<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
君馴らし後:その3

続き。

到着したのは豊橋市、向山緑地梅林園でございます。
CIMG2294.JPG

市街地の中にある、どう見ても普通の公園にも関わらずいきなりたくさんの梅が迎えてくれました。
これは期待できそう!
こんな場所が豊橋にあるとは知らなかった。
CIMG2297.JPG

ざっと見ただけでもたくさんの梅が植えられていることが分かります。
それぞれの樹に札がかけられているので、お気に入りの種類が判ってとても良い配慮ですね。
CIMG2307.JPG

良いタイミングでメジロが来ていたので、激写!
CIMG2313.JPG

CIMG2317.JPG

この公園にある樹木の殆どが梅という状況。
このシーズン以外はどんな顔をしているのか、ちょっと気になったりします。
CIMG2319.JPG

CIMG2333.JPG

CIMG2303.JPG

CIMG2335.JPG

CIMG2336.JPG

お店も出ていたので、ぼくらも腰掛けてまずは一服。
CIMG2349.JPG

鳩も人間に慣れてるなあ・・・。
CIMG2323.JPG

CIMG2353.JPG

やっぱこういう場所ならぜんざい!
白玉ぜんざいでしたよ。
CIMG2355.JPG

枝垂れ梅もきれい!
CIMG2339.JPG

CIMG2347.JPG

いやー、思いっきり堪能できました。
Z125のお父さん、ありがとう☆
ただ残念なのは、駐車場がないので、クルマで訪れるにはちょっと厳しいとこですかね。
バイクなら全然問題ないです。
CIMG2362.JPG

元来た道を戻ります。
豊川沿いの堤防、再び。
CIMG2370.JPG

CIMG2371.JPG

こちらも再び、道の駅 つくで手作り村。
思った以上に三河フランクにはまっていた、こへくんが本日2本目を注文(笑)。
数時間で停めてあるバイクも総入れ替えして、中にはH2もいました。
CIMG2383.JPG

CIMG2382.JPG

帰りの301号は一度通ったということもあり、また道なりなので迷うこともない、ということで高速区間でこへくんに先導をお願いしました。
CIMG2385.JPG

やっぱり追いかける方が精神的に楽ですね♪
そして後ろからバシバシ撮ります。
CIMG2397.JPG

CIMG2400.JPG

初めてのバイクで、しかも大型を上手く乗っていると思いますが、やはりラインが気になるかなー?
安全かつ速く走れるラインがあるので、これから色々自分で探っていってくれると良いですね。
動画は逆光かつスクリーンが小傷だらけなので、あまり画質が良くないですが、良い勉強材料になると思います。
メーターに映るJUN様も見所です(笑)。



ご本人は思った以上に倒せてないなあ、なんて仰っていましたが、公道でこれなら十分だと思います。
ここから先は(安全に楽しむなら)サーキットの領域ですね。
ちなみに今回、同じように同じスピードで走って、ぼくの方がアマリングの幅がありました。
CIMG2405.JPG

これを考察するに、恐らくぼくの方がより倒さなくて良いラインで走っている、そしてハングオフのポジションでコーナリングしている、ということが挙げられると思いますが、正直骨折前に比べてだいぶ乗れてない感が強かったです。
スランプ気味・・・。
CIMG2404.JPG

暖かくなったら調子が戻る・・・と信じたいですね。
とりあえずこへくん、おつかれさまー!

20:37 | vehicle:YZF-R1 | comments(2) | trackbacks(0)
君馴らし後:その2

続き。

昨夜の修理から一夜明けて翌日。
ツーリングコースは観光も良いけど、まずは山道に慣れてもらおうと、ホームコース(301号)をチョイスしてみました。
初心者にとってこれほど勉強になる道もないでしょう。
ありとあらゆるコーナーが存在し、道幅、路面状態も申し分ないです。
CIMG2238.JPG

前半のハイスピード区間。
CIMG2236.JPG

特にコーナーではスピードを抑えて走りましたが、思った以上に心配するようなこともなく、ちゃんとついてきてましたね。
CIMG2242.JPG

お約束のつくで手作り村で休憩。
この時期にも関わらず、バイクが集まってきていました。
CIMG2247.JPG

こちらもお約束の三河フランク。
こへくんも大いに気に入っていたようです。
良かった♪
CIMG2246.JPG

CIMG2253.JPG

めっちゃきれいな状態のTZR。
この型はぼくも大好きで、こんなに良い状態で維持してくれていることに感謝です。
2ストほしくなっちゃいますよね。
CIMG2252.JPG

CIMG2257.JPG

写真を撮っていると話しかけてくださったご年配の方のZ125。
ご夫婦で原二に乗ってツーリングにいらしておりました。
これから豊橋の向山公園に梅を観に行くということで、なんだかほっこりしちゃいました。
ここからの下りは急勾配+連続低速コーナー区間、どうか道中お気をつけて!
CIMG2255.JPG

CIMG2256.JPG

ちょっと早めのお昼ごはんは「やまりんどう」のモーニングで!と思っていたのですが、なんと臨時休業。
この時期だからやってないのか、それとも別の理由なのか・・・とにかく残念です。
CIMG2258.JPG

再び手作り村に戻って、名物のハヤシライスを頂くことにしました。
トマトの酸味が素晴らしい逸品でございます。
CIMG2259.JPG

予定ではこのまま新城まで下り、再び折り返して本日のツーリング終了、とするつもりでしたが、先程の老夫婦のお話を伺ってからと言うもの、梅が気になって仕方ありません。
もう行くっきゃないでしょ!
レッツ豊橋!
CIMG2266.JPG

 

初めて走る者を恐怖のどん底に陥れる、急勾配ヘアピンの連続をクリアして新城へ。

そして301号を外れて、豊川沿いの堤防を走ります。
良い眺め!
CIMG2267.JPG

CIMG2288.JPG

後ろには新城の山々。
この道もなかなか良いですね。
CIMG2271.JPG

つづく。

00:00 | vehicle:YZF-R1 | comments(0) | trackbacks(0)
君馴らし後:その1

GSX-S1000の馴らし運転が終わったという、職場のこへくん。
小回りが上手くなりたいとの思いから、日々練習に励んでいたのは良いのですが、早速転倒してしまった模様。
被害は大したことないものの、チェンジペダルの先が折れてしまったらしく、スズキにて部品を発注・・・そして何故かぼく立会いのもと、交換することに・・・。
CIMG2200.JPG

翌日早朝からツーリングの約束をしていたので、この日のうちにやらねばならないのは仕方ないのですが、やっぱり暗い中、しかも満足に工具もない状態で作業するのは不安しかないですなあ・・・。
CIMG2202.JPG

そして嫌な予感は的中。
古いステップのペグを取り外す作業中、ペグを取り付けているボルトが舐めてしまいました。
色々と打開策を考えてみたものの、明日までに間に合いそうな良いやり方が思い浮かばないので、奥の手です!

2りんかんでチェンジペダルの先(汎用品)を1080円で購入。
CIMG2203.JPG

気が進まないですが、我が家で作業開始。
CIMG2205.JPG

折れたペダルの先。
当然、折れた部分が残っているので、これをドリルで破壊。
CIMG2207.JPG

穴の径を調整しサンダーで取り付け表面を均します。
CIMG2208.JPG

汎用品取り付け。

もちろん回り止めも塗っておく。
CIMG2210.JPG

問題なく取り付けに成功しました♪
CIMG2211.JPG

CIMG2213.JPG

元に戻して完成です。
上手いこといきました。
修理のはずがドレスアップになっちゃいましたね。
こういう経験がカスタム沼の入り口ですので、要注意(笑)。
CIMG2214.JPG

お腹が空いたので晩御飯はおごってもらうことにしました。
夜の街を走るYZF-R1とGSX-S1000。
CIMG2219.JPG

2台とも夜の街が似合いますね。
CIMG2224.JPG

しずるで普段は絶対食べない大盛りを注文。
めっちゃ多いです。
CIMG2228.JPG

疲れたので明日は適当に近場を走って終わらせよう、うん、そうしよう(笑)。
CIMG2230.JPG

つづく。

00:16 | vehicle:YZF-R1 | comments(0) | trackbacks(0)
知多にヤエステを求めるのは間違っているだろうか?:その2

続き。

師崎を折り返して向かう先は、野間灯台。
CIMG2148.JPG

これまでも何度か訪れている恋人たちの聖地なわけですが、関係なしにR1で乗りつけます。
CIMG2156.JPG

YZF-R1と灯台もなかなかに良いマッチングですね♪
エスパーダとかより良いかも。
CIMG2152.JPG

以前来た時はなかったのですが、車両乗り入れ禁止の立て看板が設置されていました。
もともとクルマでは入れなかったことを考えると、やっぱりバイクで乗り入れる人が多かったのでしょう。
QRAN BERRIESのPVみたいなことは、もう出来ないですね(←お前のせいじゃないか!)。
CIMG2157.JPG

CIMG2158.JPG

もうちょっと天気が良かったら最高だったのですが・・・思いっきり冬空って感じです。
CIMG2159.JPG

せっかくなので色々撮ってみる。
CIMG2167.JPG

CIMG2161.JPG

いつぞやに訪れた時、この近くにある灯台ラーメンさんが美味しくてその味が忘れられず、お昼は絶対に灯台ラーメン!と決めてきたのですが、店頭に出ていた看板は残念なことに「準備中」。
たしかにちょっと遅い時間ではありましたけど・・・無念。

気を取り直してこちらも前回訪れた、キャプテンぶぅひぃず。
しかーし!ここも準備中。
CIMG2172.JPG

仕方なくお隣の「モンキー」さんに入ってみました。
「ぐっさんも食べた」スタミナ唐揚げ定食が気になります(絶賛したとは書いてない)。
CIMG2174.JPG

うわ、やっぱり多いや。
食べれるかー?
CIMG2175.JPG

なんとか完食。
お味は・・・濃い目。とにかく濃い目。
不味くはないけど、ぼくにはちょっと濃すぎたかな。

そして帰りは以前と逆走する形で、見覚えのある菜の花の続く道に出ました。
CIMG2195.JPG

CIMG2178.JPG

ここでも記念撮影。
お花との相性も良いですよね、R1。
CIMG2186.JPG

CIMG2190.JPG

その後知多半島道路に出て、あっという間に帰宅。
走行距離200km弱と、まさにプチツーでした。
CIMG2198.JPG

これが右手完治後、最初のYZF-R1ツーリングになったわけですが、なんだかまだまだ身体が馴染んでない気がします。
時期的な問題もあるとは思いますが、変なところに力が入ってる感じだし、心なしかバイクも素直に走ってる感じがしません。
リハビリとしては妥当なところなのでしょうが・・・ちょっとこの先不安です。

それはともかく、せっかく手に入れたヤエステ、どこに貼りましょうかね。
 

01:31 | vehicle:YZF-R1 | comments(2) | trackbacks(0)
知多にヤエステを求めるのは間違っているだろうか?:その1

だいぶ前の話になりますが、フォロワーのナスちゃんから、カッティングシートから切り出したクロミちゃんステッカーが届いておりました。
めっちゃクオリティー高っ!!
これを手作業で切り抜くのは本当にすごい!
不器用なぼくには絶対、真似出来ませんね。
CIMG0272.JPG

以前貼っていたクロミちゃんステッカー(自作)は剥がしてしまったので、改めてこちらを貼ります。

こちらは貼る前。
既に貼ってある他のステッカーも位置を替えて並べなおします。
CIMG0271.JPG

完了♪
CIMG0274.JPG

ナスちゃんありがとー☆
CIMG2199.JPG

ここからはつい最近のお話。
ことごとくヤエーしまくるぼくは、マスツーするとドン引きされるほどです。
ぼくの後続を走る場合はまだ良いのですが、ぼくより前を走る(普段ヤエーしない)人にとっては相当プレッシャーでしょう。
何せヤエー返しされると、自分はしてないのにされたわけですから、咄嗟にヤエーせざるを得なくなります(笑)。
そんなぼくがヤエステを欲しがるのは当然のことで、ただそれがこれまで愛知県内で設置されている場所がなく、機会があれば是非ゲットしたいと思っていたのでした。
ちなみにヤエステとはヤエーステッカーのことで、全国の有志により、道の駅やライダーに縁のありそうなお店に無料で設置・配布されています。

そんなヤエステが新たに愛知県は知多半島、ぽんカフェさんに設置されていると聞き、早速行ってみることにしました。
ぽんカフェさんは以前、行ったことのある場所だし何せご近所。
ヤエステを求めてプチツーのスタートです。
CIMG2114.JPG

何故だか冬ほど海に行きたがるぼくです。
夏のような賑やかさ、喧騒がなく、それが良いんですよね。あと、よほどの寒さでなければ、山のように凍結の恐れがないのも大きいです。
CIMG2120.JPG

以前、トシさん&まっちゃんが企画してくれたツーリングコースを逆回りで駆け抜けます。
あまり天気が良くないのが残念ですが、それほど寒くもなく、またR1なのでその点については快適です。
CIMG2122.JPG

ぽんカフェさんに到着!
海に面したオシャレなぽん菓子専門店です。
CIMG2133.JPG

CIMG2126.JPG

店内はカフェにもなっており、色々なメニューがありました。
CIMG2131.JPG

CIMG2129.JPG

CIMG2130.JPG

見つけました♪
やった!初ヤエステゲット!!
v(・∀・)yaeh!
CIMG2128.JPG

他にも、バイクで来たお客様限定で、とステッカーとぽん菓子1個を頂きました。
ありがとうございます!
CIMG2135.JPG

暫くここでくつろいでから、再び出発します。
CIMG2136.JPG

まずは南端を目指して・・・
CIMG2138.JPG

折り返し地点。
知多半島をぐるっと回るコースになるので、ここからは北上します。
CIMG2146.JPG

つづく。

00:16 | vehicle:YZF-R1 | comments(8) | trackbacks(0)
君の馴らしは。

 

以前にお話したとおり、職場の方=こへくんが人生初のバイクを購入しまして、納車少し前に頼んでおいた部品がどんな具合に付いているか、一緒に見に行くことにしました。

ヨシムラのスクリーン!
image1 (1).JPG

これくらい大きいと風防効果ばっちりでしょうね。
スモークなのも良いです。
image2 (1).JPG

R1にも大きくてスモークのスクリーンがあると何かと良さそうなのですが、R1に大きめのスクリーンはちょっと不細工になっちゃうのと、スモークだとGoProをスクリーン内側に付けた時に画質が悪くなってしまうため、どちらかに当てはまるスクリーンは避けているのです。
なので結局ノーマルのままなんですけどね。

フェンダーレスキット。
image1.JPG

LEDヘッドライト。
車検に通るかは微妙という代物だそうですが・・・え?ディーラーでそんなん付けれるんですか・・・?
とりあえずかなり明るいです。
image3 (1).JPG

他にもETCが取り付けられていたり、良い感じです。
ここで跨らせてよ!とお願いするも納車するまでダメ!と、こへくんご本人に断られてしまったため、ディーラーさんの計らいで、こちらの青い子に跨らせて頂くことになりました。

いつもありがとうございます!

ちなみにぼく個人でこのお店を使わせて頂く時は、旧いバイクの安いパーツを買うだけ買っておいて取り付けは自分という、まったく儲けにならない最悪な客です(笑)。
image3.JPG

身長170センチ(足短い)のぼくが乗ってこんな感じ。
MT-09と比べてかなりポジション良好、ハンドルがちょっと近すぎる気がしないでもないですが、全然アリでしょう。
取り回しは比較的楽そう。
image2.JPG

-----------------------------------------------------

さてその後、無事納車され、さっそく外装馴らしをしてしまったらしい(笑)こへくん。
この日お互い公休だったので、ツーリングへ行く約束をしておりました。
ところが、どうしても外せない用事が出来てしまったらしく、午前中にしか会えないという連絡が。
んで、何やら洗車とか手入れの方法とか色々訊きたいことがあり、我が家に来たいとのことだったので、とりあえず某ホームセンターの駐車場で待ち合わせ。

赤×黒はかっこいいね♪
CIMG2042.JPG

まずは我が家までレッツゴー。
CIMG2044.JPG

CIMG2043.JPG

ここにはこれを、あそこはあれを、みたいなメンテナンス情報をメインにバイク談義。
知らないと危ないことやっちゃう人もけっこういますからねえ。
CIMG2052.JPG

出荷状態であちこち付いてるステッカー剥がしも、ここでやっちゃいました。
CIMG2051.JPG

さて、微妙に空いている時間があるので何処かへ走りに行きたいとこですが、どうしましょうか。
たくさんの時間が残されているわけでもないので、あまり遠くへも行けません。
お任せします!とのことだったので、あれこれ考えた挙句、いつものコース=国道153号からの香嵐渓をゴールに設定してみました。
こへくんは13時までに名古屋市内、中心部にいなければなりません。
まあ、帰りは高速使えば間に合うでしょ。
そんなわけで、1000kmまでは5000回転縛りという馴らし中のGSXにR1はさぞ辛いんじゃなかろうかと思いつつも、緊急時の対応と高速に乗ることを鑑みてエスパーダではなく、YZF-R1でご一緒することにしたのでした。
CIMG2056.JPG

豊田市街地を抜け、勘八あたり。
この辺から良い雰囲気になるのです。
CIMG2063.JPG

久しぶりすぎるR1、ガソリンもいつ入れたか覚えてない状態だったので、途中スタンドで給油。
やっぱりリザーブ手前でした。
危ねえ(笑)。
CIMG2066.JPG

CIMG2065.JPG

153号はとっても走りやすいです。
馴らしにはぴったりなんじゃないでしょうかね。
CIMG2068.JPG

CIMG2071.JPG

しかし、しかしですよ。
R1で馴らしに付き合うのは、正直大変でした。
バイク以外にライダーの馴らしもあるので、ストレートだけでなく、コーナーでも気を遣います。
CIMG2073.JPG

そして、そんなことを考えているうちに、香嵐渓に着いてしまいました。
あああ・・・・呆気なさすぎる・・・・もっと走りたい・・・。
CIMG2079.JPG

ちなみにこの時期の香嵐渓に見るべきものは何もありません!
最初から分かってましたけど(笑)。

コンビニで適当にランチを買って、すぐさまもと来た道を引き返します。
え?目的地まで案内してほしい?

・・・スマホマウントも電源もないことだし、うーん、仕方ないなあ・・・。

それならばと高速を使うことを提案したのですが、なんとETC機器は付いているものの、カードがない。
じゃあぼくはETC通るけどそっちは現金のゲートで・・・え?高速あんまり使いたくない?

・・・。

名古屋の中心地へR1で行きたくはなかったのですが・・・仕方なくご案内することになりました。
こりゃあエスパーダで来た方が良かったですね・・・。
CIMG2080.JPG

色々ありましたが、とりあえずご本人は満足されていたので、よしとしましょうか。
次にツーリング行くまでに馴らしは終わらせておいて下さい。
もし終わってなかったらエスパーダですね。

あ、あとスマホマウントと電源も引いておきましょう。
こへくんのバイクライフのこれからに乾杯!
20:20 | vehicle:YZF-R1 | comments(0) | trackbacks(0)
スロベニアの赤い蠍

YZF-R1純正マフラー、ぼくはとても好きです。
たしかにやや大きく、野暮ったいと言えば野暮ったいのですが、それでもまるで戦闘機のような後姿を演出するには秀逸なデザインであり、ある1社のマフラーを除けばこれ以上はないとさえ思っています。

そのある1社のマフラー、それはスロベニアの赤い蠍、そう、アクラポビッチ!
CIMG9916.JPG

そうまでこのアクラポビッチに思い入れがあったわけですが、それで何故今まで装着を考えなかったかと言えば・・・
現代日本の騒音規制基準に合わない、つまり車検に通らないからです。
そしてもうひとつは非常に高額であること。
実は車検対応のマフラーもあるにはあるのですが、やはり高額であり、それほど出回ってもいないのでオークション等で中古で見つけることは困難でした。

そんなアクラポビッチに恋焦がれて早数年、チャンスは訪れました。
そして落札!
非常に綺麗なほぼ新品と言えるような逸品で、約1/3の価格!
それでも十分に高価な代物なので、GT-8(クルマ)購入以来の大きな出費です。
CIMG9935.JPG

いやあ・・・美しい!本当に美しいですね!
チタンとカーボン製でびっくりするくらい軽いです。
そして何より、アクラポビッチなのにJMCA公認!(バッフルは外せません)
JUN的には車検の度にパーツを戻さなければならないようなカスタムは、本来「公道で走ってはいけない」カスタムだと思っているので、絶対に避けたいものでした。
ですからこれは本当に嬉しいですね。
CIMG9940.JPG

まあその分、性能的には恐らくノーマルと大差ないでしょうが、そこはそれでも良いと思っています。
性能を低下させるようなものならともかく、そうでないなら十分アリです!
YZF-R1の性能はノーマルで十分素晴らしいものですから。

さて、そんなアクラポビッチを取り付けていきましょう。
ライダーシートとタンデムシートを取り外し、以下のボルトとクリップを外していきます。
CIMG9923.JPG

R1のクリップはプラスドライバーで回してやれば中央が浮き上がり、外せるタイプのものでした。
周囲の部分を押さえてやれば、簡単に作業出来ます。
CIMG9924.JPG

忘れがちなのがここ。
テール裏側にもクリップがあります。ここのクリップは中央を押してやるタイプです。
CIMG9925.JPG

シートロックのワイヤーも外せばテールカウルは外れます。
CIMG9926.JPG

CIMG9927.JPG

右側のサイレンサーを外していきましょう。
根元のバンドを外します。
CIMG9928.JPG

サイレンサーを吊るしているこのボルトを外せば、すぽっと抜けます。
CIMG9929.JPG

左側のバンドはこの位置。
CIMG9930.JPG

両方とも外れました。
簡単!
CIMG9932.JPG

ノーマルマフラーとの比較。
こんなに大きさが違います。
CIMG9934.JPG

こうして見てもノーマルもかっこいいよなあ、と改めて思ってみたり。
それと意外なことにノーマルマフラーも純正にも関わらずチタン性で、この大きさに見合わない軽さでした!
それでもアクラポビッチの方が更に軽いのですが・・・さすがヤマハのフラッグシップモデル、徹底した軽量化で伊達じゃないですね。

さて、サイレンサーが外れたらノーマルのアダプターを付属のものに交換します。
CIMG9936.JPG

そしてボルトオン!
CIMG9937.JPG

ああああああ、美しいいいいい!!
CIMG9938.JPG

右側はどうやってもエキパイにはまらず、少しばかり悩みました。
よく見ると、この部分だけガスケットというかバンデージのようなものが巻かれていました。
そりゃはまらないわけです。
マイナスドライバーでこじって剥がしました。
CIMG9939.JPG

これで右側も装着完了!
CIMG9942.JPG

あとはテールカウルとシートを戻して完成です!
簡単!!
CIMG9941.JPG

そう言えば車種専用設計、ポン付けパーツの装着なんて久しぶりで、こりゃあ楽なわけですよね。
まさにプラモデルを素組みする感覚です。
フルスクラッチが基本のぼくにとっては感動を通り越して、ちょっと拍子抜けな感じでした。

さて!
では試乗してきましょう!
CIMG9950.JPG

アイドリングの音はノーマルをやや大きくしたような音。
うるさすぎるということは決してありません。
CIMG9943.JPG

そして回転を上げていくと・・・これは気持ち良いー!
ノーマルにも増してドコドコ感というかあのV型エンジンのようなクロスプレーン独特の音が強調されています。
これで音が大きすぎるようなら考え物ですが、そこはJMCA公認、本当にいい塩梅で低音が効いている程度の、とてもジェントルなサウンドでした。
CIMG9945.JPG

CIMG9946.JPG

性能については・・・さっぱり分かりません(笑)。
それでも良いんです、この美しさ、これがR1本来の姿と言わんばかりに調和が取れていると思いませんか?
お高いですが、良い買い物をしました。
CIMG9954.JPG

CIMG9953.JPG

 

22:00 | vehicle:YZF-R1 | comments(4) | trackbacks(0)
ヤマハにまつわるエトセトラ

えー、なんと、愛弟子のあっきーが増車しました。

何でも千葉在住の女性ライダーが、ある事情からバイクを手放すことになったらしく、あっきーがその引き取り手として名乗りをあげたらしいです。
この日、千葉で引き取ったバイクを自走して帰ってくるというので、やや遅い時間ではあるけれど、上小田井のmozoで待ち合わせ。
CIMG9453.JPG

しかし初めてのバイクで高速を長距離走るという条件はかなり厳しかったようで、かなり遅れて到着。
それと場所はマックに変更しました。

おー!!
これは・・・ひょっとして・・・
CIMG9457.JPG

アフリカツイン!?

CIMG9460_1.jpg

いいえ、トリッカーです(笑)。
あっきーが跨るとめちゃくちゃ大きく見えますね。
CIMG9462.JPG

オシャレな造形がヤマハらしく、細かいところまでセンスの良さが光るバイクです。
それにしてもあっきーがオフ車を選ぶとは、意外でした。
CIMG9464.JPG

前のオーナーさんが乗りやすいようにローダウンを始めとしたカスタムをされており、乗りやすくなっているようでした。
CIMG9465.JPG

J「これから何かカスタムとかしたりするの?」
あ「うーん・・・スズキだとカスタムしないとって感じはするけど、ヤマハはそのままの方が良いかと思って」
J「そうだね。まさに・・・」

J&あ「#ヤマハが美しい!!

CIMG9463.JPG

GN師弟コンビでもありましたが、ヤマハ師弟コンビも結成です(笑)。
ぼくに影響されたのか、分かってるじゃないか、あっきー!

それはそうと、トリッカーがめちゃくちゃ気になっていたぼくは、早速乗らせて頂きました。
cQ2CI8a-.jpg

5g81P_gg.jpg

ああ、これは良いね!
ポジションはGNをそのままオフ寄りに近づけた感じで、さほど変わりません。
前オーナーさんが女性でローダウンをしていたこともあり、身長170のぼくで足付きはべったり。
パワーはあんまりないけど、トルクはあるのでストップ&ゴーは得意だと思います。
ただやっぱり高回転型のGN(GS)に慣れていると、もっと引っ張りたくなるところで頭打ち。
まあ、それは仕方ないか。
それよりもとにかく取り回しやハンドリングが良くて、GN乗りのあっきーにはステップアップの意味も含めて、おあつらえ向きだと思いましたね。

その後はマックで晩御飯。
CIMG9469.JPG

愛知限定で「小倉ソフトホットケーキ」なるものがあったので、興味本位で注文してみました♪
CIMG9470.JPG

たぶんシロノワールみたいに食べれば良いんだよね・・・?
えーっと・・・
あれ?微妙に食べにくくね?

結果↓(無残
CIMG9473.JPG

この後あっきーと別れて名二環を走っていると、青/白の同じ型のR1がいたので暫く一緒に走ってみました。
なんだかとても楽しかったぼくは、何かの拍子に停まった時、横からv(・∀・)yaeh!

アホですねwwwwwww

そんな感じで帰ってきました(笑)。
面白かったのはここからで、この日あっきーの納車の件をツイートしたところ、フォロワーさんがさっそく引用RT。
名称未設定 2.jpg

すると、それを見たフォロワーさんのフォロワーさんが以下をツイート。
名称未設定 1.jpg

マジかwwwwwwwwwwww

いやー、そんなこともあるんですねえ。
その後すぐにお互いフォローしました(笑)。
ヤエーが繋いでくれたご縁、大切にしたいと思います。

さてさて、それから数日後のこと、いつもお世話になっているロケットパンチ39さんからお店の6周年BBQのお誘いがあったので、行って参りました。
CIMG9517.JPG

うおーっ!
これはぼくの好きなMT-01じゃないですか!!
1670ccのVツインという、頭おかしい系バイクです(笑)。
その性格も面白いですが、このデザインもめちゃくちゃ好き!
CIMG9514.JPG

最近ではMTシリーズのフラッグシップとしてMT-10が発表されていますが、どう考えてもMT-01だろうと言いたくなります。
なかったことにしたいのか!?
なかったことにしたいのか、ヤマハ!?

まあ、今のMTシリーズは全く違う路線なので、両者を比較することには何の意味もないのですけれどね・・・。
ちなみにこのMT-01のオーナーのお兄さんとは仲良くなりました♪
2016_img_mt10_5_25_top.jpg

お店の前でBBQ。
久しぶりのロケパン店長=こやっぴ〜さんとお客の面々。
CIMG9507.JPG

CIMG9511.JPG

そして、愛しのみーやん姉さん!
着いてすぐ、みーやん姉さんとみちわ姐さんが出迎えてくれたのであります!
そしてわざわざぼくの分を持ってきてくれました。
ぎゃー!幸せすぎるー!!
CIMG9506.JPG

梨々おねえちゃんは例のZZR1400のお兄さんとご結婚されておりました!
おめでとうございます!
でも相変わらず可愛らしいお方です。
CIMG9510.JPG

知らない方ももちろん、たくさんいらっしゃいましたが、同じ趣味の方とのBBQはすごく楽しかったです!
ロケパンさんには殆どお金落としてないにも関わらず、いつも暖かく迎えて頂いて本当に恐縮です。
そして6周年おめでとうございました!

そしてこちらは6月30日をもって61周年を迎えたヤマハ!
これからも良いバイクを作り続けてほしいな♪
名称未設定 1.jpg

ついでに、こちら。
もう少し先になりますが、今年も本社コミュニティープラザ前にてYZF-Rミーティングがあります!
行けたら行きたいですね。
CmVsUD6UIAAu43R.jpg

死ぬまでヤマハだろうな、たぶん(笑)。
愛してる!

22:06 | vehicle:YZF-R1 | comments(15) | trackbacks(0)
桜ツーリング2016春その3:奥山田の枝垂れ桜
こちらは別の日、岡崎方面に向かいました。

トヨタ本社工場前の桜。
CIMG8058.JPG

我が家からほんの少し走ったところなのですが・・・
CIMG8059.JPG

見事な桜並木!
どこにでもある桜並木にも見えますが、その規模が違います。
CIMG8073.JPG

めっちゃ長いです!すごい!
CIMG8087.JPG

背景が閑静な住宅街から、山のふもとになるまで続いていました。
住宅街と山、ぼくの中の岡崎って確かにこんな感じ(笑)。
CIMG8093.JPG

その先にあった目的地「奥山田の枝垂れ桜」です!
え?天然記念物?こんな近場に?
CIMG8097.JPG

どんな感じかと言うと・・・
CIMG8098.JPG

あちゃー・・・
もう散っちゃってますね。
実はこの桜も淡墨桜と同じく、エドヒガンなので周囲のソメイヨシノとは開花時期が異なるようです。
淡墨桜は高地にあってこの時期満開になりますが、この辺りでは1週間以上早い開花でした。
CIMG8095.JPG

この奥山田の枝垂桜、約1300年前に持統天皇がお手植えになったとされていて、淡墨桜ほどでないにせよ幹が太く、やはり妖怪めいたオーラを放っています。
名古屋周辺は樹齢1000年以上のエドヒガンがいくつかあるようで、びっくりですね。
全部制覇したいなあ。

そんなわけで枝垂桜は残念でしたが来年に持ち越すこととし、周りのソメイヨシノを堪能することにしました。
こんなトンデモ桜があるわりに観光客は少なく、散歩されているのはほぼ地元の方といった感じでした。
これはオススメ!
出来れば枝垂桜の満開とソメイヨシノの満開、2度来て楽しみたいところです。
CIMG8103.JPG

CIMG8102.JPG

CIMG8108.JPG



意外にも日本の原風景によく似合うYZF-R1、思えば国内限定仕様であるこのカラーリングは日の丸をモチーフにしたのでしょうか?
決して奇をてらったわけでもなく、むしろ自然なデザインなのに斬新で美しい、このR1に出会えて、乗れて、本当に良かったと思います。
CIMG8113.JPG

CIMG8114.JPG

おしまい。
04:01 | vehicle:YZF-R1 | comments(2) | trackbacks(0)
桜ツーリング2016春その2:淡墨桜
続き。

谷汲山を出て、昨年と同じように国道157号を北上。
CIMG7960.JPG

CIMG7963.JPG

山中のわりに高速コーナーばかりの、初心者にも走りやすい道です。
昨年と違って、道の脇のいたるところに桜が咲いていました。
CIMG7968.JPG

CIMG7981.JPG

30分もかからず到着!
CIMG7983.JPG

ご覧のような開けた公園の中、佇むは1本の巨木!
CIMG8019.JPG

圧巻!!

CIMG7994.JPG

昨年、逃した満開の淡墨桜です!
素晴らしい!!
CIMG8003.JPG

CIMG7995.JPG

CIMG8011.JPG

日本三大巨桜の1つで、樹齢は1500余年と推定。
CIMG8004.JPG

一般的な桜(ソメイヨシノ)が開発される前の「エドヒガン」なので、花はこぶりです。
色もやや白みが強く、可憐な印象を受けます。
CIMG8014.JPG

傍らにある淡墨観音。
1500年生きれば、それは桜ではなく神。
信仰対象としては、その辺の新興宗教より十分説得力あります。
CIMG8012.JPG

CIMG8018.JPG

今回、やや遅い時間に出発したのは理由があります。
コーヒーと桜饅頭でその時を待つことにしました。
CIMG8020.JPG

思ったより時間が潰れなかったので、おでん追加(笑)。
CIMG8032.JPG

時は来たれり!
ライトアップ♪
CIMG8038.JPG

闇に浮かびあがる淡白い桜の巨木。
神々しいです、ひたすらに。
CIMG8051.JPG

CIMG8052.JPG

昨年は思いっきり葉桜でしたが、今年は良いタイミングで来ることが出来ました。
大満足です!
満開時でも平日ならそれ程混み合わないようなので、行ける方は是非、来年辺り見て頂きたいですね。
何よりよく管理された公園なので、花見という名のただ馬鹿騒ぎしたいだけの連中がいないのが良いです(笑)。
CIMG8055.JPG

つづく。
08:13 | vehicle:YZF-R1 | comments(2) | trackbacks(0)
| 1/12P | >>