<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
【オーバーロード】イビルアイを描いてみる。

オーバーロード3期の製作発表がされましたね!
2期は半分がトカゲ回だったので、これで尺は大丈夫なのかと心配しましたが、3期がすぐにあるなら納得です。

で、まあ3期発表記念と言うわけでもないですが、イビルアイさん描いてみました。
5bd3e28b.jpg

250年生きた「国堕とし」の異名を持つヴァンパイアで硬派なキャラかと思いきや、モモンさま大好きなチョロイン(笑)。
普段は仮面を被っていますが、その素顔はお約束どおりの美少女です。
エントマぼこっちゃったので、確実に殺されそうですが。
7aaf0671-s.jpg

さて、とりあえずラフを起こし、色を乗せてバランスを確認。
ee001.jpg

ee002.jpg

いつもどおりの行程で塗っていきます。
ロリババアでヴァンパイア、金髪・・・となると忍野忍とだいぶ被るのは仕方ないですよね。
ee004.jpg

かっこよさと萌えのバランスが難しいキャラです。
萌え寄りにすると間違いなく忍になってしまうので、萌え路線はこれくらいに留めて、衣装の描き込みに注力しました。
test06.jpg

難しかったのは、ボロボロのスカートの表現。
描き方は色々あるのでしょうが、まずは普通のフレアスカートを描き、裾を穴状に消しゴムで消していくという手法を取りました。
test03.jpg

test04.jpg

衣装はややアレンジ、独自の解釈を加えています。
特に背中はだいぶ露出させてみました。
test05.jpg


装飾品もじゃらじゃらさせて、ヴァンパイアらしくしてみる。
test07.jpg

鎖の描き込み。
test08.jpg

test09.jpg

顔がちょっと気に入らなかったので、挑発的な表情に修正。
うむ、らしくなったぞい。
test10.jpg

色調補正から影の描き込み+ハイライト描き込み。
それとタトゥーでアクセントを入れてみました。
ee008.jpg

全体。
ee006.jpg

背景を作って完成!
ee007.jpg

例によって大きいサイズはpixivでご覧頂けますので、宜しければどうぞ!


 

00:39 | works | comments(0) | trackbacks(0)
【オーバーロード】ナーベラル・ガンマ×RGVガンマを描いてみる。

「ナーベラル・ガンマ、鈴菌が威を示せ!」

と言うわけで、今回はナーベことナーベラル・ガンマとスズキRGV-Γを描いていきます。
当初は「冒険者ナーベ」とモモンさんを一緒に描くつもりでしたが、ふと「ガンマ×ガンマ」という題材を思いつき、あ、これはほっといたら絶対誰かやるなあ、と危機感(?)を感じたのでやや急ぎ足でこれに取り組むことにしました。

オーバーロードでは例に漏れずのヒドイン、ナーベラル・ガンマ。
守護者というわけでもないのに出番が多いためか、人気のクールビューティーさんです。
01.jpg

RGV-Γは数あるバリエーションの中からどれを選ぼうか迷うところですが、わりとまだ記憶に新しい1999年のGP500にてケニー・ロバーツJr.+青木宣篤選手が年間ランキング2位を獲得したスズキのファクトリーマシンに決めました。
(写真は模型)
14081_1.jpg

バイクから描き起こします。
意外に思われるかもしれませんが、バイクをちゃんと描くのはこれが初めてです。
おかしなことになってても、温かい目で見守ってやってください。
まあ、初めてとは言ってもらくがき程度のものはよく描いているので、まったくわけが分からない、ということはありません。
ぼくの描き方はまずホイールベースを決め、そこから車体全体を描きこんでいく感じです。
だいたいホイール間の距離はホイール1.5分のようなので、まずはそれで位置決めします。
次にFフォークのキャスター角を見てハンドルとタンクの位置等を割り出していきます。
test.jpg

あとは楽ですね。
それに沿ってカウルを書き込むだけです。
test03.jpg


ナーベをこの上から描いていきます。
せっかくなので、スズキマークを作ってもらいました♪
nabe02.jpg

ナーベとガンマを切り離し、別ファイルで作業します。
同一ファイルで作業しても良いのですが、やはりレイヤー管理が煩雑になるのでこの方が楽です。

ガンマの足周りを図形ツールで描画していきます。
ここで手抜きするとデッサンが狂いがちなので、しっかりやっておくと良いと思います。
これこそデジタルの良いところ!
test05.jpg

test06.jpg

ナーベも下塗りした後、両ファイルを合わせて全体を確認してみます。
こんなもんかな?
nabe04.jpg

確認できたところで、ガンマの塗りに入ります。
メカだからと言って、これまでの塗り方を変える気はありません。
と言うか、メカと人物の描写に違いがありすぎて、違和感を感じるイラストをよく目にします。
個人的にああいうのはあまり好きではないので、両者に温度差のないよう心がけました。
test08.jpg

ナーベも描きこみを開始します。
コスチュームは劇中でも3種類あってどれにしようか迷うところです。
結局、戦闘メイドバージョンを元にレースクイーン的なデザインで描き起こしました。
test09.jpg
この何をやらされてるのかよく分かってない感が、ナーベらしくて良いなあ、と(笑)。
test13.jpg

両者ある程度出来たところで再び合成して確認。
nabe06.jpg

最終的にナーベはこれで完成です。
下絵からの大きな変更と言えば、より上半身を乗り出すようにしたところ、膝をやや屈伸させてその分、ソールを厚底にしたところ、くらいです。
コスチュームアレンジも良い感じでないかい?
nabe08.jpg

ガンマの方は下手にバイクを知っているからか、妙な描き方をしていると自分でも思います。
この方が説得力ある気がするんだけど、普通の絵描きさんからすれば効率の悪いことこの上ないでしょうね(笑)。

・・・好きで描いてるんだから良いんだよ。
test14.jpg
最終確認。
nabe09.jpg

ガンマのカラーリングは、ナザリックファクトリーオリジナルという設定で描いています。
バイクとオーバーロード、両方知ってる方にはくすっとなるような遊びを盛り込んでみました。
test15.jpg

背景を作り、色補正も合わせて実行。
test17.jpg

完成です。
初めての試みでしたが、良い感じに仕上がったと自負しております。
nabe10.jpg

例によって大きいサイズはpixivでご覧頂けますので、宜しければどうぞ!
 

19:55 | works | comments(0) | trackbacks(0)
【オーバーロード】シャルティアを描いてみる。

続き。

アルベドさんの次はシャルティア・ブラッドフォールン。
嘘くさい廓言葉を使うヴァンパイア。
人気あるのかないのか、よく分かんないキャラではありますが、ぼくはまあまあ好きかな?
ロリィタだし!
shalltear.jpg

アルベドの時と同じアングルで描きます。
改めてデッサンが狂わないよう、下書きしてからスタート。
上手い人ならそんな必要もないのでしょうが、ぼくはこれくらいやっとかないとすぐに破綻するパターンです。
test02.jpg

フォトショで塗りつぶし開始。
この次点で、傘は別レイヤーで分けておくことにしました。
それと頭のリボンはこのアングルから見ると1枚目が正しいはずなのですが、作中の描写を見ると2枚目のようになっています。
どうせ1枚絵だし、見た目を重視して作中のそれに従ってみましょう。
test03.jpg

メディバンに移し、アクリルブラシで塗ります。
今回も頻繁に回転しながら描きこんでいきます。
test04.jpg

ひととおり、おおまかに塗れたところ。
頭のリボンは少し大きめに変更してみました。デジタル万歳!
フリルは、改めて補助線を引いてから描きこみ。
シャルティア03.jpg

フリルをいっぱい描けて幸せでありんすねえ。
test05.jpg

ようやく終盤、髪を塗ります。
それにしてもこのボンネット、どうなってんでしょうかね?
突き抜けて後ろにお団子があるんですけど、これはいったい・・・
穴が空いてるのかな?それともそういうスキr
test07.jpg

最後に、フォトショで傘の位置を確定します・・・やっぱり若干ズレてましたね。
別レイヤーで作っておいて良かった(笑)。
デジタル万歳!
test08.jpg

色調補正。
より暗い色合いに、そして肌はヴァンパイアらしく青白い感じに。
シャルティア05.jpg

完成です。
アルベドと対になるようにしました。
シャルティア07.jpg

おまけ。
タイトルは「正妻戦争」で(笑)。
2人.jpg

つづくよ。

08:39 | works | comments(0) | trackbacks(0)
【オーバーロード】セバスとアルベドを描いてみる。

今回は「オーバーロード」より、セバスを描いていきます。

オーバーロードの中から誰か描きたいなー、と思っていたのでツイッターにてアンケートしたところ、セバスが1位となりました。
皆さん分かっていらっしゃる!
まあ、ちょうどアンケートを取ったのが、セバス回放映時だったからかもしれませんが。
3b1a9ea7.jpg

ナザリックの中で唯一の善人、しかも超強い!
戦う爺さん、かっこ良すぎです。

まずはラフから。
戦う前の落ち着いた風貌の中に宿る闘志、みたいな瞬間を描いてみることにしました。
右手は途中でアングルを変更。
これだけ見るとなんかジョセフ(第3部)みたい(笑)。
セバス01.jpg

塗り潰し。
ここまでフォトショでの作業。
セバス03.jpg

メディバンにタッチして塗っていきます。
今回は少し作風を変えて、ブラシ=「アクリル」で塗っています。
セバス05.jpg

フォトショで微調整して完成!
モチーフと塗り方が絶妙にマッチして、良い感じに仕上がりました!
セバス08.jpg

次点、アルベドさんです。
よく顔面崩壊する「ヒドイン」ですが、ぼくはオーバーロードの中では一番好きですねえ。
67326f01.jpg

けっこうパースの効いたアングルからなので、ぼくの中では丁寧にデッサンした方です。
アルベド01.jpg

今回初めて(偶然)気づいたのですが、メディバンはテンキー1つで作業画面を回転/反転させることが出来るようです。
(取説くらい読もうな!)
ファイルそのものは変更されないので、気楽にポンポンと押せます。
これは良い!
​さすが、イラスト製作用のソフトだけあります。

右上のナビゲーターがファイルのプレビュー。
作業画面が横向きになっていても変更されていないのがお判りになるかと思います。
0102.jpg

アングルがアングルなので、こういった機能はとても重宝しますね。
回して描いてはまた回して確認、という作業を繰り返して作成します。
アルベド03.jpg

メディバン→フォトショ。
アルベド05.jpg

完成。
アルベド07.jpg

・・・なんだけど、やっぱり自分が右利きだからでしょうか?
右からのアングルの方が落ち着いて見えるので、こっち向きのバージョンも作ってみました。
あと、背景が黒だとキャラが飲まれてしまっている気もしたので、そこも変更。
アルベド09.jpg

つづくよ。

21:22 | works | comments(0) | trackbacks(0)
メルトリリスを描いてみる。

今回は絵の依頼を受けましたので、お題に従って描いていきます。
FGOのアルターエロ、もといアルターエゴ=メルトリリスちゃんです!

いやね、ぼくも最初見た時はドン引きしたもんですよ、このデザイン。
下は前張りだけって、おい。
よく審査通ったよね・・・。
M1.jpg

しかも依頼内容がえっちぃ奴なので、ここではとても全部はお見せできません。
一応、1枚目とそれ以降の一部は公開出来るかな?という判断です。
そのへん宜しく。
では・・・「行くわよ行くわよ行くわよー!」

まずはいつもどおりラフから。
実は依頼内容がけっこう具体的で、アングルや表情まで指定されていたので、それに従っていきます。
一般向けの絵ならさくさく行くのですが、エロ絵となると特にパースやデッサン以上にデフォルメが重要になってきます。
いつも以上に絶妙なリアルと虚構の両立、妥協点を探さなければなりません。
このさじ加減が難しく、ぼくは割と苦手です。
こんな塩梅でしょうか・・・?
メルトリリス01.jpg

フォトショで塗りつぶし。
メルトリリス03.jpg

メディバンで書き込み開始。
最近はもう、完全にこの流れで固定されてきました。
test02.jpg

メルトリリス05.jpg

再びフォトショに戻って色補正と背景追加。
これで1枚目が完成です。
メルトリリス07.jpg

次に1枚目をベースに、差分の2枚を描き起こします。
ここからは完全に18禁なので、表情のみ公開しておきますね。
メルトリリス顔2.jpg

しかし目の中にハートって、いったい誰が考えたんでしょうね。
これやるだけで、それっぽくなるからすごいです。
天才かよ!!
メルトリリス顔1.jpg

全部見たい大人の方はpixivでどうそ。
ちなみにうpしてから24時間でこの数字。
は?
強すぎだろwww
pix.jpg

本来ならばこれで終わりのはずでしたが、あれだけドン引きしたデザインのはずが描き始めてみるととても楽しかったので、エロ抜き+自分の構図でもう1枚新たに描いてみたくなりました。
ほっとくと気が変わりそうなので、即取り掛かってみます。

ラフ。
これだけ奇抜なコスチュームならば、落ち着いた構図の方が却って良いだろうと言う判断で、こんな感じになりました。
可愛らしさの方を推していく形です。
test2_02.jpg

塗りつぶし。
test2_04.jpg

書き込み開始。
test2_05.jpg

最終調整はやっぱりフォトショで。
test2_07.jpg

コスチュームは微妙にアレンジを加えてみましたが、いかがでしょうか?
test2_06.jpg

これで完成です!
縦トリミングバージョン。
メルトリリス2_2_3.jpg

全体バージョン。
メルトリリス2_2.jpg

こちらも大きいサイズはpixivでご覧頂けますので、良かったらどうそ。
と、まあ色々勉強になった今回の依頼でした。
エロもたまには良いですね。
それとメルトリリスちゃんかわいい(どうした)。

現場からは以上です!

10:37 | works | comments(0) | trackbacks(0)
【Fate/Zero動画】食わず嫌い王決定戦 製作記4

続き。

再びイリヤ。
こちらは登場シーンに使う1枚絵なので、インパクトのあるプリヤバージョンで描くことにしました。
参考にするのは、やはりFGOのアングルとポーズ。
20160908214300.png

前回と同じように描くと、違和感があるようです。
ここはプリヤと同じ路線で、おめめはおっきくしてみます。
test01.jpg

一応、同一人物ですが作風でだいぶ変わりますね。
それと両手に大盛りごはん。
test03.jpg

この頃からメディバンを取り入れているので、ここまでメディバンで描きました。
pirya06.jpg

フォトショで加筆+補正。
pirya08.jpg

「食わず嫌い王」ですから、料理の作画も避けて通れません。
ちょうど「衛宮さんちのごはん」がオンエア中なので、描写を参考にさせて頂きました。
けっこうたくさん描いたなあ。
余談ですが、真夜中にこれ描いてて、まさかの自爆飯テロをまとも喰らいました(笑)。
うなぎゼリー.jpg

これでようやくパーツが揃いましたので、動画に組み込んでいきます。
立ち絵は組み合わせで色々遊べて面白いですね(笑)。
フレーム02.jpg

フレーム01.jpg

そうそう、ここでは割愛しましたが、元動画の音声はイラスト作成前に編集完了しています。
元々生放送で1時間に及ぶものでしたので、なるべく最後まで見て頂けるよう、半分の30分ちょっとくらいにまとめてみました。
全部観たい方は元動画をオススメいたします。

この音声にVegas Proで絵を入れていきます。
総数110枚以上のカットで構成されている割に、あまり動きませんが(そりゃ30分もあるからね)、ラジオドラマくらいのつもりで見て頂ければ、と。
test03.jpg

さて、動画の方はほぼ完成しました。
が、大事なことがあと一つ!
製作中もこのことが引っかかっていて、どうしようかずっと悩んでいたのですが、やはりここはちゃんとしておくべきだろうな、と意を決して真剣に調べてみました。

この段階で保存してある元動画は、5年前につべて拾ったもの。
ところが既にその動画は削除されており、何処の何方が作ったものなのか、分からなくなっていたのです。
無断転載だったのかなー?
ひょっとしたらツイッターに製作者がいるかもしれない、と考え声真似主さんを徹底的に検索。
すると、それらしい方がいらっしゃるじゃないですか!
ニコ動のマイリスを見る限り間違いない!
動画でディルムッドの声を当てていたchihiroさんという方でした。
なんと言う幸運!すぐに動画使用許諾の申請を入れさせて頂き、返信を待つことにしました。
すると・・・
000.jpg
ありがとうございます!ありがとうございます!
この後、他の声真似主さんたちとも連絡が取れ、皆さん一様に承諾してくれました。
感謝!圧倒的感謝!
その上、ツイッター上とは言え、直接皆さんとお話させて頂くことが出来て感激致しました。
5年前にこれを聴いた時、この方々はどこか遠い世界の存在で、まさかこうしてやり取り出来るなんて、まるで夢のようです。
しかも皆さん今でも仲が良いみたいで、とても素敵なことだと思いました。
こんな優しい世界がいつまでも続きますように。

さて!
長くなりましたが、大変お待たせ致しました。
Fate/Zeroを観たことのある方なら絶対、面白いと思いますのでご覧下さいませ。



■cast
アイリスフィール・フォン・アインツベルン:内緒
衛宮切嗣:平田イサミ様(co142333)
セイバー:ミト様(co228062)
ケイネス:-T-様(co1361743)
ランサー:chihiro様(@N1918Tomohiro)
???:犬猫様(co474813)

■動画製作・イラスト:JUN

■素敵な元動画様:http://www.nicovideo.jp/watch/sm18255498
 

09:27 | works | comments(0) | trackbacks(0)
【Fate/Zero動画】食わず嫌い王決定戦 製作記3

続き。

ここからはカットインで挿入予定の絵を描いていきます。
まずは巨乳キャラを描かなければいけないのですが、FGOとかも含めると巨乳キャラなんてごまんといるので、誰にしようか迷うところ。
ぎりぎりまでスカサハ師匠か乳上にしようか迷って、乳上(ランサー・アルトリア)に決定。
CrLxLouUIAAs-w_.jpg

アングルはそのまま、ポーズだけ変更。
titiue01.jpg

さらに乳を強調するポーズに変更。
( ゚∀゚)o彡゜オッパイ!オッパイ!
titiue04.jpg

ありがとう、槍トリア。
ありがとう、ロンゴミニアド!wwwwww
titiue07.jpg

言峰綺礼と麻婆豆腐。
実際に綺礼がマーボー食べてる絵って、あまりなく、たぶんSNのこれだけ・・・?
選択の余地なさそうなので、これを元にZeroバージョンで描き起こします。
kotomine01_1.jpg

マーボーの皿の中身が見えるように描きました。
強引すぎてパース狂ってるかも。
kotomine03.jpg

マイヤとナタリア。
セットで描くつもりで並べたけど、結局最終的に1枚ずつの使用になりました。
マイヤ+ナタリア01.jpg

何故か水着です。
maiya02.jpg

マイヤ完成。
maiya03.jpg

劇中のコスチュームでもう1枚。
maiya04.jpg

ナタリアさんも水着。こっちはこの1枚だけです。
nataria01.jpg


マイヤ+ナタリア02.jpg

ワカメ(笑)。
別にサーバントバージョンじゃなくて良かったはずですが、どうしても片手にワカメ生やしたくて、プリヤ雪下バージョンになりました。
wakame01.jpg

wakame02.jpg

完成!
wakame03.jpg

が、実際の動画に組み込んでみるとイマイチだったので、別アングルで描き直し。
まさかワカメを2枚描くことになるとは思わなかったぜ・・・。
ワカメ02.jpg

つづきます。

00:01 | works | comments(0) | trackbacks(0)
【Fate/Zero動画】食わず嫌い王決定戦 製作記2

続き。

次はランサー陣営、ディルムッド・オディナさん。
こちらの設定画と同じアングルで描き起こします。並びの関係で右向きに変更。
fatedmdodn_006_01.png

肩以下のデザインが左右非対称なので、ちょっとめんどくさいです。
lancer01.jpg

だいたい塗れてきたぜ!
lancer02.jpg

完成。そして表情追加。
Zeroのキャラは殆どが好きなんですが、ディルムッドは特に色気があって好きですね。
雄っぱい!
lancer08.jpg

笑.jpg

ケイネス・エルメロイ・アーチボルト先生。
元絵より頭身を増し増ししております。
keineth00.jpg

あれ?
ひょっとすると(ぼく的に)Fateに登場するキャラの中では一番描きやすいかもしれない!
keineth03.jpg

ただし、他のキャラと違ってディティールに乏しいデザインなので、より描きこむ感じで仕上げました。
動画と言ってもほぼ変化のない画面になると思われますので、ずっと観ていて飽きないよう、絵の密度を上げておく必要があると感じたからです。
keineth06.jpg

苦笑.jpg

ケイネス先生はけっこうギャグパートを担当してくれたおかげで、表情・・・と言うか変顔のバリエーションが多いです(笑)。
00.jpg

イリヤ。
このキャラは特に、登場する作品によってデザインが違うんですよね。
今回はFGOのそれに倣うことにしました。
p97867rdtedcvuyi.jpg

中盤からの登場なので、アイリとセットで描くことにします。
とりあえず下書きを置いて、位置関係とバランスを確認。
airi_irya01.jpg

因みにようじょは、恐らくぼくが最も描かないジャンルだと思います。
なので、ちょっと頑張って描きました。
ilya02.jpg

ilya04.jpg

完成したらアイリの上に乗せてみます。
あ、良いですね。
イリヤ笑.jpg

イリヤ怒.jpg

つづくよ。

00:29 | works | comments(0) | trackbacks(0)
【Fate/Zero動画】食わず嫌い王決定戦 製作記1

5年ほど前、つべでFate/Zero関連の動画を観ていた頃に、面白い動画を発見しました。
内容は声真似さん達が、もしFate/Zeroのキャラが「食わず嫌い王決定戦」をやったら?と言う内容で生放送をするというものでした。
再生時間は1時間以上あるものの、それを忘れさせてしまうくらい内容が面白かったので、PCに保存しておいたのです。
純粋に面白かったので、という理由もありますが、いつかこれにちゃんとした絵を付けて作品にしてみたい、という野望が秘かにありました。
と言うのも、この動画は生放送時の映像をキャプチャーしたものであったため、その部分に関してはとてももったいない出来だったのです。
せめてキャラの立ち絵とその表情だけでも、台詞に合わせて付ければより素晴らしいものになるのに!そんなわりと単純な欲求が始まりだったと思います。


しかし、ちょうどこの頃からぼくはバイク遊びにリターンしましたので、この計画は頓挫。
ぼんやりといつかはやってみたいと言う気持ちはあったものの、そんな時間はないし、何より動画製作の技術がない!
こうしておよそ5年の歳月が流れ、突然思い出したように製作に取りかかったのが年が明けてからのこととなります。

非常に遠回りになりましたが、バイクのおかげで曲がりなりにも動画を作ることが出来るようになり、転職の影響で細々とした時間が無駄にあります。

今なら出来る!!

確信出来たなら即実行です。
まずはキャラクターの立ち絵を用意します。
動画としてはごく簡単な構成で良いでしょう。登場キャラクターが予めずらっと並んでいれば、あとは表情を変えるだけでだいたいの場面は再現出来ます。
大きなアクションはその都度、カットを描き下ろせば問題ないはずです。

そんな訳で一番手、セイバー陣営アルトリアさんから。
絵柄の方向性を模索していかなければなりませんので、ここはじっくり時間をかけていきます。
その絵柄は非常に悩んだ挙句、ポーズとアングルはなるべく原作に近いものとし、反面、立体の解釈と塗り方はぼく側に寄せることとしました。
左の原作絵を元に描き起こしていくのですが、実は頭身を大幅に変更しています。
DpWb3XZ_1.jpg

saber01.jpg

他のキャラクターも同じ路線で描かなければいけないので、最初の1人はとても重要です。
線は多め、彩度を抑える方向で塗っていきます。
セイバー04.jpg

完成した絵を元に他の表情も用意しました。
セイバー06.jpg

2人目は切嗣さんです。
こっちはほぼそのまま原作絵が使えそうです。
切嗣03.jpg

切嗣04.jpg

すんなり完成しました。
やっぱ切嗣さんかっこいい。
切嗣06.jpg

笑.jpg

3人目はアイリことアイリスフィール。
並べ方の都合で真正面のアングル、ポーズが欲しかったのですが、なかなか良いものが見つかりません。
なので、FGOの立ち絵をもとに正面を向かせてみました。
fate-accel-zero-order-06.jpg.pagespeed.ce.AhQ072HmHs.jpg

こんな感じ。
airi03.jpg

動画中盤からバスト以下にもう1人キャラが追加されるので、その時不自然にならないよう気をつけてみました。
airi02.jpg

困.jpg

つづくぞ。

23:13 | works | comments(3) | trackbacks(0)
メディバンペイントを試してみる。

ここ最近、よく絵を描くようになったので、重い腰を上げてメディバンペイント(MedibangPaint)というソフトを採用してみることにしてみました。

このソフトは基本無料で手に入れることが出来ます。
試しにダウンロードし起動してみると、めちゃくちゃ軽い!
そして起動だけではなく、操作も軽いし、なんと保存後のファイルも軽い。
うひゃー、なんだこれ。

もっとも、ぼくは20年前のバージョンのフォトショップを使い続けてる人なので、実際、現在のペイントソフトがどうなのか比較することは出来ないんですけどね。
その20年前のフォトショップ(以下フォトショ)ですが、Winのアップデートが原因で不具合、エラーは度々起こるものの致命的な問題はなく、また大変ではあるけれど工夫すれば(2Dなら)ほぼ全ての表現が可能なことから、慣れていることもあってずっと愛用してきました。
さすが、画像処理ソフトの金字塔なのです。
ちなみに信じられないことかもしれないけれど、当時はこれ1本だけで云十万したんだぜ・・・?

さてフォトショより軽いのは分かりましたが、実際の使い心地はどうなのか、じっくり見させて頂くとしましょう。
モデルはなんとなく描きたかったご存知、FGOのマシュ・キリエライトさんです。

マシュさん、良いですね♪
元ネタが円卓の騎士ギャラハットってのも、ややマニアックで素晴らしい(笑)。
Screenshot_20170122-084317-650x366.jpg

ラフを起こしてからベタ塗りするまでは、フォトショで行いました。
ラフの時点では地面に突き刺した円卓の盾によりかかるポーズだったのですが、構図が気に食わないのでそれぞれ位置をズラしたら、何をしているんだかさっぱり分からないものに・・・(まあいいや)。
ここで一旦保存し、PSDファイルをメディバンで開きます。
test02.jpg

すんなり開けました。
レイヤー構成などもそのまま引き継げるようです。
test01.jpg

最初はやや手惑いましたが、特にヘルプを参照することもなく、操作方法も少し考えれば直感で理解出来るインターフェース。
その中でも拡大/縮小をマウスのホイールで行うのが、ポイント高いです。
そして恐らくメディバン最大の売りと思われる50種類を超える豊富なブラシ。
筆跡がよりアナログ的になるので、まさにぼく向け。
最初はGペンでペン入れして、アニメ調(セル調)で仕上げてみようかと思ったのですが、これはもったいない!
いつもどおりのアナログ的タッチで試してみることにしました。
同じように塗って、どう変わるのか、とても興味深いです。

また、ブラシの変更が簡単で分かりやすく、尚且つ細かく出来るのも素晴らしいです。
左のインターフェースがメディバンで、右がフォトショ。
フォトショでブラシカスタムする時は別ウインドウでオプションを開き、そこで変えなければならないのに対し(登録しておくことは出来ますが)、メディバンはその場でコントローラーをスライドしてささっと変更することが可能です。
名称未設定 1.jpg

この後はまさにフォトショと同じ感覚でさくさく塗っていきました。
塗り潰し=水彩、輪郭線=エアブラシを使用です。
test03.jpg

だいぶ慣れてきた頃には、ほぼ塗り終わった感じに。
この時点でフォトショに比べてより柔らかく、よりアナログ的になっているのが分かります。
test04.jpg

そうそう、マシュをモデルに選んだのは、その造形や質感をどう表現出来るのか試してみたかったからです。
やはり思ったとおり、こういったところは間違いなく得意な分野のようで、良い仕上がりです。
・・・にしても造形が鬼畜すぎて立体を理解し、それを描き起こすのに一苦労。
楽しいけど大変ですわ。
test05.jpg

メディバンでの作業はここで終了!
良い!良いじゃないか!
マシュ04.jpg

総じてこの「メディバン」はイラストを描くのにぴったりなソフトで、それに特化していると感じました(実際そうなのだから、当たり前と言えば当たり前なのですが)。
しかも今回まったく試していない漫画製作機能も豊富で、これ本当に無料で使わせてもらっていいの?と思いたくなるほどのボリュームです。
対して、画像処理、エフェクトをかける作業に関しては未だに20年前のフォトショの方が優れており、うまく使い分けていくことでより良い作品を生み出していくことが可能だと思います。

そんな訳で、ここで一旦メディバンファイルをPSD形式で保存します。
フォトショでメディバン形式を開くことは出来ませんが、メディバンでPSD形式に保存出来ますので、1つのファイルを両者間で行き来させることが可能です。
ここ、かなり大きいですねえ。

フォトショで開き、背景製作、ドロップシャドウ、ハイライト、色調補正を行って仕上げました!
マシュ05.jpg

あれ?
試しに使ってみるだけのつもりが、最後までいっちゃいましたね(笑)。
うん、まあそれくらい「メディバンペイント」オススメです!
これからもガンガン活用していこうと思いますよ。

16:24 | works | comments(0) | trackbacks(0)
| 1/4P | >>