いましたが、特にヘルプを参照することもなく、操作方法も少し考えれば直感で理解出来るインターフェース。
その中でも拡大/縮小をマウスのホイールで行うのが、ポイント高いです。
そして恐らくメディバン最大の売りと思われる50種類を超える豊富なブラシ。
筆跡がよりアナログ的になるので、まさにぼく向け。
最初はGペンでペン入れして、アニメ調(セル調)で仕上げてみようかと思ったのですが、これはもったいない!
いつもどおりのアナログ的タッチで試してみることにしました。
同じように塗って、どう変わるのか、とても興味深いです。

また、ブラシの変更が簡単で分かりやすく、尚且つ細かく出来るのも素晴らしいです。
左のインターフェースがメディバンで、右がフォトショ。
フォトショでブラシカスタムする時は別ウインドウでオプションを開き、そこで変えなければならないのに対し(登録しておくことは出来ますが)、メディバンはその場でコントローラーをスライドしてささっと変更することが可能です。
名称未設定 1.jpg

この後はまさにフォトショと同じ感覚でさくさく塗っていきました。
塗り潰し=水彩、輪郭線=エアブラシを使用です。
test03.jpg

だいぶ慣れてきた頃には、ほぼ塗り終わった感じに。
この時点でフォトショに比べてより柔らかく、よりアナログ的になっているのが分かります。
test04.jpg

そうそう、マシュをモデルに選んだのは、その造形や質感をどう表現出来るのか試してみたかったからです。
やはり思ったとおり、こういったところは間違いなく得意な分野のようで、良い仕上がりです。
・・・にしても造形が鬼畜すぎて立体を理解し、それを描き起こすのに一苦労。
楽しいけど大変ですわ。
test05.jpg

メディバンでの作業はここで終了!
良い!良いじゃないか!
マシュ04.jpg

総じてこの「メディバン」はイラストを描くのにぴったりなソフトで、それに特化していると感じました(実際そうなのだから、当たり前と言えば当たり前なのですが)。
しかも今回まったく試していない漫画製作機能も豊富で、これ本当に無料で使わせてもらっていいの?と思いたくなるほどのボリュームです。
対して、画像処理、エフェクトをかける作業に関しては未だに20年前のフォトショの方が優れており、うまく使い分けていくことでより良い作品を生み出していくことが可能だと思います。

そんな訳で、ここで一旦メディバンファイルをPSD形式で保存します。
フォトショでメディバン形式を開くことは出来ませんが、メディバンでPSD形式に保存出来ますので、1つのファイルを両者間で行き来させることが可能です。
ここ、かなり大きいですねえ。

フォトショで開き、背景製作、ドロップシャドウ、ハイライト、色調補正を行って仕上げました!
マシュ05.jpg

あれ?
試しに使ってみるだけのつもりが、最後までいっちゃいましたね(笑)。
うん、まあそれくらい「メディバンペイント」オススメです!
これからもガンガン活用していこうと思いますよ。

16:24 | works | comments(0) | trackbacks(0)
COMMENTS
COMMENT?










TRACBACK URL
http://code2501.jugem.jp/trackback/1276