<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< カブボバー70:13 ようやくエンジンを乗せてみる。 | TOP | カブボバー70:14 メインハーネスを這わせてハンドルストッパーを作ってみる。 >>
なつのひとコマ。

つい最近、GN倶楽部に入会された新人さんから「シフトダウンした時にストールしやすい。help!」という内容の書き込みがありました。
カフェレーサーを目指してカスタムしているという自己紹介と、名古屋市在住という情報から、ぼくが一度診てみるということになった、という流れは必然でしょうか。

そして約束の当日、やって来たのは・・・

えっ?
えっ?

CIMG8501.JPG

列島横断リレーの時、大須にいたGNじゃんwwwwww

CIMG8502.JPG

こんなことあるんですねえ・・・。
おじさん、びっくりです。
なるほど、カフェっぽいカスタムされています。

しかし実際にはこのGNはごく最近、オークションで新人さん=なつくんが入手したもので、カスタムの方は前オーナーがされたようです。
なつくんの方は、お兄さんがこのブログを読んで下さっており、その流れでなつくん自身もこのブログを読むようになり、GNを購入するきっかけになったそうです。

いやあ、ホントに中国スズキには最優秀販促部門で表彰してもらいたいもんです。

さて、そんななつくんのGNですが、症状は突発的に発生するらしいので、我が家まで自走して頂き、じっくり診ることにしました。
ちなみに我が家までの道程で、なんらかの異常が出ることはありませんでした。

では見ていきましょう。
まずは一番怪しい電装系から。
CIMG8503.JPG

このクランクケースに繋がっている線がメインのアースになります。
一見したところ、緩んでいたり腐食しているような感じはありませんでしたが、念のため一度外し、清掃+錆を落としてからグリスアップして取り付けます。

それにしても汚くはないけど、逆に油分なさすぎて錆錆なスプロケ+チェーン周りです。
せっかくなのでグリスアップとチェーンに注油しておきました。

それからバッテリー。
こちらもしっかりはまっていましたが、やはり錆が多く、取り外してメンテ後、再度取り付け。
CIMG8504.JPG

次に怪しいのはキャブ周り。
こちらは一度、なつくんがキャブ内部を清掃しているというので、インマニやフューエルホース等のエアとガスの通り道を点検。
特に異常は見当たらなかったので、パイロットスクリューを調整してみました。
CIMG8506.JPG

エンストこそしないものの、ややアイドリングが不安定だったのが、これで随分安定したものになりました。
うーん・・・しかしこれが原因とは思えないなあ・・・。

と、やっていたところへKWBさんがご来訪。
タコーメーターケーブルが破断したとのことで、いらっしゃいました。
CIMG8507.JPG

というのも、エスパーダは電気式メーターであるため、てっきりタコメーターケーブルを余分に持っていると思っていたので、差し上げるつもりで来て頂いたのでした。
が!
よくよく探してもケーブルは見つからず・・・。
す、すいません・・・。
あれー?どうしたっけなー。びわ吉さんにエンジンと一緒にあげちゃったかな?(もう記憶にない)

そんなわけで、KWBさんと雑談しながらの作業再開。
CIMG8512.JPG

それにしてもよくGNが集まる家になっちゃいました。
CIMG8510.JPG

そんな折、なつくんから重要な発言が!
「右前のウインカーが調子悪いんですよねー。特に雨の時。」

それだよ、君ィ!!

早速ウインカーの配線を見ると・・・
CIMG8519.JPG

なんじゃこりゃー!!

なんと、社外ウインカーから延びる先の(最初から付いていたと思われる)ギボシに、車体側からの配線をぐるぐると巻いてあるだけではないですか!!
こ、こんなひどい配線は久しぶりに見たぜ・・・。
そりゃエンストもするよ。
雨の日は特にね。

とりあえずこの箇所だけ直しましたが、他のウインカーはもちろん、テールランプとかも怪しいだろうから、全部配線やり直した方がいいね・・・。
CIMG8514.JPG

なつくんはこの夏休みを利用して旅に出られる予定らしいので、是非しっかり直してから出発して頂きたいですね。
ま、何はともあれ、旅人に神の祝福と幸運を!

旅から無事帰ってきたらまたおいで。


おしまい。

20:29 | vehicle:GN125 | comments(0) | trackbacks(0)
COMMENTS
COMMENT?










TRACBACK URL
http://code2501.jugem.jp/trackback/1229