<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< めざせ遥かな地平II:その30 熊本編1【熊本上陸】 | TOP | めざせ遥かな地平II:その32 熊本編3【大観峰】 >>
めざせ遥かな地平II:その31 熊本編2【ケニーロード】

続き。

待ちに待ったこの日がやってきました!
本来、一人気ままな旅なら予定を細かく決めることも、予定から外れたからと言って急ぐ必要もないのです。
そうしたのはひとえにこの日、この時のため。
しかもしんさんから聞けば、ゆるりタンはわざわざ下見まで敢行して準備してくれていたと言うではないですか!

そんなわけでこの旅で最も楽しみにしていた、ゆるりタンとの1泊2日の阿蘇の旅、はじまりはじまりです。
CIMG5650.JPG

予定より1時間ほど遅れて、ナイト様のご到着。
姫様のエスコートに気合が入ってます!と言うわりにはいきなり予定からズレてしまいましたが・・・し、心配だー!www

新調したと言うツーリングバッグ。
一見すると、ぼくのよりよっぽどロングツーリングっぽい装備です。
もちろん、実際はエスパーダには工具とか重い物を積んでいるので、遥かにぼくのが大荷物なんですけどね。
CIMG5658.JPG

なんとー!?
クロミちゃんバッジ、めっちゃ羨ましいぞー!!
ど、どこで手に入るんですかこれ。
CIMG5653.JPG

出発前にゆるりタンのヘルメットには、GoProアダプターを取り付けさせてもらいました。
ご協力ありがとうございます。
CIMG5656.JPG

エスパーダの箱にも取り付けました。
CIMG5657.JPG

準備完了!
では、宜しくお願い致します、サー・ゆるり殿。
CIMG5659.JPG

CIMG5676.JPG

今回の計画には、どうしても見ておきたかった熊本城を、一番最初に付け加えて頂きました。
うわあ、こりゃひどい・・・。
でも、これで崩落してこないってのもすごいです。
CIMG5662.JPG

天守閣は遠くから撮影。
例によってまだ開場していなかったので、この位置からです。
image2 (4).JPG

ズームと色調補正で、なんとか見れるレベルにしてみました。
手前の桜が邪魔ですが、まあ仕方ないですね。
CIMG5665.JPG

ここから県道28号で、熊本中心地を通って東へ。
CIMG5679.JPG

すると突然、後ろから呼び止められ振り返ると、USインターカラーのコマジェに乗ったお方が。
CIMG5680.JPG

あまりに見慣れないエスパーダのナンバープレートから、何処から来たのかと興味を持った様子でした。
名古屋からですと答えると、いきなり顔本の友達申請!
たいへん光栄でございます(笑)。
CIMG5683.JPG

そんな嬉しい(?)ハプニングの後、お互いまだ朝ごはんを食べていなかったので、途中のコンビニで休憩。
CIMG5685.JPG

たぶん、道を間違えたんだろうなあ(笑)。
県道236号線を南へ、益城の田園風景の中を先導するゆるりタン。
CIMG5689.JPG

国道443号で県道28号にリカバリーする辺り。
いたたまれない光景を目の当たりにしました。
CIMG5690.JPG

あれからどれだけ時間が経ったでしょうか?
この辺りは震災の爪痕が、まだまだ手付かずのまま。
CIMG5691.JPG

CIMG5693.JPG

更地やブルーシートを被ったままの場所も、とても多かったです。
こんなものを見ないまま「がんばろう熊本」なんて、ぼくには言えません。
ですから、ぼくは一人でも多くの人に実際に熊本へ赴き、そしてがんばろう、と直接言ってあげてほしいのです。
CIMG5698.JPG

ここからいよいよワインディングに突入します。
さて、ゆるりタンはどんな走りをするのかなー?なんてじっくり見てる暇もありませんでしたね。
ゆるりタンはけっこうペース上げてくるし、何より全然上っていかないエスパーダ。
きっつ!
CIMG5700.JPG

らくのうマザーズ阿蘇ミルク牧場。
開けた景色が気持ちいいゾ!
CIMG5704.JPG

CIMG5716.JPG

そして景色は次第に、阿蘇特有のダイナミックなものに様変わりしていきます。
このワインディングロードの通称はケニー・ロード。
バイク乗りなら知らぬ者などいない、あのキングケニー(ケニー・ロバーツ)が愛した道です。
CIMG5721.JPG

この道は中・高速コーナーで構成されたハイスピードコース。
恐らくどんなバイクでも気持ちよく走ることが出来るでしょう。
何より景色が気持ち良いですよね。
すげえ、いきなりすげーよ、阿蘇!



南阿蘇展望所に到着。
実はこの看板の足はGSXのフロントフォークだったり、とかね。
すべてのライダーに赴いてほしい場所です。
CIMG5730.JPG

CIMG5734.JPG

つづく。

20:45 | vehicle:GS125E | comments(6) | trackbacks(0)
COMMENTS
YZR500は無理だけど、次はRZV500Rでも飼い増しして再訪問?
でもすごい値段になっちゃってるね>RZV500RとFZR750R
2017/05/16 2:45 AM by るーこ・きれいなそら
(*≧∀≦*)ノ彡☆ギャハハ!!そうそう
道間違えた間違えたよー!
もう一本南の湖沿いを行くはずだったのに曲がるの早すぎて…w
でもあのコンビニの道が意外と空いてて結果オーライ。

28号は益城で一車線のバス通りになり、渋滞必須なので私の中ではストレス街道。
なのであの田園の道を走ったんだけど、一時期は一定間隔で亀裂から水がどんどこ出てたので、あの時は修復跡だらけで走りにくかったかな?
でも私の大好きな道のひとつなのです。
2017/05/16 4:17 PM by ゆるり
@るーこちゃん

もちろんその辺は無理無理無理〜なんだけど、YZF-R1で走ったらすごく良さそうな道でしたね。
サーキットに近い条件が揃っていて、キングケニーが愛した道というだけのことはあります。
2017/05/16 11:57 PM by JUN
@ゆるりタン

いえいえ、あの田園、今でもかなり印象に残っているほどで、ナイスチョイスだったと思います!
思えばあの田園風景で、阿蘇のすごさの片鱗を垣間見ることが出来、そこから続くケニーロード、大観峰と、とても心揺さぶる演出でございましたよw
2017/05/17 12:00 AM by JUN
ゆるりさん
はやっ
2017/05/18 4:47 PM by ゆパ
@ユパさま

エスパーダが遅いって説。
2017/05/18 8:02 PM by JUN
COMMENT?










TRACBACK URL
http://code2501.jugem.jp/trackback/1181