<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< めざせ遥かな地平II:その07 岡山編3【倉敷後半】 | TOP | めざせ遥かな地平II:その09 岡山編5【備中松山〜勝山】 >>
めざせ遥かな地平II:その08 岡山編4【豪渓〜高梁】

続き。

倉敷を出て、今度は北上します。
忙しいルートです(笑)。

すると田園風景の中、突如現われた五重塔!
もし、目的地として設定していなかったら、びっくりしたに違いありません。
CIMG3748.JPG

他にも興味深い史跡があるようですが、時間もないので五重塔のみに絞りましょう。
CIMG3759.JPG

CIMG3749.JPG

この「備中国分寺五重塔」は奈良時代に建てられたものを、江戸時代に再建したもののようで、当然、国の重要文化財に指定されています。
しかし何故にこの場所に五重塔だったのか、不思議です。
CIMG3751.JPG

近くで見ると、やっぱりすごい迫力。
CIMG3753.JPG

五重塔を堪能した後は更に北へ、エスパーダを今夜の宿泊先に向けるのですが、ここで思わぬ場所に出くわしました。
名勝 豪渓???
CIMG3764.JPG

名勝というからには、さぞ素晴らしい光景が見られるのかと思いきや、特にそんなふうでもなく。
また、観光地として整備されているようなふうでもありません。
何ここ?
CIMG3779.JPG

とりあえず渓流に沿って走らせるのですが、至って普通のよくある峠道です。
CIMG3777.JPG

と不思議に思っていたところで、ありました!
うおっ!?
すごい奇岩!!
CIMG3787.JPG

これはあれだ、かつて名張で見た香落渓(こおちだに)にそっくりです。
CIMG3790.JPG

CIMG3797.JPG

奇岩群は続きます。
この先もすごかったけど、残念ながら写真はございません・・・。
CIMG3799.JPG

後で知ったことですが、ここが名勝とされているのはこの奇岩群によるものだけではなく、秋に渓を彩る見事な紅葉があるためなのだそうです。

なるほど。
この時期じゃあ分かりませんね。
そして見てみたいですわー。

豪渓を越えて、道の駅 かよう。
ここで一休み。
CIMG3801.JPG

ここからは西に折れて、宿泊先である高梁市を目指します。
CIMG3812.JPG

しかしここがすごかった!
地図でご覧になってもお分かりになるかと思いますが、ループ橋とそれに続く豪快なコーナー、そしてジェットコースターで急降下でもするかのような落差!!


初めて走る道ということもあって、エスパーダのギアをいつもより1段低く、エンジンブレーキを多用して下りていきます。
CIMG3813.JPG

眼下に見える高梁市。
これよりもう少し手前から見た景色がもっと良かったです。
CIMG3815.JPG

ようやく高梁市市街地に辿り着いた頃には、エスパーダの調子がどうも悪いです。
妙なメカノイズが混じり、回転数に落ち着きがありません。
下手をするとストールしそうになります。
エンジンブレーキを酷使した影響でしょうか?

熱ダレ?

そう言えば北海道ツーリングの時もこんなことあったっけ。
あれは確か、新潟だか富山辺りで峠を下りる時に、同じようにエンジンブレーキを酷使した時だったと思います。
その時は、エンジンをクールダウンした後なんともなくなったので、今回もそれに倣うことに。

スローペースで高梁市内の商店街へ。
CIMG3824.JPG

今夜の宿泊先、ビジネスホテル高梁。
今回の旅は、3日に1度くらいのペースでビジネスホテルを使っていく方針です。
CIMG3823.JPG

今日の経路概略。
走行距離222km。
累計522km。


つづく。

12:53 | vehicle:GS125E | comments(0) | trackbacks(0)
COMMENTS
COMMENT?










TRACBACK URL
http://code2501.jugem.jp/trackback/1158