<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< めざせ遥かな地平II:その33 熊本編4【押戸石の丘〜長者原】 | TOP | めざせ遥かな地平II:その35 大分編3【稲積】 >>
めざせ遥かな地平II:その34 大分編2【原尻の滝〜沈堕の滝】

続き。

いつもどおり5時には起床、6時に出発するのですが、色々問題があってバタバタした朝となってしまいました。
詳細は書きませんが、やはりゲストハウスよりライダーハウスの方が、ライダーのニーズに応えてくれます。
皆さん、迷ったらライダーハウスにしましょう。

ま、そんなことがあってゆるりタンとの旅、2日目の始まりです。
CIMG6026.JPG

東へ走り、再び大分県に突入。
こちらも有名な原尻の滝です。
CIMG6027.JPG

菜の花がきれい。
でも4月5日だと言うのに、桜はまだまだでした。
CIMG6030.JPG

CIMG6049.JPG

吊橋を渡って、滝の近くまで行ってみましたよ。
CIMG6031.JPG

CIMG6032.JPG

image6 (2).JPG
※写真提供:ゆるりさま

原尻の滝!
なるほど、これは今まで見てきた滝とはだいぶ違いますね。
CIMG6035.JPG

上から見るとこんな感じ。
2つの河がいくつもの滝となり、それがひとつの滝つぼに落ちていってます。
思ったより豪快ですなあ。
CIMG6044.JPG

更に少し東へ。
CIMG6053.JPG

こちらはぼくのリクエストで、ルートに加えて頂いた「沈惰の滝」。
ナビに従っていくとこんなところ。
滝の真上なのですが、あまり景観はよくありません。
CIMG6060.JPG

少し道を戻ると、ちゃんと観光客向けの駐車場があります。
ここから良いポイントに出れますので、ご安心を。
CIMG6061.JPG

写真で見ると、原尻の滝と同じような感じだったので、どうかと思ったのですが実際に見ると全然違います。
そして、何より来たかった理由はこれ。
旧発電所跡!
image12 (2).JPG
※写真提供:ゆるりさま

この滝を利用した発電所がかつて、ここにあったようです。
今はもうその役目を終え、こうしてその遺構を残すのみとなっています。
CIMG6071.JPG

CIMG6072.JPG

途中から足場が悪くなっているので、ゆるりタンには留守番をして頂き、ぼくは単身その先へ。
CIMG6074.JPG

CIMG6077.JPG

発電所の壁つたいに行けるところまで行ってみます。
CIMG6080.JPG

写真だと見づらいですが、岸壁が美しいのですよ。
CIMG6082.JPG

そして、ここから見る沈惰の滝もまた一興。
CIMG6081.JPG

発電所内部。
つい最近訪れた片島の魚雷発射試験場跡を彷彿させます。
CIMG6087.JPG

CIMG6090.JPG

やっぱ廃墟良いわー♪
1箇所で2度美味しい、沈惰の滝はお勧めです。
CIMG6088.JPG

CIMG6089.JPG

それにしても、何気に滝もかなり巡ってますね(笑)。

つづく。

17:16 | vehicle:GS125E | comments(4) | trackbacks(0)
COMMENTS
ゆるりさんって何気に運転上手いですよね。
軽さもあると思うけど何気に速いし・・・

廃墟たまらないwww



2017/05/19 9:16 PM by 原G
姫さま
ステキ動画ありがとうございました。
楽しかった記憶が蘇ってきますね。
サイドスタンドが…ぁぁハズカシ

原Gさま
運転?(ヾノ・∀・`)イエイエ
こないだも皆さんについてくのがやっと、
この物語の後も姫さまと前後入れ替わったらもうぶっ飛ばすぶっ飛ばす…
やはりついてくのがやっとという感じでした。
サイドスタンド出しっぱやし。
2017/05/20 3:38 PM by ゆるり
@原Gさま

ゆるりタンは上手いよー!
やっぱ、しんさんに鍛えられてるからでしょうかね?
コースアウトしそうになったりなんて、絶対にありません。
絶対にありません。
絶対に・・・

九州はなにげに廃墟多くて、良いですよ。
他にもいっぱいありますので、調べてから行くととっても良いかもです。
2017/05/21 6:43 PM by JUN
@ゆるりタン

ツーリング中も動画製作のことを考えながらだったので、個人的に満足度高いです。
でもあんまり評価してくれる人いなくて、寂しいのです。

>サイドスタンド
そんなこと言ったら、ういんk
2017/05/21 6:46 PM by JUN
COMMENT?










TRACBACK URL
http://code2501.jugem.jp/trackback/1184