<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< カブボバー70:11 フロント周りを仮組みしたり塗装してみたりした。 | TOP | 東からの使者 その1:潮見坂編 >>
新型CBR250RR試乗してきた。

先日、発表当初から気になっていた新型CBR250RR(以下ニダボ)が試乗車として店頭に並んでいたのを発見したので、試乗して参りました。
ニダボと言えば、かつてレーサーレプリカ全盛時代(まさにぼくらの世代)に発売され、4ストクオーターの中では最も出来が良いと評され、そして実際に売れた車種でした。
ただ当時は2ストレプリカがその猛威を奮っていた時代でもあり、そんな中でニダボは大人しく、扱いやすく、言わばレプリカ入門機と言ったイメージでもありました。
それでも20000回転近く回りピックアップの良いエンジンは、今のクオーターと比べるのはあまりにも無粋と言えるほど速かったのは間違いありません。
ぼくも旧ニダボには何度か乗ったことがありますので、さすがにこの新ニダボがそれを再現出来ているとは思っていませんでした。
これまでに発表してきたCBR250Rのような結果になっているのではないか、と言う懸念がぼくの予想の多くを占めていたのです。

しかしまずは試乗!
判断はその後です。

試乗車を置いてくれていた、ホンダドリームさん。
ここは対応がいつも丁寧で好印象。
ちなみにこれまでに一銭もお金を落としたことはありません・・・本当にすいません・・・。
CIMG8452.JPG

昨年のモーターショーでLight Weight Super Sports Conceptの名前で登場したニダボ。
まさかこのデザインで本当に市販化されるとは思いもしませんでしたが・・・
20151125_1848156.jpg

20151125_1848155.jpg

やるなあ。
殆どそのまんま!

■ホンダ CBR250RR
CIMG8455.JPG

このクラスでは珍しい倒立フロントフォークと左右異形のスイングアーム。
これだけでもホンダの本気度が伝わってきます。
CIMG8470.JPG

2本出しマフラーも今となっては珍しいですよね。
CIMG8456.JPG

特徴的なLEDポジションとヘッドライト。
モーターショーで見た時も思ったけど、どう見てもエヴァ。
CIMG8468.JPG

非常に見やすく、扱いやすいメーター。
250Rのあのセンスのない、玩具っぽいメーターはいったいなんだったんだ・・・。

ワイヤーを廃した電子スロットルを採用している恩恵で、走行モードを3つから選ぶことが出来、迷わずSport+をチョイス。
CIMG8462.JPG

左スイッチボックス。
最近のホンダのお約束なのでしょうか・・・?
ホーンとウインカーの位置がどうしても気に食わないのですが。
何度かホーン鳴らしてしまいました。
CIMG8464.JPG

さて、跨ってみるとまずはその軽さが好印象。
足付きは身長170のぼくでべったり。
さらに、ライディングポジションも良好で、最近の似非SSとは違ってトップブリッジ下に配されたセパハンがやる気にさせてくれます。
タンク形状もよく考えられていて、伏せた時の腕の収まりがとても良かったですね。

ただし!
本当にここだけは気に入らなかったのですが、ステップがあまりに低すぎやしませんかね・・・?
ある程度なら分かるのですが、これはどうにも・・・。
バクステ必須です!!

そんなわけで、ポジションはそれほど激しいものではありませんが、最近のクオーターの中では最も戦闘的だと思います。
※ステップ以外は
それでも、エスパーダよりはゆったりとしたポジションでしたね。

発進!
CIMG8466.JPG

まず出だしで、おや?と思いました。
想像以上に扱いやすかったからです。タコメーター表示を見ても最近のクオーターの中ではかなり高回転型のエンジンにセッティングされているはずなのに、するするっとスムーズに進んだからです。
旧ニダボではもっと回転数を保ちながらでないと、発進出来ませんでした。
この時点で、逆に不安になります。
やはり所詮は最近の似非SS、上の方は期待出来ないな、と。

ところが、いくら回してもその不安要素が顔を出しません。
それどころか12000回転まで難なく加速し、ここからが本領発揮だと言わんばかりに元気に走るのです。
これは・・・凄いゾ!!
YZF-R25に乗った感じでは11000回転辺りがこの印象だったでしょうか?
いったいどこまで回るのか回したくて回したくて仕方ありませんでしたが、低速ギア引っ張ろうとも、この街中では無理な相談なのでした。

そしてコーナリングがまた良い!
これもまた街中なので、倒す機会は非常に限られていましたが、そんな少ないチャンスの中でも「寝かす」と言うつもりで入力した途端、本当にパタっと寝ようとしてくれます。
YZF-R25でもこんな感じに反応してくれることはありませんでした。
倒立フォークを始めとした足周りが完璧に機能している印象です。

楽しすぎィ!!
CIMG8469.JPG

総評。
短い街中のコースでの試乗なので、ちゃんとした判断は出来ませんが、それでもこれだけは言えます。
これは似非SSではありません、断じて。
例えばこれまでぼくの中で一番評価の高かったYZF-R25は、どう足掻いてもYZF-R1と同じSSのカテゴリーには入れたくありませんでした。
飽くまでSSの「雰囲気」を楽しめるツーリングバイクだったと思います。

しかしこのニダボは間違いなくSSの系譜でしょう。
大型SSを乗ったことのある方なら気に入って頂ける、最高のクオーターなはずです。
CIMG8453.JPG

ああ、でもお値段も最高クラスですのでー(笑)。

12:13 | vehicle | comments(6) | trackbacks(0)
COMMENTS
お値段もいい感じになってるよね…笑
生活も落ち着いてきたのでまたバイクを買おうかと思ってGNの値段見たらびっくり
結構値段上がってるのねぇ
しかもあのバックステップもう販売してないんですかねぇ見つけられない
2017/07/23 2:11 PM by つよっこ
試乗会でちょっと長めの距離を集団で走ったので

6千以上回せなかったけど、

すご〜い!
た〜のし〜ぃぃ!!

という言葉しか出なかったよ。

ヒトをフレンズ化する危険なマシンです。

お金が余っていたら飼っているところ。
2017/07/23 4:45 PM by るーこ・きれいなそら
@つよっこさま

ご無沙汰です!
GNの価格、たしかに軒並み20万くらいになっちゃってますね。
驚きです。
それでも格安には違いないのですが・・・。

バクステはもうないかもですね。
同じような問い合わせをけっこう頂いてますよ。
ただ、2FならGSやENのミドルステップが付くので、まだ良いかな?と。

GNの復活、お待ちいたしております♪
2017/07/24 10:32 AM by JUN
@るーこちゃん

ぼくと逆のパターンですね。
出来れば回せて長時間乗れるのが最高なんですが、そうなるとフレンズそのものになってしまうので、はんこ持参不可避になるでしょうw
いや、ホント、お金持ちだったら絶対ほしい1台ですね。
ホンダの本気、しかと受け取りました。
2017/07/24 10:35 AM by JUN
バックステップ無いよねぇやっぱり
ミドルステップにするならHに乗りたいなぁ
悪名高い(ぁ 砂糖さんがつかってるステップはテツさん?の自作物でしたっけ?羨ましい。
バックステップがあるから2Fを選ぶわけで(笑

もう斜め上の考えでGIXXERにセパハンで乗るかな(ぇ
2017/07/25 1:17 AM by つよっこ
@つよっこさま

ジグサーはあの安っぽい外装全部剥がせば、よさげなんですがねー。
せめて丸ライトだよなー。
2017/07/25 8:57 PM by JUN
COMMENT?










TRACBACK URL
http://code2501.jugem.jp/trackback/1226