<< April 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
輝夜さまを百合らせたい。
輝夜月ちゃんを描くなら親分と!
と昨年までは思っていたんですけどね・・・
全てはピンキーちゃんが・・・ピンキーちゃんの登場が悪いんや・・・。

月ちゃんと同じミカママがデザインされているので、まるで姉妹みたいです。
ミカママのデザインと言えば他はともかくとして、この色彩感覚、仮にあと10年勉強したとしても、絶対に身につかない自信があります!←
色をいっぱい使える絵描きさんって、ホントに尊敬します。





あああああ、もう、この二人大好き!!
面白すぎるし可愛すぎるー!!

てことで、お二人を絡ませて頂きましたよ。
でんでんでんぐり返って・・・取☆れ☆ち☆ま☆え♪
luna_pph08.jpg

いつかは親分も描きたい。
現場からは以上です!
 
18:18 | works | comments(2) | trackbacks(0)
【ダンスインザヴァンパイアバンド】ミナ姫とアキラを描いてみる。

今回は「ダンスインザヴァンパイアバンド」より、ミナ姫とアキラくんを描いてみました。

ターニャを描く前にアンケートを取ったのは記憶に新しいところですが、その際に選択肢にないキャラもリクエストOKにしていたのです。
もちろん、アンケで決まったキャラの後に、参考にさせて頂く程度に、といった注釈付きだったのですが・・・この後まさかの展開に。

名称未設定 1.jpg

ダンスインザヴァンパイアバンドとは・・・
東京湾沖の架空の人工都市ヴァンパイアバンドを舞台に、ヴァンパイアの女王ミナ・ツェペッシュとその従僕である人狼の少年、アキラの恋と戦いを描くアクション作品。ヴァンパイアが国民に秘密裏に日本政府から埋め立て地を買い取り、王国を建設するという基本設定に加え[、既存の吸血鬼の概念に新たな解釈を加えたヴァンパイア像が話題となった。また作者の環望が成人向け漫画で執筆していたということもあり、独特のタナトスとエロスに彩られた作品観が描かれている。
Wikipediaより。


 

ぼくが観たのはアニメ版の方で、シャフトが製作。
あの独特の演出が好きな方なら、観て間違いないと思います。
原作はまだ続いていて、こちらもなかなか良さそう。ちょうどアニメ観覧後、こっちも読んでみようかなあ?なんて思っていたところ・・・

ファッ!?

tamaki01.jpg

ちょwwww環先生www何やってんすかwww
ツイッター怖ええええwwwもうこれ、描くしかないじゃんwww

てことで、異例の速さで製作に取り掛かることになったのでした。
まずはラフ。
ミナ姫だけでなく、獣化したアキラくんも入れてみました。
むしろアキラくんメイン?
mina02.jpg

アキラくんを人間的なデザインに寄せすぎたので、少し狼側にシフト。
あとはいつもどおり塗ります。
mina05.jpg

途中で絵にもう少し動きがほしくなったので、ミナ姫のスカートを翻らせてみました。
mina07.jpg

mina08_2.jpg

髪の毛の塗り。
しろまちゃんの言うように、たしかに金髪を描くのは好き・・・なんだけど、それにしたって最近は金髪少女/幼女しか描いてない気がするんだな。
関係ないけどこのアングル、何気にシャフ度(笑)。
test_mina03_1.jpg

そろそろ大詰め。
細かい箇所も描き込んでいきましょう!
test_mina04.jpg

完成です!
個人的には獣化直後のアキラくんを再現出来たのが、一番気に入ってます♪
mina11.jpg

tamaki04.jpg

もったいないお言葉ー!!こちらこそ有難うございます!!
二次創作への寛大な扱いのみならず、こうして取り上げて頂くなど感謝の極み!!
今後も応援させて頂きます。

いやあ・・・本当にツイッターすげえ・・・。
ひと昔前なら夢物語ですよ、これ。

11:47 | works | comments(0) | trackbacks(0)
【幼女戦記】ターニャ・デグレチャフを描いてみる。

先月末、たまたま次に描いてみたいキャラの中からアンケを取ってみたところ・・・

anke1901.jpg

2位のタイバニに圧倒的差をつけて、ターニャ・デグレチャフ少佐!少佐殿!代行!代行殿!大隊指揮官殿!に決定。
この時、まったく知らなかったのですが、劇場版が公開間近だったのですね(現在公開中)。
なるほど、タイムリーなアンケートだったわけです。

どうぜならマントを羽織らせたカッコイイ姿を描きたくて資料を探したのですが、意外にも公式にそれらしいものがなく、編隊少女に登場した際のデザインを使わせて頂くことにしました。

blog_003a_015.jpg

いつもの手順で作画開始。
帽子やマント(それと髪)は、この時点で別レイヤーにして作業していくことにします。
tanya00_1.jpg

俯瞰の構図にして、背丈の低さを表現。
比較対象のない絵面で低身長を表現するなら、これが定石です。
ところでこの表情、ポーズ、以前にも同じようなものを描いたような気がするんだけど、誰だったか・・・

あ、ルルーシュだ(笑)。

変なポーズ!
tanya02.jpg

ゲス顔!
test_tanya01.jpg

大まかに塗れたとこ。
ここから鬼の描き込みです!
tanya04.jpg

けっこう細かい箇所が多くて、でももちろんそれが描きたくてこの衣装を選んだので、オールオッケー。
がしがし描き込んでいきます。
test_tanya02.jpg



ターニャ本体が描き終わったとこ。
けっこうな情報量です。
tanya05.jpg

ライフルを持たせます。
tanya06.jpg

背景の描き込み。
今回は背景のイメージも最初から固まっていたので、さくさく進みました。
tanya07.jpg

照明効果と反射した光(炎)を追加。
tanya08.jpg

完成です!
tanya09.jpg

トリミング版もなかなか良かったので、こっちも置いときますね♪
tanya10.jpg

例によって大きいサイズはpixivでご覧頂けますので、宜しければどうぞ!

20:32 | works | comments(2) | trackbacks(0)
【オーバーロード】ラキュースを描いてみた。

今回もリクエスト頂きました、「オーバーロード」より蒼薔薇のリーダー、ラキュースさんです。

そういやオーバーロードネタはちょっと久しぶりになりますね。
左がアニメ版で右が原作版、造形がやや複雑な原作版を元に描いていこうと思います。
3k7wPywDlmFaOa6axrQQLrbEezJj8t36oYx6tjvZya4.jpg

ポーズを考えながらのラフ。
案の定、頭身間違えました。学習しないなあ・・・。
lakyu01.jpg

頭身を修正の他、ラキュースと言えば厨二病なのでポーズもそれっぽくキメた感じに変更。
→塗りつぶし開始。



エロ要素を多少入れてほしいとのご注文から、安易にパンツ見せコスチュームにアレンジしています。
これならポーズとか構図、無関係にエロに出来ますからね。
lakyu03.jpg

途中でポーズに不自然さを覚えて変更。
不自然さの原因は、手と足それぞれが同じ方向を向いているから。
分かってて進めたけど、やっぱり良くなかったですね。
lakyu05_00.jpg

lakyu05_2.jpg

鎧=ヴァージンスノー(無垢の白雪)の描き込み。
アニメ版よりはだいぶ質感が出たはず。
test_lakyu04.jpg

髪の毛の塗り。
test_lakyu05.jpg

縦ロールも描いてて楽しい!
test_lakyu06.jpg

薔薇の紋様は図形として一度作成し、複数コピーしたものを貼り付けて変形・加筆。
test_lakyu07.jpg

色調補正後、ドロップシャドウとハイライト加筆。
lakyu06_1.jpg

浮遊する剣群(フローティングソーズ)も薔薇と同様、図形を作成後、6本複製。


同じく変形した後、それぞれを書き込んで仕上げます。
lakyu07_3.jpg

全体の色相をシアン方向に引っ張って、完成!
lakyu08_1.jpg

いかがなもんでしょー?

17:56 | works | comments(0) | trackbacks(0)
アビゲイル・ウイリアムズ+ハーレー・ダビッドソンFLHTC描いてみる。

表題の作品の前に・・・

年末から描き始めたのですが、イマイチ気に入らなくて、ポーズ案が二転三転した「美遊兄」ことプリズマ☆イリヤに登場する衛宮士郎さんのメイキング記事から始めたいと思います。

厳密に言うと「劇場版プリズマ☆イリヤ 雪下の誓い」に登場する美遊兄です。
初期ののんびりした雰囲気と異なり、ほぼFate本編と同じような雰囲気に仕上がった良作です。



それは美遊兄一人とっても同様で、スピンオフと言うよりStay Nightであり得た衛宮士郎その人だったのではないか、と思えるほど。
しかも数あるスピンオフ全て含めてさえ、その中で「一番かっこいいと思える衛宮士郎」です!
美遊兄、マジかっこよすぎいいいいい!!(落ち着け)

そのせいからか、ラフの時点でけっこう時間がかかりました。
士郎と言えば、双剣を手に飛びかかるポーズ?
sirow00.jpg

同じく双剣を構えるポーズ。
sirow02.jpg

結局こんな感じで落ち着いたのですが、既に年を跨いで2019年。
ちょっと時間かけすぎましたね。ここからはさくっと描き上げてしまいましょう。
sirow07.jpg

エミヤとも微妙に違うこの感じが良いんですよねえ。
強いて言うなら千子村正。
test_shirow01.jpg

完成♪
最近躍動感のある絵はあんまり描いてなかったので、新鮮でした。
ちなみにロー・アイアスらしきものも描いてあるんですが、ちゃんと4枚にしましたよ?(笑)
sirow08.jpg

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

ここからが本題。
フォロワーのシュウさんからのリクエスト、FGOのアビゲイル・ウイリアムズちゃん(アビー)です。
史実も含めて元ネタが元ネタなので、古参のラヴクラフトファンとしては色々思うところのあるキャラクターとエピソード。
まあ、それを置いといても描き甲斐のあるモチーフだと思います。
19500.jpg

何せ様々な側面を持つキャラクターなので、どこに焦点を当てるかによって絵のテーマまでもが、まるっきり変わってしまいます。
しかし今回はシュウさんの方から「ハーレーFLHTCに乗ったアビー」と注文を頂いたおかげで、どういうアビーを描くかは自ずと決まりました。

良いネタがあるじゃないか、概念礼装「英霊旅装」!
0825.jpg

ここまで決まれば、イメージはすんなり降りてきました。
ラフを描いてみます。
やはり少女を描くなら、俯瞰視点でしょう。
ハーレーとのアンバランスさの妙というやつも、この方が映えます。
abi00.jpg

背景ありのトリミング版と、全体が見える背景なし版の2種を仕上げることにしました。
abi01.jpg

abi02.jpg

下塗り。
ハーレーのカラーリングはアビーに合わせて、オレンジ×黒で適当に塗り分けてみました。
メーター周りを敢えて黒でなく、オレンジにしたのがこだわり(笑)。
abi03.jpg

彩色開始!
だいたい狙ったとおりの表情が描けそうで、まずは一安心。
test_abi01.jpg

ある程度、人物が塗れたところ。
ここからは人物とバイクを切り離し、更にバイクも「外装」「エンジン」「足周り」で分けて管理します。
abi04.jpg

バイクを塗っている途中、人物との比率が気になったので、人物の方をやや縮小。
バイクの方もエンジンの位置等修正しました。
test_abi03.jpg

バイクもほぼほぼ塗れたところ。
たまに人物を乗せてみて、バランスを確認していきます。
hd03.jpg

hd04.jpg

アビーの表情、髪の毛仕上げ。
良い出来♪
ん?そういや英霊旅装の北斎もこの髪型だったよね?同じフォーリナーだし、何か意味あるんかいな???
test_abi04.jpg

置き場所がなかったので、くまさんにはタンデムシートに縛られてもらったゾ!w
test_abi05.jpg

ドロップシャドウとハイライトを描き込み、色調補正して背景なし版の完成。
ええやん!
abi12.jpg

背景あり版は、まずトリミングして背景追加。
次に、アー○ムの案内看板を図形ツールで制作→それらしく描き込み。
abi06.jpg

看板をガウスでぼかし、影を描き込み→アビーの部分だけ選択して新規レイヤーをグラデーションで塗りつぶし。
abi08.jpg

オーバーレイで重ねて、こっちも完成!
abi11.jpg

最近では一番良い出来に仕上がったと思います♪
リクエストされたものを描くと、新たな発見やスキルアップが確実にありますね。
これからもちょくちょく受け付けていきますよ!

08:56 | works | comments(9) | trackbacks(0)
転スラのリムルとシズを描いた件。

最近ラノベ界で流行りのいわゆる「異世界転生もの」、短絡的な導入からしてどれも大差ないだろう、と思っていた時期がぼくにもありました。
実際のところそれは正しいと言えますが、少なくともアニメ化されるほどの人気作品は、それだけの魅力と工夫があるものです。
ぼくなんぞは新作が出る度に、まだこんな見せ方があったかー!と感心しきりです。
みんなすごいね・・・よく思いつくわー。

今回はそんな「異世界転生もの」の中でも人気急上昇中の「転生したらスライムだった件(以下転スラ)」から主人公リムルとシズを描いてみました。

ネタバレになるので詳しくは書きませんが、瓜二つの二人を描き分けた上で並べてみたかったので(作中ではある理由によりまず見られない)背中合わせにしつつも物語性が伝わるようにしてみました。

rimuru_test00.jpg

初めて描くキャラなのにいきなり横顔。
ちょっとハードル高いかな?と思ったけど、特にそんなこともなかったです。
test01.jpg

test03.jpg

シズも同じく。
sizu_test01.jpg

sizu_test03.jpg

2枚のレイヤーを合成して馴染ませます。
test06.jpg

背景は写真をトリミングし、中央付近に逆光のフィルターをかけます。
その上からオレンジのレイヤーを重ねて、夕焼けの空にしました。
back01.jpg

ブラシで塗りつぶしたり描き直したりしてそれっぽくした後、人物とヴェルドラを合成。
back02.jpg

グラデーションのレイヤーをその上からオーバーレイで乗せて統合。
さらに統合したものを複製、スクリーンで重ねて逆光を演出してみました。
back03.jpg

漏れた光とかを描きこんで完成です!
rimuru_sizu01.jpg

わりとさくっと描いたわりに評判良くて、ぼくが一番びっくりしてたりします(笑)。
こらそこ!転スラ人気の波に乗っただけとか言わない!
いや、たぶんそうなんだろうけどね。(´・ω・`)


 

 

 

 

 

00:00 | works | comments(0) | trackbacks(0)
ここ最近のお絵描きまとめ。

今回は、今年描いたもので記事にしてなかった作品(主にネタ系)を、せっかくなのでご紹介させて頂きます。

思えば、こんなに絵を描いたのは実に16年ぶり。
この間、1年に1〜2枚しか描かなかったのが、今年だけでなんと60枚以上です。
いやあ、びっくりですね。
これにはフルデジタルの環境になったのが大きいと言えるでしょう。
メディバンペイントなるイラスト専用ソフトを手に入れたことで、直接PC上でラフを描き、そのまま最後まで仕上げることが出来るようになったのは、想像していた以上に画期的なことでした。
これは今年1年を振り返って、最も大きな出来事だったのではないかと思います。
デジタル万歳!

さてそれはともかく、まずはFGOよりエレちゃんです。
霊基再臨で露出度の高いコスの方が人気があるっぽいですが、ぼくは断然このコスが好きです。
と言うか凛ベースのキャラの中ではイチオシ!
ereshu03.jpg

ereshu05.jpg

全体完成。
ereshu07.jpg

まあ、これがやりたかっただけなんですけどねwwwwwww
ereshu08.jpg

同じ路線でひぐらしのなく頃により、竜宮レナ。
誰だか分からないけど、この絵を元に描かせて頂きました。
sorena01.jpg


test02.jpg

なんとなく反転。
rena_sorena00.jpg

背景はGNで初めて雛見沢を訪れた時に撮った「嘘だ!」の坂。
CIMG6006.JPG

それな!
rena_sorena01.jpg

これはわりと最近描いたゴブリンスレイヤーさんと女神官さん。
らくがきのつもりが描き進めてしまい、結局普通に完成させてしまったという頭の悪い例。
gob01.jpg

gob02.jpg

gob03_0.jpg

完成!
gob03_1.jpg

来年もいっぱい描こうと思います!
何らかの形で印刷物に出来るくらい、描き溜めたいかな。


 

22:35 | works | comments(0) | trackbacks(0)
ランサーオルタ(アルトリア)+ヤマハウォーリアー描いてみる。

槍トリア=ランサー(アルトリア)と言えば、以前にもFate/Zero動画のカットインとして描いていますが、今回は上乳上ではなく下乳上(オルタ)の方となります。
FGOを知らない方には、何を言っているのかさっぱり分からないと思いますが・・・ゲーム内で実際に使われているグラフィックがこちら。

・・・なるほど、下乳上・・・って誰がうまいこと言えと。
07803.jpg

嘘みたいだろ・・・これ、アーサー王なんだぜ?

それでもって、Fate/Zero本編でセイバーがヤマハV-max改(?)モタード・キュイラッシェを駆るシーンは有名ですが、それと同じように乳上にもバイクに乗って頂こうかと。
なにせカルデア内ですら馬から下りないくらいの乳上ですから!(笑)やはりバイクとセットの方が映えそうですよね?
乗って頂くバイクはこちら!

■ヤマハ ウォーリアー
18252km.jpg

乳上を見た瞬間から乗せるならアメリカンだと思ったし、セイバーがV-maxなら同じヤマハが良いし!
そんな中でも割とマイナーなウォーリアーを選んだのは、ぼくの好きなMT-01の前身だから、でしょうか。
それ抜きにしてもかっこいいバイクですけどね♪

早速、ラフ開始。
全体図は全体図として完成させて、最終的には縦にトリミングした1枚絵を仕上げる、という工程を取ることにしました。
art_lanc_aiter00.jpg

ウォーリアーの方はキュイラッシェと同じようにカウルを纏ってもらうことにしました。
さしづめ愛馬ラムレイのバイク化と言ったところでしょうか。

カウル考えるの楽しいね!
実際のバイク用というわけでもないのに、ここはここと干渉するからこう・・・とかデザインしてしまうのは、たぶんバイク乗りの宿命。

下塗り開始。
この時点でかなりの数のレイヤーになってしまったので、途中から人物とバイクは別ファイルで制作することにします。
test_sitatiti01.jpg

実は元絵の有機的な鎧(?)のデザインはあまり好きではないので、ある程度リアリティを持たせたものに変更しました(リアリティがあるとは言ってない)。
髪型も編み込み入れたりしてアレンジしてるので、印象は大幅に変わっていますね。
でもこっちのがアルトリアの雰囲気が出ていると思うので、個人的にはこれで正解だったと納得しています。
test_sitatiti03.jpg

顔とかの塗り。
test_sitatiti04.jpg

胴体部分。
金属同士が当たる音が聞こえてきそうな感じを目指してみました。
test_sitatiti07.jpg

一方、ウォーリアーはいつも通り、ホイールから。
ホイールベースをしっかり考えて描き始めると、後になって矛盾が生じたりすることもなく、作業が楽になります。
今回はロンホイ仕様のイメージだったので、ノーマルよりホイールベースを長くとってあります。

test_warr01.jpg


ここからスイングアーム、フロントフォーク、フレームのあたりを付けていきます。
たまに乳上を乗せてみて全体のバランスとデッサンを確認しつつ、作業しました。

test_warr03_1.jpg

別レイヤーでカウルをデザイン、からの〜完成!
warr01.jpg

ロンゴミニアドについては、これも元絵とは真逆の簡単なデザインにしてみました。
ちゃんと槍として機能しそうな見た目にしたかったのが大きいです。
longo01.jpg

全体絵の完成です!
art_lanc_aiter05.jpg


art_lanc_aiter05_1.jpg

これを元に回転+トリミング。
背景を追加後、色々補正したり描き込んだりして、背景ありバージョンも完成!
art_lanc_aiter06.jpg

おまけ。
上乳上下乳上上から見るか下から見るか。
Dt-mLB8VYAEU0yC.jpg

例によって大きいサイズはpixivでご覧頂けますので、宜しければどうぞ!
 

21:47 | works | comments(2) | trackbacks(0)
再 開 その3

続き。

弓エミヤを描きます!
前から描きたかったキャラではあったのですが、なかなかきっかけがなくて今まで描いたことがありませんでした。
emiya01.jpg

前から描きたかったせいなのか?やたら描きやすい!
当然描いてて楽しい!
test_emiya02.jpg

描いてる間は、処刑用BGMリストをずっと聴いてました。
見よ、このリスト!(笑)
あ、皆さんご想像のとおり、エスパーダのソロ峠走行動画はこのリストの中から選んでBGMにしています。
名称未設定 1.jpg



どんどん描きこんで完成!
emiya05.jpg

人物が全員完成したので、背景も描く・・・つもりだったのですが、とても都合の良いことに九州ツーリングに行く時に立ち寄った神戸の「うろこの家」の写真がぴったりだと言うことに気づきました。
そりゃそうだよね、もともと遠坂家のモデルはここなんですから。

しかもほぼ無加工の写真ですら、このとおりまるで絵画のよう。
たくさんの観光客が写真を撮っていくから、綺麗に写るように工夫してるのかな?
ぼくのボロいデジカメでこんなに綺麗に撮れるのは、とても珍しいことです。
CIMG3418_1.jpg

よく見るとテーブルに札が置いてあるので、これだけは消しておきましょう。
あとはほぼ色調補正のみ。


それとぐだ子が座る椅子も同じくうろこの家にある「サターンの椅子」を元に加工しました。
主な加工箇所は背後にも人物が重なるため、そっちも見えるよう背を低くしたこと、ギル様の腕がもたれられるよう背もたれの左右の彫刻を消したこと、です。
20171218212155.jpg

さっそく背景に椅子とぐだ子を配置し、新たに影を描き込みます。
guda05.jpg

ギル様。
gil06.jpg

エミヤ。
流石に違和感ないと言うか似合うわ、この背景(笑)。
紅茶淹れてほしい!


3人。
これで完成です!間に合った〜。
00_03_11.jpg

肝心のでくのタンのサークルブースはこちら!
みんな是非行ってみて!!


とは言え、とてもコミケ会場には行けないよ〜と言う方にも朗報!
既にメロンブックスさんで予約が始まっています。
こちらでも購入出来ますので、是非お手に取って頂ければと思います。
001.jpg

ノベルティのカレンダーも完成しております。
うひゃー、めっちゃ出来良いですね。
このお仕事、引き受けて良かったです。
002.jpg

そんなこんなで自分のサークルではないにせよ、再開した同人活動。
今後少しずつ力を入れていくかもしれません。
良い機会、お仕事をくださったでくのタンには感謝感謝です!

おしまい。

18:07 | works | comments(2) | trackbacks(0)
再 開 その2

続き。

ギル様に続いてぐだ子を描いていきます。
衣装はカルデア制服をモチーフとしたドレスをデザイン。異国の王子二人に囲まれた姫といったイメージにしています。
最初、鯖2人も王子風の衣装を考えるつもりでしたが、そのままでも十分王子っぽいので(笑)やめました。

あとぐだ子の表情について、でくのタンから「強気の笑みもぐだ子らしくて良いかも?」と提案がありましたので、そのように変更。
なるほど、断然こっちのがらしくて良いですね♪
guda01.jpg

途中で目の位置を変更。
これはまり花ちゃんの時にも遭った事象で、やはり最近の絵はこれくらい離れているのがトレンドの様子。
実はまり花ちゃんよりぐだ子の方が先に制作にかかっていて、この時これに気付いたおかげで、まり花ちゃんはすぐに修正が出来たのでした。
うーん、やっぱり何事も経験ですね。
描いてみなきゃ分からない。
test_guda07_1.jpg

腕の位置も変更。
これは、ラフの時点でどれくらいの大きさの物を抱えているのか、決めていなかったから。
今回の本のキーとなる「ぐだ子の大切なもの」を、途中から「ハート形の何か」ということにしたので、ある程度形が分かる大きさにしたかったわけです。
それに従って、抱え方が変わり、腕の位置が変わったということですね。

どうでも良いけど、この位置でトリミングするとルプスレギナに見えるッス!・・・あ、独り言ッス!
test_guda08_2.jpg

ミニクラウンとか髪飾りとかそれっぽいの。
髪型も微妙にロングにして、毛先にウエーブを入れてます。
test_guda10_1.jpg

そんなわけで、ぐだ子はこんな感じ☆
test_guda11.jpg

つづくよ!

11:46 | works | comments(0) | trackbacks(0)
| 1/6P | >>