<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< めざせ遥かな地平II:その09 岡山編5【備中松山〜勝山】 | TOP | めざせ遥かな地平II:その11 島根編1【松江城】 >>
めざせ遥かな地平II:その10 岡山編6【勝山〜新庄宿】

続き。

勝山町並み保存地区を散策します。
酒蔵を中心に、様々な古民家が軒並み揃えています。
倉敷のような統一感、スケールはないけど、これはこれで良いものです。
CIMG3891.JPG

CIMG3892.JPG

CIMG3893.JPG

扱っている品物もすごいですね。
CIMG3904.JPG

CIMG3903.JPG

そう言えば、寅さん最後の映画のロケにも使われたようです。
その割にはそれほど観光客で賑わっているわけでもなく、静かでしたね。
もちろん、ぼくにとってはその方が好都合ではあるのですが、この先この町並が維持されていくのか不安にかられます。
CIMG3900.JPG

CIMG3901.JPG

ちょっと上の通りに移動してみます。
CIMG3882.JPG

CIMG3894.JPG

CIMG3897.JPG

やっぱり思ったよりよく整備されてるなあ。
CIMG3906.JPG

メインストリートから外れると、より生活臭の漂う古民家の通りに出ます。
実はこっちのがぼく好み(笑)。
CIMG3907.JPG

武家屋敷もこんなところにありました。
CIMG3915.JPG

CIMG3909.JPG

かなり狭い道にも関わらず、石畳。
もっとお客さん来ても良い気がするけど、交通の便がかなり悪いからでしょうか?
もったいない気がしますよ。
CIMG3911.JPG

勝山を出て、例の出雲街道をそのまま直進。
CIMG3928.JPG

峠を1つ越えると、新庄川沿いに出ます。
CIMG3938.JPG

そして目の前に飛び込んできた不思議な光景。
オレンジの瓦の家屋が1箇所に集中しています。
CIMG3941.JPG

目的地でも何でもありませんでしたが気になったので、新庄川を挟んだ対岸の道の駅 メルヘンの里 新庄にエスパーダを停めました。
あ、ちなみにこの道の駅、定休日ね(この展開もう飽きたよ)。
CIMG3964.JPG

さてさて。
この集落、いったい何なのでしょうか?
何故に全ての屋根がオレンジ色?
CIMG3946.JPG

CIMG3942.JPG

近づいてみると、ちゃんと案内が出ていました。
出雲街道 新庄宿!
CIMG3944.JPG

勝山からそれほど距離があるわけではないですが、山の反対側にあるせいでしょうか?
ここまで見てきた宿場町とは、明らかに異なる印象を受けます。
CIMG3949.JPG

この街道の脇に植えられたたくさんの桜、これは「がいせん桜」と呼ばれ、かつて日露戦争に勝利した時、記念に植えられたものなのだそうです。
然るべき時期にはとても美しい光景となるそうですが、ほんの数週間の違いでご覧の様子です・・・。
CIMG3951.JPG

今行けばこんな感じかな?(公式HPより抜粋)


倉敷の建築様式と似ている部分もありますが、どの家も門口が広く取られ、また背が低く造られています。
CIMG3952.JPG

CIMG3953.JPG

それに何と言ってもこのオレンジの瓦が気になるー!!
なんでみんな同じ色なの?
CIMG3955.JPG

CIMG3959.JPG

結局その答えはここでは出ず、先を急ぐこととしました。

つづく。

18:42 | vehicle:GS125E | comments(0) | trackbacks(0)
COMMENTS
COMMENT?










TRACBACK URL
http://code2501.jugem.jp/trackback/1160