<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 君馴らし後:その3 | TOP | 春は出会いと別れの季節:その2【月ヶ瀬編1】 >>
春は出会いと別れの季節:その1【奈良へ】

3月4日、この日フォロワーさん達に呼びかけ、第2回GNミーティング@ツイッターを行うことにしました。
この日を最後にやすみんがGNを下りるので、最後に楽しい思い出を作ってあげたいと思います。

ぼくの方はと言うと、企画ももちろんですが、整備も大詰めです。
エスパーダは骨折後ちゃんとしたツーリングに参加していなかったので、前日、バイク7(ナナカンパニー)さんにエンジンオイル交換含め、しっかりやってもらうことにしました。
久しぶりにバイク7さんを訪れると「右手はもう治った?」と予想外の一声。
しっかりこのブログを読んで下さってるみたいです。
うわあ・・・ありがとうございます!
CIMG2409.JPG

結局大したことは出来ませんでしたが、ざっと掃除してYZF-R1と並べてみました。
こうして並べてツーショットを撮ったのは実は初めてかも?
CIMG2407.JPG

全然違うバイクのはずですが、どこか似たような雰囲気になってるのが面白いところ。
同じオーナーのバイクだってことが分かりますよね(笑)。
CIMG2408.JPG

さて、一夜明けてミーティング当日です!

つか、寒っ!!

昼間は随分暖かくなってきましたが、早朝はまだまだ寒いです。
この日も気温は氷点下をマークしておりました。
しっかり暖気してからエスパーダを走らせます。
CIMG2412.JPG

早朝の名四(23号)をそれなりのスピードで走らせると、とにかく寒い!
いや、寒いって言うか痛い!!
そんな名四レーシング中に立ち寄ったオートレストラン長島ですが、こちらは3月末をもって閉められるようです。
このタイプのお店はあまり見かけなくなり、ちょっと危惧しておりましたが、やっぱりその日が来たかという感じでしたね。
CIMG2413.JPG

こんな昔ながらの営業風景も見納めだと思うと、急に悲しくなってしまいます。
CIMG2415.JPG

身体も温まってきたことだし、そろそろ出発しようとナビ(Google map)を起動させようとすると、何故か立ち上がりません。
よく見るとアップデートをしろと言ってるみたいです。
よりによってこんな時にですか・・・。
CIMG2414.JPG

幸いアップデートはものの数分で終わり、心配は杞憂に終わりました。
それにしても嫌なタイミングでした。

途中、グロムに遭遇しシグナルダッシュを仕掛けるも、相手はやる気のない様子でその後も一人、名四レーシング。
同じ原二で高性能と評価が高いバイクなので、それをこの目で確かめたかったのですが・・・。
CIMG2419.JPG

鈴鹿付近で給油し、小休憩。
エスパーダの燃費は相変わらず33km/l付近。
CIMG2426.JPG

鈴鹿山脈を脇目にソロツーは続きます。
CIMG2430.JPG

CIMG2428.JPG

そしてそして、ようやく集合場所の伊賀のコンビニに到着です!
わーい!GNが集合してますよ☆
CIMG2451.JPG

gen2(ゲンジ)さんのGN125-2F。
2F純正ならこの色が一番かっこいいかなー?と個人的に思います。
CIMG2449.JPG

なにげにアクセサリー類が豪華でした!
このアクションカメラは初めて見ましたが、よさげですね。
CIMG2436.JPG

CIMG2437.JPG

YukiyaさんのGN125H。
ぴろみんぬ号と同じように、ホイールを黒に塗装されておりました。
CIMG2440.JPG

白波さんのGN125H。
ほぼノーマル・・・かな?
CIMG2448.JPG

ツダさんのGN125H。
こちらもほぼノーマルなのですが、とにかくピカピカ!
既に13000km走っておられましたが、とてもそうとは思えないくらい、きれいな状態を維持されておりました!
敬礼!(`・ω・´)ゞ 
CIMG2447.JPG

そして本日の主役、やすみんのGN125Hアーミースペシャル。
前回の時もセンスの良いカスタムで一際目立っておりましたが、更に手が加えられております。
CIMG2456.JPG

CIMG2444.JPG

セパハン!
CIMG2453.JPG

自作バクステ!
CIMG2454.JPG
 

CIMG2777.JPG

そして元GN乗りのHaruさん(Ninja250R)を加え、最初の目的地に向かいます。
いざ、奈良へ!
CIMG2460.JPG

つづく。

03:19 | vehicle:GS125E | comments(0) | trackbacks(0)
COMMENTS
COMMENT?










TRACBACK URL
http://code2501.jugem.jp/trackback/1141