<< February 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
【オーバーロード】ラキュースを描いてみた。

今回もリクエスト頂きました、「オーバーロード」より蒼薔薇のリーダー、ラキュースさんです。

そういやオーバーロードネタはちょっと久しぶりになりますね。
左がアニメ版で右が原作版、造形がやや複雑な原作版を元に描いていこうと思います。
3k7wPywDlmFaOa6axrQQLrbEezJj8t36oYx6tjvZya4.jpg

ポーズを考えながらのラフ。
案の定、頭身間違えました。学習しないなあ・・・。
lakyu01.jpg

頭身を修正の他、ラキュースと言えば厨二病なのでポーズもそれっぽくキメた感じに変更。
→塗りつぶし開始。



エロ要素を多少入れてほしいとのご注文から、安易にパンツ見せコスチュームにアレンジしています。
これならポーズとか構図、無関係にエロに出来ますからね。
lakyu03.jpg

途中でポーズに不自然さを覚えて変更。
不自然さの原因は、手と足それぞれが同じ方向を向いているから。
分かってて進めたけど、やっぱり良くなかったですね。
lakyu05_00.jpg

lakyu05_2.jpg

鎧=ヴァージンスノー(無垢の白雪)の描き込み。
アニメ版よりはだいぶ質感が出たはず。
test_lakyu04.jpg

髪の毛の塗り。
test_lakyu05.jpg

縦ロールも描いてて楽しい!
test_lakyu06.jpg

薔薇の紋様は図形として一度作成し、複数コピーしたものを貼り付けて変形・加筆。
test_lakyu07.jpg

色調補正後、ドロップシャドウとハイライト加筆。
lakyu06_1.jpg

浮遊する剣群(フローティングソーズ)も薔薇と同様、図形を作成後、6本複製。


同じく変形した後、それぞれを書き込んで仕上げます。
lakyu07_3.jpg

全体の色相をシアン方向に引っ張って、完成!
lakyu08_1.jpg

いかがなもんでしょー?

17:56 | works | comments(0) | trackbacks(0)
アビゲイル・ウイリアムズ+ハーレー・ダビッドソンFLHTC描いてみる。

表題の作品の前に・・・

年末から描き始めたのですが、イマイチ気に入らなくて、ポーズ案が二転三転した「美遊兄」ことプリズマ☆イリヤに登場する衛宮士郎さんのメイキング記事から始めたいと思います。

厳密に言うと「劇場版プリズマ☆イリヤ 雪下の誓い」に登場する美遊兄です。
初期ののんびりした雰囲気と異なり、ほぼFate本編と同じような雰囲気に仕上がった良作です。



それは美遊兄一人とっても同様で、スピンオフと言うよりStay Nightであり得た衛宮士郎その人だったのではないか、と思えるほど。
しかも数あるスピンオフ全て含めてさえ、その中で「一番かっこいいと思える衛宮士郎」です!
美遊兄、マジかっこよすぎいいいいい!!(落ち着け)

そのせいからか、ラフの時点でけっこう時間がかかりました。
士郎と言えば、双剣を手に飛びかかるポーズ?
sirow00.jpg

同じく双剣を構えるポーズ。
sirow02.jpg

結局こんな感じで落ち着いたのですが、既に年を跨いで2019年。
ちょっと時間かけすぎましたね。ここからはさくっと描き上げてしまいましょう。
sirow07.jpg

エミヤとも微妙に違うこの感じが良いんですよねえ。
強いて言うなら千子村正。
test_shirow01.jpg

完成♪
最近躍動感のある絵はあんまり描いてなかったので、新鮮でした。
ちなみにロー・アイアスらしきものも描いてあるんですが、ちゃんと4枚にしましたよ?(笑)
sirow08.jpg

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

ここからが本題。
フォロワーのシュウさんからのリクエスト、FGOのアビゲイル・ウイリアムズちゃん(アビー)です。
史実も含めて元ネタが元ネタなので、古参のラヴクラフトファンとしては色々思うところのあるキャラクターとエピソード。
まあ、それを置いといても描き甲斐のあるモチーフだと思います。
19500.jpg

何せ様々な側面を持つキャラクターなので、どこに焦点を当てるかによって絵のテーマまでもが、まるっきり変わってしまいます。
しかし今回はシュウさんの方から「ハーレーFLHTCに乗ったアビー」と注文を頂いたおかげで、どういうアビーを描くかは自ずと決まりました。

良いネタがあるじゃないか、概念礼装「英霊旅装」!
0825.jpg

ここまで決まれば、イメージはすんなり降りてきました。
ラフを描いてみます。
やはり少女を描くなら、俯瞰視点でしょう。
ハーレーとのアンバランスさの妙というやつも、この方が映えます。
abi00.jpg

背景ありのトリミング版と、全体が見える背景なし版の2種を仕上げることにしました。
abi01.jpg

abi02.jpg

下塗り。
ハーレーのカラーリングはアビーに合わせて、オレンジ×黒で適当に塗り分けてみました。
メーター周りを敢えて黒でなく、オレンジにしたのがこだわり(笑)。
abi03.jpg

彩色開始!
だいたい狙ったとおりの表情が描けそうで、まずは一安心。
test_abi01.jpg

ある程度、人物が塗れたところ。
ここからは人物とバイクを切り離し、更にバイクも「外装」「エンジン」「足周り」で分けて管理します。
abi04.jpg

バイクを塗っている途中、人物との比率が気になったので、人物の方をやや縮小。
バイクの方もエンジンの位置等修正しました。
test_abi03.jpg

バイクもほぼほぼ塗れたところ。
たまに人物を乗せてみて、バランスを確認していきます。
hd03.jpg

hd04.jpg

アビーの表情、髪の毛仕上げ。
良い出来♪
ん?そういや英霊旅装の北斎もこの髪型だったよね?同じフォーリナーだし、何か意味あるんかいな???
test_abi04.jpg

置き場所がなかったので、くまさんにはタンデムシートに縛られてもらったゾ!w
test_abi05.jpg

ドロップシャドウとハイライトを描き込み、色調補正して背景なし版の完成。
ええやん!
abi12.jpg

背景あり版は、まずトリミングして背景追加。
次に、アー○ムの案内看板を図形ツールで制作→それらしく描き込み。
abi06.jpg

看板をガウスでぼかし、影を描き込み→アビーの部分だけ選択して新規レイヤーをグラデーションで塗りつぶし。
abi08.jpg

オーバーレイで重ねて、こっちも完成!
abi11.jpg

最近では一番良い出来に仕上がったと思います♪
リクエストされたものを描くと、新たな発見やスキルアップが確実にありますね。
これからもちょくちょく受け付けていきますよ!

08:56 | works | comments(7) | trackbacks(0)
転スラのリムルとシズを描いた件。

最近ラノベ界で流行りのいわゆる「異世界転生もの」、短絡的な導入からしてどれも大差ないだろう、と思っていた時期がぼくにもありました。
実際のところそれは正しいと言えますが、少なくともアニメ化されるほどの人気作品は、それだけの魅力と工夫があるものです。
ぼくなんぞは新作が出る度に、まだこんな見せ方があったかー!と感心しきりです。
みんなすごいね・・・よく思いつくわー。

今回はそんな「異世界転生もの」の中でも人気急上昇中の「転生したらスライムだった件(以下転スラ)」から主人公リムルとシズを描いてみました。

ネタバレになるので詳しくは書きませんが、瓜二つの二人を描き分けた上で並べてみたかったので(作中ではある理由によりまず見られない)背中合わせにしつつも物語性が伝わるようにしてみました。

rimuru_test00.jpg

初めて描くキャラなのにいきなり横顔。
ちょっとハードル高いかな?と思ったけど、特にそんなこともなかったです。
test01.jpg

test03.jpg

シズも同じく。
sizu_test01.jpg

sizu_test03.jpg

2枚のレイヤーを合成して馴染ませます。
test06.jpg

背景は写真をトリミングし、中央付近に逆光のフィルターをかけます。
その上からオレンジのレイヤーを重ねて、夕焼けの空にしました。
back01.jpg

ブラシで塗りつぶしたり描き直したりしてそれっぽくした後、人物とヴェルドラを合成。
back02.jpg

グラデーションのレイヤーをその上からオーバーレイで乗せて統合。
さらに統合したものを複製、スクリーンで重ねて逆光を演出してみました。
back03.jpg

漏れた光とかを描きこんで完成です!
rimuru_sizu01.jpg

わりとさくっと描いたわりに評判良くて、ぼくが一番びっくりしてたりします(笑)。
こらそこ!転スラ人気の波に乗っただけとか言わない!
いや、たぶんそうなんだろうけどね。(´・ω・`)


 

 

 

 

 

00:00 | works | comments(0) | trackbacks(0)
ここ最近のお絵描きまとめ。

今回は、今年描いたもので記事にしてなかった作品(主にネタ系)を、せっかくなのでご紹介させて頂きます。

思えば、こんなに絵を描いたのは実に16年ぶり。
この間、1年に1〜2枚しか描かなかったのが、今年だけでなんと60枚以上です。
いやあ、びっくりですね。
これにはフルデジタルの環境になったのが大きいと言えるでしょう。
メディバンペイントなるイラスト専用ソフトを手に入れたことで、直接PC上でラフを描き、そのまま最後まで仕上げることが出来るようになったのは、想像していた以上に画期的なことでした。
これは今年1年を振り返って、最も大きな出来事だったのではないかと思います。
デジタル万歳!

さてそれはともかく、まずはFGOよりエレちゃんです。
霊基再臨で露出度の高いコスの方が人気があるっぽいですが、ぼくは断然このコスが好きです。
と言うか凛ベースのキャラの中ではイチオシ!
ereshu03.jpg

ereshu05.jpg

全体完成。
ereshu07.jpg

まあ、これがやりたかっただけなんですけどねwwwwwww
ereshu08.jpg

同じ路線でひぐらしのなく頃により、竜宮レナ。
誰だか分からないけど、この絵を元に描かせて頂きました。
sorena01.jpg


test02.jpg

なんとなく反転。
rena_sorena00.jpg

背景はGNで初めて雛見沢を訪れた時に撮った「嘘だ!」の坂。
CIMG6006.JPG

それな!
rena_sorena01.jpg

これはわりと最近描いたゴブリンスレイヤーさんと女神官さん。
らくがきのつもりが描き進めてしまい、結局普通に完成させてしまったという頭の悪い例。
gob01.jpg

gob02.jpg

gob03_0.jpg

完成!
gob03_1.jpg

来年もいっぱい描こうと思います!
何らかの形で印刷物に出来るくらい、描き溜めたいかな。


 

22:35 | works | comments(0) | trackbacks(0)
ランサーオルタ(アルトリア)+ヤマハウォーリアー描いてみる。

槍トリア=ランサー(アルトリア)と言えば、以前にもFate/Zero動画のカットインとして描いていますが、今回は上乳上ではなく下乳上(オルタ)の方となります。
FGOを知らない方には、何を言っているのかさっぱり分からないと思いますが・・・ゲーム内で実際に使われているグラフィックがこちら。

・・・なるほど、下乳上・・・って誰がうまいこと言えと。
07803.jpg

嘘みたいだろ・・・これ、アーサー王なんだぜ?

それでもって、Fate/Zero本編でセイバーがヤマハV-max改(?)モタード・キュイラッシェを駆るシーンは有名ですが、それと同じように乳上にもバイクに乗って頂こうかと。
なにせカルデア内ですら馬から下りないくらいの乳上ですから!(笑)やはりバイクとセットの方が映えそうですよね?
乗って頂くバイクはこちら!

■ヤマハ ウォーリアー
18252km.jpg

乳上を見た瞬間から乗せるならアメリカンだと思ったし、セイバーがV-maxなら同じヤマハが良いし!
そんな中でも割とマイナーなウォーリアーを選んだのは、ぼくの好きなMT-01の前身だから、でしょうか。
それ抜きにしてもかっこいいバイクですけどね♪

早速、ラフ開始。
全体図は全体図として完成させて、最終的には縦にトリミングした1枚絵を仕上げる、という工程を取ることにしました。
art_lanc_aiter00.jpg

ウォーリアーの方はキュイラッシェと同じようにカウルを纏ってもらうことにしました。
さしづめ愛馬ラムレイのバイク化と言ったところでしょうか。

カウル考えるの楽しいね!
実際のバイク用というわけでもないのに、ここはここと干渉するからこう・・・とかデザインしてしまうのは、たぶんバイク乗りの宿命。

下塗り開始。
この時点でかなりの数のレイヤーになってしまったので、途中から人物とバイクは別ファイルで制作することにします。
test_sitatiti01.jpg

実は元絵の有機的な鎧(?)のデザインはあまり好きではないので、ある程度リアリティを持たせたものに変更しました(リアリティがあるとは言ってない)。
髪型も編み込み入れたりしてアレンジしてるので、印象は大幅に変わっていますね。
でもこっちのがアルトリアの雰囲気が出ていると思うので、個人的にはこれで正解だったと納得しています。
test_sitatiti03.jpg

顔とかの塗り。
test_sitatiti04.jpg

胴体部分。
金属同士が当たる音が聞こえてきそうな感じを目指してみました。
test_sitatiti07.jpg

一方、ウォーリアーはいつも通り、ホイールから。
ホイールベースをしっかり考えて描き始めると、後になって矛盾が生じたりすることもなく、作業が楽になります。
今回はロンホイ仕様のイメージだったので、ノーマルよりホイールベースを長くとってあります。

test_warr01.jpg


ここからスイングアーム、フロントフォーク、フレームのあたりを付けていきます。
たまに乳上を乗せてみて全体のバランスとデッサンを確認しつつ、作業しました。

test_warr03_1.jpg

別レイヤーでカウルをデザイン、からの〜完成!
warr01.jpg

ロンゴミニアドについては、これも元絵とは真逆の簡単なデザインにしてみました。
ちゃんと槍として機能しそうな見た目にしたかったのが大きいです。
longo01.jpg

全体絵の完成です!
art_lanc_aiter05.jpg


art_lanc_aiter05_1.jpg

これを元に回転+トリミング。
背景を追加後、色々補正したり描き込んだりして、背景ありバージョンも完成!
art_lanc_aiter06.jpg

おまけ。
上乳上下乳上上から見るか下から見るか。
Dt-mLB8VYAEU0yC.jpg

例によって大きいサイズはpixivでご覧頂けますので、宜しければどうぞ!
 

21:47 | works | comments(2) | trackbacks(0)
再 開 その3

続き。

弓エミヤを描きます!
前から描きたかったキャラではあったのですが、なかなかきっかけがなくて今まで描いたことがありませんでした。
emiya01.jpg

前から描きたかったせいなのか?やたら描きやすい!
当然描いてて楽しい!
test_emiya02.jpg

描いてる間は、処刑用BGMリストをずっと聴いてました。
見よ、このリスト!(笑)
あ、皆さんご想像のとおり、エスパーダのソロ峠走行動画はこのリストの中から選んでBGMにしています。
名称未設定 1.jpg



どんどん描きこんで完成!
emiya05.jpg

人物が全員完成したので、背景も描く・・・つもりだったのですが、とても都合の良いことに九州ツーリングに行く時に立ち寄った神戸の「うろこの家」の写真がぴったりだと言うことに気づきました。
そりゃそうだよね、もともと遠坂家のモデルはここなんですから。

しかもほぼ無加工の写真ですら、このとおりまるで絵画のよう。
たくさんの観光客が写真を撮っていくから、綺麗に写るように工夫してるのかな?
ぼくのボロいデジカメでこんなに綺麗に撮れるのは、とても珍しいことです。
CIMG3418_1.jpg

よく見るとテーブルに札が置いてあるので、これだけは消しておきましょう。
あとはほぼ色調補正のみ。


それとぐだ子が座る椅子も同じくうろこの家にある「サターンの椅子」を元に加工しました。
主な加工箇所は背後にも人物が重なるため、そっちも見えるよう背を低くしたこと、ギル様の腕がもたれられるよう背もたれの左右の彫刻を消したこと、です。
20171218212155.jpg

さっそく背景に椅子とぐだ子を配置し、新たに影を描き込みます。
guda05.jpg

ギル様。
gil06.jpg

エミヤ。
流石に違和感ないと言うか似合うわ、この背景(笑)。
紅茶淹れてほしい!


3人。
これで完成です!間に合った〜。
00_03_11.jpg

肝心のでくのタンのサークルブースはこちら!
みんな是非行ってみて!!


とは言え、とてもコミケ会場には行けないよ〜と言う方にも朗報!
既にメロンブックスさんで予約が始まっています。
こちらでも購入出来ますので、是非お手に取って頂ければと思います。
001.jpg

ノベルティのカレンダーも完成しております。
うひゃー、めっちゃ出来良いですね。
このお仕事、引き受けて良かったです。
002.jpg

そんなこんなで自分のサークルではないにせよ、再開した同人活動。
今後少しずつ力を入れていくかもしれません。
良い機会、お仕事をくださったでくのタンには感謝感謝です!

おしまい。

18:07 | works | comments(2) | trackbacks(0)
再 開 その2

続き。

ギル様に続いてぐだ子を描いていきます。
衣装はカルデア制服をモチーフとしたドレスをデザイン。異国の王子二人に囲まれた姫といったイメージにしています。
最初、鯖2人も王子風の衣装を考えるつもりでしたが、そのままでも十分王子っぽいので(笑)やめました。

あとぐだ子の表情について、でくのタンから「強気の笑みもぐだ子らしくて良いかも?」と提案がありましたので、そのように変更。
なるほど、断然こっちのがらしくて良いですね♪
guda01.jpg

途中で目の位置を変更。
これはまり花ちゃんの時にも遭った事象で、やはり最近の絵はこれくらい離れているのがトレンドの様子。
実はまり花ちゃんよりぐだ子の方が先に制作にかかっていて、この時これに気付いたおかげで、まり花ちゃんはすぐに修正が出来たのでした。
うーん、やっぱり何事も経験ですね。
描いてみなきゃ分からない。
test_guda07_1.jpg

腕の位置も変更。
これは、ラフの時点でどれくらいの大きさの物を抱えているのか、決めていなかったから。
今回の本のキーとなる「ぐだ子の大切なもの」を、途中から「ハート形の何か」ということにしたので、ある程度形が分かる大きさにしたかったわけです。
それに従って、抱え方が変わり、腕の位置が変わったということですね。

どうでも良いけど、この位置でトリミングするとルプスレギナに見えるッス!・・・あ、独り言ッス!
test_guda08_2.jpg

ミニクラウンとか髪飾りとかそれっぽいの。
髪型も微妙にロングにして、毛先にウエーブを入れてます。
test_guda10_1.jpg

そんなわけで、ぐだ子はこんな感じ☆
test_guda11.jpg

つづくよ!

11:46 | works | comments(0) | trackbacks(0)
再 開 その1

今を遡ること半年ほど前、10年以上のお付き合いになるお友達、でくのさん(@dekuno)のリクエストでセイバーオルタを描いたのはまだ記憶に新しいところです。
以下、セイバーオルタが描き上がった後の、でくのタンとのやりとり。

名称未設定 1.jpg

そしてでくのタンのサークル「月望(Moonbow)」さんは見事当選し、絶対に忘れなかったでくのタンから依頼が来たわけでございます。
まあ、モノクロのイラスト1〜2枚くらいの依頼かな?と思っていたのですが・・・



ん?
・・・え?



おいおい、表紙って!!

 


責任超重大じゃん!!
しかも締め切りはこの日から3週間と短く、おまけに紅葉シーズンまっただ中のツーリング行きたい欲が高まっていた中。

なので、短期集中決戦で仕上げることにしました。
当然、表紙なので手を抜くことは出来ません。
冬コミって締め切り超短いから嫌いだよ・・・。

そんなプレッシャーの元での作業工程を綴っておきます。
まずは全体の構図から。
3人の構図って難しいよね・・・色々考えてわりとオーソドックスで見栄えの良さそうなのをざっくり描いてみました。
この中から絞り込んでいきます。
00_01.jpg

3人の関係が分かりやすそうなのが、3と4。
ただ表紙なら縦が良いな、と思っていたので必然的に3の案となりました。
ポーズを変更したりしながら、描き込んでいきます。
00_03_2.jpg

00_03_6.jpg

ラフが出来たところで、各キャラ切り離して別ファイルで作業していきます。
まずは弓ギル。
01200.jpg

現在FGOでは一言でギルと言っても、弓ギル、術ギル、子ギルといますが、個人的に弓ギルが一番好きなので、そこはラッキーでした。
しかしその弓ギルの中でさえ、霊基再臨の関係で外見が複数存在します。
ま、でもやっぱギル様と言えば半裸が一番しっくりくるかな?と言うことで。

「いい度胸だな、雑種!」
gil02.jpg

ギル様は初めて描くのですが、特に迷うこともなく、意外とすんなり。
ただ、上半身完全に肌色一色と言うのは絵としてつまらなさそうだったので、少しアレンジさせて頂きました。
test_gil01.jpg

ひたすら描き込む!
test_gil02.jpg

こんなもん・・・かな?
gil04.jpg

つづくよ。

23:55 | works | comments(0) | trackbacks(0)
【ひなビタ♪】山形まり花ちゃん描いてみる。

ひなビタ・・・何それ?
山形まり花ちゃん・・・誰それ???

そんな状態から始まりました、山形まり花ちゃんのイラストでございます。
きっかけは、フォロワーでボンネビル乗りのたかさんが「ボンネビルの傍らに立つまり花ちゃん」のイラストを描いている途中「影の付け方が分からない」と悩んでしらしたので、おせっかいながらぼくが、下にある絵を描いて光源と影の関係を図示したことによります。

marika01.jpg

構図となにより「バイクと女の子」というテーマが気に入ったので、なんとなく自分の絵でそのまま描き進めてしまいました。
その時は多分、また何か質問が来たらこの絵を例に教えれば良いし!みたいなノリだったと思います。
棒立ちじゃなくて「奥行きと動きを感じるポーズ」が良いよー、とか観測者の視点を考えると「バイクとまり花ちゃんの見え方はこんなアングル」だよー、とか。
marika04.jpg

この時点で「ひなビタ♪」「まり花ちゃん」共によく分かっていなかったのですが、作品のことや元絵を調べているうちに少しずつ興味が湧いてきました。

「商業施設の発展で寂れてしまった日向美商店街を盛り上げるべく、5人の少女たちが町興しのためにバンド活動を始める」というバックストーリー。公式サイトを中心にWebラジオなどで楽曲の制作風景やバンド活動の経過をリアルタイムで実際に報告していき、完成した楽曲を随時配信するという体裁を取っている。また、BEMANIシリーズへの楽曲配信など、他メディアとのコラボレーションも行われている。(Wikipediaより)


なるほど!
それにしても・・・元絵に目が慣れてくると、今度は自分が描いている絵がまり花ちゃんに見えなくなってきたんですが。
原因を徹底的に調べてみると、どうやら目の位置が違うみたいです。
左がぼくが考えていた目の位置ですが、右が原作絵師の目の位置です。そんなわけで修正。
test01.jpg

服は基本的にたかさんのコーデを参考にしていますが、より女の子らしさを押し出すために、デニムジャケットはパフスリ+丈の短いものにしてみました。
参考資料は手持ちのジャケット(笑)。
パフスリいいよね、パフスリ!
test03.jpg

全体。
marika06.jpg

ここから髪をしっかり塗っていきます。
萌え絵はこういうとこがめんどくさいのですが、これがしっかり出来てないと魅力半減ですので、ちゃんとやっていきます!
test06.jpg

髪以外も細かいところを描き込んでいきます。
うーん、色々気を遣うなあ・・・。
test09.jpg

バイクと人物がほぼ塗り上がったところ。
もう何年もこういう絵は描いていなかった割に、キラキラおめめとか、髪の質感とか上手く描けた気がするゾ!
marika07.jpg

marika04.jpg

背景はち☆く☆パ!で有名な某店にしました。
ここはもう、写真を見て地道に描くしかありません。
もちろん、不要な箇所は改変していきます。
marika08.jpg

秋らしく遠景に紅葉を置いてみました。
marika09.jpg

背景の上に新規レイヤーで集中線を描きこみ、白で塗り潰してオーバーレイで重ねます。
test10.jpg

更に一番上にレイヤーを作り、主に人物に光が当たる箇所を薄いグリーンでブラシをかけて、スクリーンで乗せます。
test11.jpg

これで秋の日差しの中、元気いっぱいのまり花ちゃんになりました。
test12.jpg

最後に、一番手前にもみじの葉を描き、ガウスでぼかします。
あとはトリミングして完成!
marika10.jpg

背景なしバージョン。
marika10_1.jpg

例によって大きいサイズはpixivでご覧頂けますので、宜しければどうぞ!

たまにはこういう絵も良いよね。
収穫も色々ありました。
今後も精進いたします、はい。

00:58 | works | comments(0) | trackbacks(0)
【開花のススメ】強化外骨格 雷電と巴恵を描いてみる。

お絵描き回、まだ続いてます。
興味のない方はごめんなさい(笑)。

今回は「開花のススメ」より覚醒式強化外骨格「雷電」と黒須巴恵です。
「開花のススメ」は、ご存知「覚悟のススメ」の外伝として描かれた、苺野しずく先生の漫画。
苺野先生は他にも有名どころだと、漫画版の牙狼とか描かれております。
71RTzhjs2DL.jpg

本当は強化外骨格が描きたかっただけなので、正直なんでも良かったわけですが、覚悟や零はけっこう色んな方が描いておられる(と思う)ので、敢えてあまり描かれることのないこちらをチョイスしてみました。
raiden00_0.jpg

だいたいの構図が決まったところで、雷電と巴恵を分けて作画していきます。

ざっと塗りつぶしてからの・・・
raiden00_1.jpg

完成!
raiden01.jpg

せっかくなので雷電単体用に背景を用意してみました。

うむ、かっこいい♪
さすが山口貴由先生のデザインです。
他の強化外骨格も描いてみたくなりますね。
raiden02.jpg

次に、巴恵を背景にして置いてみます。
両者同じポーズで、それぞれ別アングルからの視点としています。
test00_1.jpg

巴恵の塗りつぶしからのー
test03.jpg

描き込み開始。
test04.jpg

うーん・・・なんか違う・・・かな?
なんとなく、まとまりがないような。
いや、まとまりと言うより面白みと言うべきか。

そこで思い切って、巴恵のアングルを正面に近いものへと変更してみることに。
test05_1.jpg

これなら良さそう。
両者とも横を向いているよりは、変化が出て良いんじゃないかと思います。
・・・てことで描き直し!

デッサン→ラフ。
tomoe03_1.jpg

和服、それも袴については詳しいわけではないし、見たり観察したりと言った機会も少ないので、特にこういった派手な動きになった時にどういうふうに皺がつくのかとか、そもそも縫製がどうなのかとか、完全に想像の延長線になってしまうのが悔しいところ。

その想像の延長線上の下絵から塗りつぶし。
tomoe04.jpg

最近、かわいい系の絵を全然描いてなかったので、やや手間取りました。
これでも原作の絵柄よりは、だいぶ現実的な方向に寄せてみたつもりですが。
test06.jpg

だいたい塗り上がったところで、色調補正とドロップシャドウ、ハイライト追加。
tomoe07.jpg

こちらも単体用に背景作って、完成。
tomoe09.jpg

雷電と巴恵を合成して、ようやく完成です。
巴恵の描き直しで時間がかかってしまいましたが、やって正解でした。
なんか、コミックの表紙みたいになっちゃいましたけどね(笑)。
tomoe_raiden02.jpg

完成したところでツイッターにも上げてみたところ、まさかの苺野先生ご本人からのコメントが!!

ichigo_rep01.jpg

ひいいいいいいいいいwwwww恐れ多いわwwwwwwwww
いやー、本当にすごい時代になったもんですね。
昨今、ネットの普及による弊害とか社会問題とか色々言われてますけど、クリエイター的なことを趣味としている人間にとっては、こんなにも恵まれた時代はこれまでになかったはずだと思います。

この時代に生まれたことに感謝!
苺野てんてーに感謝!

しかもこの後、フォローまで頂きました。
不束者ですが、今後とも宜しくお願い致します。
ichigo_follo.jpg

え?しかもライダー?
ヤマハ乗りですって?

ひょっとして運命開花しちゃいました?(いいから落ち着け

09:52 | works | comments(2) | trackbacks(0)
| 1/6P | >>