<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< カブボバー70:07 スイングアームを取り付ける。 | TOP | カブボバー70:09 ステムとトップブリッジを取り付ける。 >>
カブボバー70:08 リアサスペンションを取り付ける。

リアサスペンションを組みます。

この手の一般的なツインサスペンションを取り付けるのはとても簡単で、本来ならすぐ終わる作業です。
ですが・・・
以前にも書いたとおり、今回のカスタムでは大きな問題点があります。
CIMG8035.JPG

ご覧のとおり、スイングアームを基点にサスペンションを取り付けると、フレーム側はこんなにも位置がずれているのです。
そこでなんとかしてオフセットしなければなりません。
一般的に考えれば、これは間違いなく溶接案件でしょう。
しかし、切ることは出来ても溶接技術も設備もない我が家、最悪ショップに依頼すれば済む話ですが、ここは何とか出来ないか考えてみることにします。

詳細を見てみましょう。
まずこのジョイント部分はサスが乗っかる部分が幅25mm。ワッシャー等を組み込むことを考えれば、ほぼこの数字がそのままサスペンションを乗せるのに必要な値だと思います。
と言うことは、この25mm+ナットを留めるネジ部分が余分に必要なわけです。
CIMG8036.JPG

例えばこの部分を全てカットし、新たに穴を開けて新設してしまうという方法もあると思います。
ただ、それだと非常に荷重のかかる重要な部分なだけに、とても心配です。
そこで、単純に取り付け部分を延長する方法を考えてみました。
用意したのはこのネジ変換アダプター。
ホームセンターで売っていたM10ボルトをM8ボルトに変換するタイプのものです。
ナット部分は幅14mm。
CIMG8034.JPG

これを取り付けた場合をシミュレーションしてみます。
このように14mm幅のナット部分がサスペンションを乗せる場所になりますが、ナットのままではブッシュが入りませんので、取り付けた後、円柱状になるように整形する必要があります。
何故取り付けた後に加工するのかと言えば、ナットとして締めこんだ後でなければ意味がないからです。
CIMG8036_1.jpg

また、サスペンションを固定するナットはM8となります。
これはまあ、仕方ないかな?と言ったところ。

ではアダプターを加工していきましょう。
ナットの長さが30mmありますので、25mmにカットします。
CIMG8037.JPG

サスペンションの横ズレ防止にワッシャーを挟んで、ネジロック剤を使ってしっかり締めこみます。

この状態でまる1日放置して完全に固定します。


そして、ここからが大変です。
角を落として丸くしていきます。
固定した状態での作業、しかもミリ単位での加工となりますので、神経も使います。
CIMG8066.JPG

見た目は悪いけど、こんなもん・・・?
つかもう許して(笑)。
なんでもしますから!(なんでもするとは言ってない)
CIMG8069.JPG

取り付けるサスペンションはこちらの320mmです。
今回のデザインでは黒をベースに白、青、そして挿し色にゴールドを使うので、ゴールドと明記されていたものを発注したのですが・・・
うーん、どっちかってーとカッパー(銅)じゃね?
CIMG8064.JPG

それと本当は穴間310mmが良かったのですが、ジョイント部分の径が14mmなので、14mm対応のものを探していたところ(お値打ちな物の中では)これしかなかったと言うわけです。
ついでに言うと、ガスタンクに見えるものは何の説明もありませんでしたが、恐らく何も入ってない飾りでしょう。
うん、分かってるから良いんだ。

早速、14mmのカラーを打ち込みます。
が。
一向に入っていく気配がありません。
てゆーか、これ、本当に入るの?

奥の手、万力で圧入してやりました。
CIMG8068.JPG

一応、入ったには入ったのですが、ゴムブッシュが変形して一部はみ出たりしてます。

('A`)

見なかったことにしよう。
ワッシャーをかましてM8ナットで固定。
CIMG8071.JPG

なんとか付きました!
CIMG8070.JPG

つづく。

20:40 | vehicle:Super Cub70(C70) | comments(4) | trackbacks(0)
COMMENTS
JUNちゃん

溶接機ならあったのに…
一言、言ってくれれば持って行ったのに…
しかも、100v仕様のが。

次回は、言ってね。
飛んでいくから。
2017/07/13 11:00 PM by かんち
@かんちさま

ありがとうございます。
ただね、ここはやっぱり一番負荷のかかるところなんで、自分でやれたとしてもかなり不安かなー?
それと試行錯誤してそれでもダメなら、ありがたくお借りします。
安易に溶接やっちゃうと、思考停止しそうでw
2017/07/15 12:20 AM by JUN
中々苦労している模様でw

なんなら会社で旋盤で削ってあげようか?
削って円筒形にしてから、フライスで2面巾付けとけば、
スパナで締められるし。

あーでも、苦労して削ったやつがロックタイト付けちゃったんじゃ
外れないか?
2017/07/17 3:35 PM by もっち〜
@もっち〜さま

きゃーもっち〜さーん!!
優しいお言葉、ありがとうございます!
でもね、うん、ここは大丈夫かどうかは分からないけど、一応今のところクリアしたから良いんです。
今後もし問題が出たり、あるいは別の箇所でいくら考えてもどうにもならないことが出てきた時、その時こそお願いさせて頂きますね。

やっぱ良い男は違うなー。
なー?
2017/07/18 8:45 PM by JUN
COMMENT?










TRACBACK URL
http://code2501.jugem.jp/trackback/1216