<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
雛見沢ドライビング2018秋:その5

続き。

駐車場に戻って、車内に昔買った安物の靴があったことを思い出し、さっそく履き替えました。
ラッキー♪
CIMG4339.JPG

今日はここからが本番!
今から白山白川郷ホワイトロード(旧名白山スーパー林道、以下ホワイトロード)を走りに向かいます。
GT-8でか!!ビートちっさ!!www
DqhnDPIU4AIToXn.jpg

DqhnDPMVYAEt8ZL.jpg
※写真提供:悠々さま

入り口。
普通車は片道1600円、これから出会う絶景と状態の良い路面を考えれば安いものです。
CIMG4342.JPG

ただ残念なことに、二輪車は通行出来ません。
実は今回、ぼくが雛見沢を目的地に選んだ理由はそれで、どうせクルマで行くならクルマでしか走ることの出来ない道を走りたかったからなのです。

ホワイトロードは初夏に走っていますが、この時期ならではの光景も有名なので、いつか走ってみたいと思っていました。
しかし大抵はバイクで来てしまうので、なかなかその機会にありつけなかったのですよね。
CIMG4345.JPG

いきなり続く急勾配と急コーナー。
今回は一人じゃないので、後に気を遣いながら走ります。
まずは休憩ポイントまで、様子見でゆっくり走行。
特に軽自動車2台にとっては、登りはかなりきついはず。
CIMG4348.JPG

第1休憩ポイント。
既に絶景が広がっており、皆さんはしゃいでおります。
CIMG4350.JPG

はしゃぎすぎwww
後の御夫婦の視線が痛い。

※写真提供:悠々さま

CIMG4354.jpg

しかしホワイトロードが凄いのはここからです。
CIMG4355.JPG

隊列を入れ替えて2番手に悠々さんのビート。
下り勾配に入ったのでペースを上げると、ちゃんとついてきます。
むしろ余裕?
下りではうちのGT-8より遥かに扱いやすそうだし、何より楽しいんじゃないかと予想。
CIMG4356.JPG

第2休憩ポイントの国見展望台。
CIMG4370.JPG

CIMG4359.JPG

うおおおおおおおおお!!
前回来た時もすごいと思ったけど、紅葉の国見展望台は絶景!!これを絶景と言わずして何を絶景と言うのかと言いたくなるほど、素晴らしい光景が眼下に広がっていました。
CIMG4364.JPG

CIMG4367.JPG

これにはみんな感動。
連れてきて良かったなあ。
CIMG4366.JPG

さて問題はここからです。
もともとのプランでは、ここで引き返すことになっています。
何故ならこのままホワイトロード終点まで走ると、石川県に突入し、予定の時間に帰宅することが困難になってしまうからです。
時間に余裕があれば紅葉の九頭竜湖を案内することも出来るので、それも良いかと思っていたのですが、如何せん雛見沢の散策に時間をかけすぎました。

しかしこの時、ぼくが出した決断はこのまま石川県まで行くという選択肢でした。
ホワイトロードのこの先を見せたかったというのが大きいんでしょうね。
今思えば大失態でした。

そんなわけでホワイトロード攻略続行です。
2番手にミラジーノのにゃーとんちゃんを入れて再出発。
CIMG4371.JPG

376.JPG
※写真提供:にゃーとんさま

にゃーとんちゃんは「景色なんて見てる余裕なかった、ついてくのに必死」と言ってるわりには綺麗にコーナーをクリアしていくし、すごく楽しそうでしたね(笑)。
そしてみんな運転上手い!ちょっと感動しました。
375.JPG
※写真提供:にゃーとんさま

CIMG4389.JPG

そして終点。
秋のホワイトロードは本当に素敵でした。
もうね、是非もっと多くの方々に行ってもらいたいです。超オススメ!
CIMG4378.JPG



さてさて、もうお分かりでしょうがここからは地獄で(笑)、石川県→福井県に入り、勝山→大野の市街地を走り抜けます。
バイクならまだ良いのですが、日没後に4輪で隊列を組んで走るのは困難を極めます。
特に市街地は最悪です。
バックミラーに映るヘッドライトが本当に仲間たちなのか、そうでないのかすら分かりません。
時折路肩に停車して確認しながらの先導はきつかったなあ・・・(誰のせいだよ)。
ついでに言うとその路肩すら4台停車出来るスペースを探すのに一苦労でした。

そして夜の九頭竜湖を走ります。
街灯のない峠道はとても恐ろしいのですが、それでも後方確認はしやすいので、市街地に比べれば随分ましな感じでした。
紅葉なんて見えるわけありませんw

道の駅 九頭竜湖に到着!
CIMG4393.JPG

随分遅い時間になってしまいました。
参加してくれた皆さんには本当に申し訳ない!

山のてっぺんに満月が上りました。
にゃーとんちゃん「満月も見れたし、良かったよ!」
ううっ、ありがとう!
CIMG4395.JPG

最後に記念に。
CIMG4392.JPG

本日の行程、約460km。
以前一人で回ったのと同じコースであるにも関わらず、何倍も楽しかったし何倍も疲れた1日となりました。
え?らびえぬさんは伊勢まで帰る?・・・ご、ご苦労さまです!!そしてすまぬ!!
名称未設定 1.jpg

またこのメンバーでどこかへお出かけしたいですね。
お誘い、いつでもお待ちしてますよ!

おしまい。

12:33 | trans-vestite | comments(0) | trackbacks(0)
雛見沢ドライビング2018秋:その4

続き。

お昼を予定している「落人」さんへ行くまでの間に園崎本家があるので、そちらへも寄ってみます。
CIMG4282.JPG

コスモス!
にゃーとんちゃんが「あそこに立ったらコスモスの中にいるみたいで、きっと良い写真が撮れるよ!と提案してくれたので、やってみることにしました。
CIMG4286.JPG

良い!良いぞ!
CIMG4302.JPG

CIMG4298.JPG

388.JPG
※写真提供:悠々さま

提案してくれたにゃーとんちゃん、撮ってくれた悠々さん、ありがとうございます!
おかげでめっちゃ盛れましたwww

メインストリートに出て再び散策。
CIMG4311.JPG

CIMG4307.JPG

ちょうどここにカーブミラーがあったので、ほぼ反射的に自撮りしてると、にゃーとんちゃんが「そんな撮り方もあるんだー?」とやたら感心していました。
いやいやいや、そこ感心するとこじゃないんです。
CIMG4306.JPG

みんなで!
377.JPG
※写真提供:悠々さま

395.JPG
※写真提供:悠々さま

ここは雛見沢の中でもあまり人が入ってこない、ひっそりした場所で、ぼくのお気に入りです。
何があると言うわけでもないですが、狭い場所が好きだからか(?)妙に落ち着くんですよね。
CIMG4313.JPG

CIMG4315.JPG

ここで悠々さんがJUNさん、そこに立ってみてー、とおっしゃるので言うとおりにすると撮影して下さりました♪
さすが悠々さん、良い腕してる!
392.JPG

394.JPG

CIMG4319.JPG

今回も葺き替え中の家屋がありました。
住民の方々のこういった努力があって、今の雛見沢があるわけです。
本当にご苦労様です!
CIMG4317.JPG

CIMG4320.JPG

さて、お昼にお邪魔しようと思っていた落人さんに着くと、かなりお客さんで込み合っている様子。
しかもお目当ての特製カレーは売り切れ!
ショック!!
CIMG4323.JPG

CIMG4321.JPG

しかたなく、またも「けやき」さんに向かいました。
自分だけなら新しい場所に冒険したかもだけど、今回はやめといた方が良さそうですしね。
CIMG4326.JPG

とろろ蕎麦にしました!
濃厚なとろろで、美味し!
CIMG4325.JPG

けやきさんから出ると既にかなり時間が経過していました。
日が傾きかけています。
CIMG4328.JPG

急いで駐車場に戻ることにします。
CIMG4329.JPG

今回も楽しかった!
また来ますね、雛見沢!
CIMG4333.JPG

つづく。

23:23 | trans-vestite | comments(2) | trackbacks(0)
雛見沢ドライビング2018秋:その3

続き。

秋の雛見沢を散策です。
集合駐車場から近いところにある、お世話になっている「ふるさと」さんと「きどや」さん。
今回は泊まりじゃないのが残念。
CIMG4247.JPG

次にいつもどおり、オヤシロさまに挨拶していきましょう。
あれ?左の木は台風の被害でしょうか?
CIMG4248.JPG

372.JPG
※写真提供:にゃーとんさま

痛絵馬も健在です。
でも流石に数は減ってきたかな?
CIMG4250.JPG

意外にも、ぼく以外の方は訪れるのが初めてと言うので、案内がてらの散策となりました。
雛見沢なら任せとけ!
CIMG4251.JPG

CIMG4253.JPG

CIMG4254.JPG

「落人」さんの前で自撮り。
展望台を回った後、お昼はここにしようと思います。
373.JPG
※写真提供:にゃーとんさま

良きかな、秋の雛見沢。
CIMG4261.JPG

CIMG4262.JPG

お約束の展望台へ。
まずは梨花ちゃんハウスの無事を確認。
CIMG4276.JPG

展望台への入り口は「嘘だ!!の坂」です。
CIMG4275.JPG

今回は靴のソールが超厚いので、ちょっときついかな?と思ってはいましたが、これは予想以上。
しかもそれだけでは済みませんでした。
384.JPG
※写真提供:悠々さま

路肩に落ち葉が積もっているのが、​写真でもお判りになると思います。
そこに誤って右足を踏み込んでしまい、足は挫かなかったものの、なんとソールが取れてしまったのです。
あー、なんかこのシチュエーション以前にもあったような・・・。

 最 悪 。

取れたソール(ゴミ)を手に、とりあえず展望台まで歩くことにしました。
・・・きっつ!!
CIMG4266.JPG

ぼくが日本で一番だと(勝手に)思っている展望台からの風景。
最近は外国人観光客が多すぎて、やや風情に欠けるのが痛いところ。
CIMG4267.JPG

それでも雛見沢、そなたは美しい!!
CIMG4269.JPG

で、ダメもとで売店に靴の類は売ってないか見たところ、お土産品のサンダルがあったので即買い。
不恰好だけど、これでなんとかなりそうです。
CIMG4308.JPG

385.JPG
※写真提供:悠々さま

さて、お腹も空いたし、お昼にしましょう!
CIMG4277.JPG

つづく。

03:52 | trans-vestite | comments(0) | trackbacks(0)
雛見沢ドライビング2018秋:その2

続き。

雛見沢手前のイチコロは、相変わらず状態が悪いです。
今となっては世界遺産となった雛見沢にアクセス出来る、唯一の下道である156号のはずですが、やはり観光客の殆どは高速を選び、こちらは需要がないということなんでしょうかねえ?
もったいない話です。
CIMG4204.JPG

少なくとも眺めは良いし、路面を除いてはコースも変化に富んでいてとても楽しい道です。
CIMG4206.JPG

CIMG4218.JPG

CIMG4220.JPG

荘川桜から暫く走りましたが、未だ御母衣湖は続いています。
ホントに長〜いダム湖です。
CIMG4222.JPG

全員揃って、無事到着!!
CIMG4228.JPG

現在、集落への車両の乗り入れは出来ないため、専用駐車場に停めます。
CIMG4231.JPG

降りると突然始まる撮影会(笑)。
381.JPG

382.JPG
※写真提供:悠々さま

可愛く撮れてる!
にゃーとんちゃん、ありがとー!
CIMG4232.JPG

CIMG4235.JPG

そういや、スカイラインGT-8とこの格好で撮るのは初めてですな。
良い記念になりました♪
CIMG4236_0.jpg

にゃーとんちゃんと仲良く集落まで。
つか、にゃーとんちゃん、けっこう背が高い!

※写真提供:悠々さま

CIMG4239.JPG

かえるちゃんリュック、大正解じゃん〜♪
ゴシックな格好だけど、ミスマッチ具合が良いアクセントになってると言うか、遊び心が入ってて面白くないですか?
371.JPG

370.JPG
※写真提供:にゃーとんさま

ツーショット!
CIMG4241_1.jpg

そう言えばこれだけ何度も足を運んできた雛見沢なのですが、紅葉の時期に来たのは初めてだったりします。
最初にGNで訪れた時は10月だったけど、上旬だったので紅葉はしていませんでした。
1ヶ月も経っていないのに随分印象が違いますね。
CIMG4242.JPG

CIMG4244.JPG

つづく。

20:56 | trans-vestite | comments(0) | trackbacks(0)
雛見沢ドライビング2018秋:その1

タイトルどおり、今回は雛見沢へドライブに行って参りました。

ことの発端はお友達のにゃーとんちゃんが「今月、JUNさんの都合の良い日に何処かへ行きましょう」と持ちかけてくれたことから。
にゃーとんちゃんはミラジーノ(MT)乗りの子で、この時はまあ、バイクで会っても良いかと思っていたのですが、その後のやり取りでクルマで行かざるをえなくなりました。

「かわいい格好で会いましょう」

そんなん、クルマしかないっしょ・・・。
そういやぼくが上げたニーソ写真に反応してたっけ。最近ニーソなんて履いてないんで、また履いてみようと思いますとかリプあった気が。
今回、履いてくるのかな?

そしてお出かけ前日、ぼくも手持ちの衣装を引っ張り出してはコーデに悩んでみるものの、やっぱり無難に黒になりました。
一人撮影会とか屋内撮影ならともかく、外出となるとどうしてもモノクロコーデになっちゃいますね。
色々挑戦してみたい気もするんだけど、やっぱり難しいのです。
今度は落ち着いた色合いのロリ服も買ってみるかな・・・?ショコラ系とかペパーミント系とか。

今回着ていくモワティエのブラウスにプトマヨのスカート、それに(いつもの)ミルキーアンジェのコート。
あと、かえるさんも背負っていこうと思います!
CIMG4124.JPG

ストッキングは、白のレース柄の入ったこちらを手持ちの中から選んでみました。
室内で履いた感じはイメージどおりだったのですが、実際に屋外で見てみると透け感が予想以上で、ちょっと安っぽいエロ下着みたい・・・。
もうちょい黒い感じのつもりでコーデしたのですが・・・うーん、まあしゃーない。
あと、靴は随分前に買ったおでこ靴。
やたらソールが高く、最初に運転席に座ってペダルを踏み込んだ時点で、これで運転は無理だと諦めました(笑)。
めんどくさいけど、下りる時に履くことにしよう。
CIMG4125.JPG

パイスラ・・・のつもりがなってなかったの図。
今回、あんまりおっぱい盛ってなかった罠。
CIMG4142.JPG

美濃のにわか茶屋で待ち合わせしたので、そこまでびゅーんと高速で移動。
途中、事故かなんかで渋滞。
やべえ・・・間に合うか?
CIMG4127.JPG

無事、到着しました!
みんなはまだ来てないようだったので、まずは全身チェック。
うむ、大丈夫。
※注:男子トイレです
CIMG4133.JPG

それから少しして、にゃーとんちゃん到着!
赤に白ドットのかわいいワンピース。
思った以上に若くて美人さんで、どっきどき。

挨拶するとぼくを見るなり「やっば!もっとゴリゴリなの着てくれば良かった!」と第一声。
しかもいきなり目の前で膝丈のスカートを捲り始める始末。

何やってんのー!?

たぶん、ニーソを履いてきたよ、と言いたかったんだろうと思います。
とは思うのですが、こんなとこで女の子が、しかも美人さんがそんなことしちゃダメー!!
慌てて制止し、そして冷静になるまで暫くかかりました。
なんかすごい子だゾ・・・。

写真は、最近車高調を入れたというにゃーとんちゃんのミラジーノと、頂いたお土産。
ありがとー!!
CIMG4130.JPG

こちらは、らびえぬさんのNAロードスター。
はるばる伊勢からのご参加です。
らびえぬさんからもお土産頂きました・・・ああああ恐縮です。
(やべえ、何も用意してないよ!
CIMG4132.JPG

この後、春に夜桜撮影会でご一緒させて頂いた悠々さんも合流して、いざ雛見沢へ!
ちなみに悠々さんはフィガロとWRXも所持されている方ですが、この日はビートでいらしてました。
す、すげえ。

今回はコースから何から全てぼくに任せられていたので、大好きなイチコロ(156号)をひたすら北上。
こんな良い道、良い景色を差し置いて、高速で行くなんて野暮なことは出来ません。
もったいなさすぎます。
CIMG4140.JPG

郡上を抜けて白鳥方面へ。
CIMG4144.JPG

高山に入ったところで、一気に景色は紅葉まっさかりとなりました。
予想どおりです!
CIMG4168.JPG

CIMG4183.JPG

そして南北に伸びる鬼ヶ淵ダム・・・じゃなかった、御母衣湖が姿を現します。
ここまで来れば、雛見沢まであとちょっと!
CIMG4192.JPG

休憩を兼ねて、荘川桜の手前でクルマを停めてみました。
CIMG4191.JPG

CIMG4194.JPG

らびえぬさんはあまり多くを語らない方で、言葉少ない中でのコミュニケーションでしたが、十分良い人だと伝わってきました。
悠々さんは・・・あれ?こんな感じだっけ???と思ったら、体調を崩されているさ中での参加だったようです。
も、申し訳ない・・・。
369.JPG
※写真提供:にゃーとんさま

美人と紅葉。
絵になりますなあ♪
CIMG4200.JPG

ビートのお尻も良き〜。
CIMG4197.JPG

つづく。

10:33 | trans-vestite | comments(0) | trackbacks(0)
会社に浴衣で出勤してみた。
今の職場に変わってそろそろ1年が経ち、主任から手渡しでこの通達が回ってきたのが数日前のこと。

info01.jpg

直に開催される納涼祭の通達なのですが、昨年にはなかった(らしい)「服装に関して」の項目が追加されておりました。
後で他のスタッフに訊いたところ、これ、間違いなくぼくのせいらしいです。('A`)

主任「私、青い浴衣着るから、JUNちゃんはピンクで来てね!(命令)」

もう完全に着てくることになってるー!!

てことで、当日・・・会社では落ち着いてメイク出来ないのは昨年のクリスマス会で経験済みなので、はなからフルメイク+浴衣着用で出社することにしました。
CIMG3498.JPG

ひっさびさの浴衣!
やっぱ良いわ〜。けど、めっちゃ暑い!!
CIMG3486.jpg

CIMG3474.jpg



ちなみに頭のコサージュ?は郡上八幡で買った手作りの品でございます♪
ピンとクリップの両方が付いているので、活用方法色々です。
CIMG3473.jpg

さて、女装外出にはすっかり慣れっこなぼくでも、出社となるとまた(少しですが)緊張しますね。
駐車場にクルマを停めて従業員用通用口へ。
ここで最近入ったパートさんに遭遇。
普通に挨拶されて返します。
ええ、まあお察しだと思いますが、この時点でびっくり仰天。
「ええっ!?男の方なんですか!?」
この後も初見の方を筆頭に「かわいいー!!」の声を浴びながら、気を良くしてお仕事開始です。

職場でも自撮りするJUN様。
CIMG3488.jpg

CIMG3489_1.jpg

と言うように順風満帆の出だしではあったのですが、途中、ボランティアのおっさん(たぶん)にしつこく絡まれたのがきつかったです。
その様子を見ていた他のボランティアさん達も苦笑い。
同人イベントでもこの流れ、よく遭遇しましたよ。
しかし今は職場での仕事中、同人イベントの売り子以上に無抵抗なのですわ・・・つら。
DSCN1431.JPG

色々あったものの浴衣は大好評、とっても疲れたけどぼく自身もとても楽しんだ一日となりました。
でも次に浴衣を着る時は、出来ればプライベートが良いですね(笑)。
早くカブ完成させて、かわいい格好でお出かけしたいです。
CIMG3470.jpg
 
18:50 | trans-vestite | comments(0) | trackbacks(0)
サンタ娘してやったった。

早いもので、今年も残り僅か。
冬を嫌うライダーの方も多いですが、ぼくは夏と比べたら断然好きですね。
バイクのエンジンも明らかに調子良く回ってくれます。

それはさておき、以前にも紹介したことがあると思いますが、こんな季節でも我が家の目と鼻の先には桜が咲いています。
sikizakura02.jpg

他にもこの街には四季桜が点在しており、一箇所にまとめたらそれなりの観光資源になるんじゃないかと思うほどです。
しかも気のせいかもしれませんが、小原よりも花が大きく、見栄えの良い品種に見えます。
いったいどういう所以でこの街に棲息しているのか、そこはまったく不明です。
sikizakura03.jpg

さて。
表題のとおり、先日サンタ娘してきました。

職場で。

こういうこと(カミングアウト)の出来る環境にいると、よく女装者さんから羨ましがられるのですが、ぼくの方から切り出すわけではなく、従業員の方から訊いてくるので、それに対して素直に答えてるだけであって、いつも特に何か労力を要したことはないのです。
今の職場も入社して1週間も経たないうちに「絶対女の子入ってるよね?」と訊かれて、ああ、女装ならしてますよと答えた次第。
ここで下手に誤魔化したり否定したりすると、ゲイやガチホモの烙印を押されてしまうかもしれませんので、これで正解なのです。
そう言えば今の職場は履歴書出した時点で、事務員さんが写真と名前だけ見て女だと思いこんでいたようで、後で笑い話にしてました(いや履歴書くらいちゃんと性別見ろよ)。

そんな職場ですが、患者・入所者さんに見せる出し物の中で、サンタ娘の格好で踊ることに決定。
よくあるアダルトグッズに毛の生えた程度のコスチュームは嫌だったので、それっぽい服を組み合わせて自分なりにコーデしてみました。

試着!
CIMG0712_2.jpg

CIMG0714_1.jpg

立ってるだけなら良いけど、踊ることも考えるとスカート丈が心許ないので、これにドロワーズをはくことに。
あと、インナーももうちょいボリュームのある物の方が良いなあ、と思ったので急遽しまむらに直行。
CIMG0703_2.jpg

そしてクリスマス会当日。
ここで困ったのがメイク!
直前に着替えすることになっていたので、当然現地(職場)でメイクしなければなりません。
これまではイベントとかでも、自宅でメイクして行き、現地ですることと言えば着替える程度でした。
メイクを直すだけならコスメポーチで済みますが、現地で一からメイクするとなると、あれやこれやを持っていかねばならず、大荷物になってしまったのです。
それこそメイクボックス一式持って行くレベルで(笑)。
みんなどうしてんだろな・・・。

空いている病室で準備オッケー。
しまむらで買ったもこもこインナーが良い感じ!
CIMG0719_2.jpg


CIMG0720_2.jpg

そしてこの後、出し物も終わり、なんとかことなきを得ました。
肝心の踊ってる写真とかは大人の事情でお見せ出来ません、ごめんなさい。
サンタコスの方はめっちゃ好評で、ぼくは出し物が終わった後すぐ着替えたのですが、主任から「なんでもう着替えちゃったの!?」と怒られる(?)ほど。

こちらの髪飾りはパートの方が絶対似合うよ!って言って貸してくれたものです。
どやあ。
CIMG0727_2.jpg

そんなわけで、遅くなりましたがメリー☆クリスマス!
皆さんは素敵な聖夜を過ごせましたか?
 

02:07 | trans-vestite | comments(2) | trackbacks(0)
拡張工事しました。
先日から変わっているので、お気づきの方もいらっしゃるかとは思いますが・・・

ブログの拡張工事行いました。
どう拡張なのかと言うと、これまで無料版だったものを有料版に移行です。

たかだかブログごときにお金払うの!?

ええ、ぼくもそう思います(笑)。
随分前から悩んでたんですけどね、実は画像容量がいっぱいになってしまいまして。



そりゃあ9年もやってりゃそうなりますかね。
スタート当時はそんなこと思いもしませんでしたが・・・。

それと、あれです。
バイク記事を書くようになって、かなり加速したんだと思います。
重要でないものや、特別気に入ってるわけでもない写真はなるべく小さいサイズでうpしたりと、努力はしてましたが続けていく以上、この結末は仕方ないと言えるでしょう。
また、バイク記事とひとことで言っても、主にカスタム記事とツーリング記事があり、さらには車種が3台とくれば足りなくなるのは当然です。



それで別のブログを立ち上げるか、容量無制限となる有料版をとるか、悩んでいたわけです。
結果的に有料版を選択した理由はいくつかありますが、やはりデータを1箇所に集めて整理しておけるという点が大きいですかね。
まあ、これで大きめの画像を容量気にせず貼っていけますので、見た目はだいぶ改善されるかと思います。
それに現在1日約2000アクセスほどありますので、いらして下さる皆様への感謝という意味でも、月々300円ほどなら良いんじゃないかと自分に言い聞かせているところです(笑)。



そういうわけで新しくなったR&Rブログ、今後とも変わらぬ応援のほど宜しくお願い致します♪
22:19 | trans-vestite | comments(0) | trackbacks(0)
明治村行ってきた。2014春:その5
森鴎外・夏目漱石邸。


こんな場所でも撮影しちゃいます。
「我輩は舞姫である!」
・・・ソール取れてますが・・・。


ここからもと来た場所まで戻るのですが、ソールが取れてしまったこと、そして何より大の字さんが熱望していたこともあり、蒸気機関車乗ることにしました。
しかし駅までけっこう距離があります・・・。

急な階段。
ちょっときついですが、がんばりますっ!!


奥様に優しい大の字さん。


着いたー!!





すごい!本当に蒸気機関車が走ってる!
しかも当時物!




どうやって方向転換するのかと思ったのですが、なんと機関車部分を切り離し・・・
手動で転回!
なるほど!


あとは入り口まで運んで頂きましょう。






鎧戸も初めて見ました。
当時のままちゃんと機能します。






ぼく的ベストショット☆
それにしても列車の中がこんなに良いロケーションとは、思ってもみませんでした。
日常ではありえないこんな画が撮れる明治村はレイヤーさん、ロリィタさんに超オススメなのです。


入り口に戻ってきました。
いやーん、めっちゃ楽しかったよー♪


ぼくのセフィーロと大の字さんのアイシス。
ここからカラオケ屋さんまでひとっ走り。


尾張パークウエイを走る!






しかし昼間は声出ないねえ・・・。






最後にファミレスで晩御飯。
大の字さん、ナナさん、夢のような素敵な時間をありがとうございました!
次はリトルワールドですよね?(笑)




おしまい。
13:06 | trans-vestite | comments(4) | trackbacks(0)
明治村行ってきた。2014春:その4
続き。

一変して伝統的な和式建築が並んでいる辺りです。
岸部露伴・・・だが断る、幸田露伴邸。




こちらは西園寺公望別邸。





この辺りになると明治・・・てゆーか昭和っぽくなりますね。


ここからまた洋風な感じ。
北里研究所(医学館)。


三重県庁舎。
でかい!


お腹も空いてきたのでお昼にします。
飲み物はこちらで。




そして、な、な、なんと!大の字さんわざわざお弁当を作ってきてくれました!
ぼくの分まで!!
大の字さんお手製サンドイッチ☆


すごーい!
さらにさらに!
ぼくがたまご好きなことを推察して、たまごサンドを多めに作ってきて下さいました。
良い人すぎやろ〜、大の字さん!


もちろん美味しく頂きました☆






お腹いっぱいになった後は、大の字さんが行きたかったという鉄道局新橋工場へ。


中には明治天皇、昭憲皇太后のために作られた車両がそれぞれ展示されていました。






あいにく車両内部には入れませんでしたが、このようにとても豪華な造りになっているのがガラス越しに見ることが出来ます。


とてものどかな午後の明治村。
やっぱ平日最高!(笑)




三重県尋常師範学校。
こちらも学校とは思えない素敵な造りです。



ちょっと面白いかも?と大の字さんにお願いして撮って頂いた1枚。
逆光ってけっこう好きだったりします。



聖ヨハネ教会堂。
中に入ることが出来たので、遠慮なく撮影開始♪




1階部分は学校、会堂は2階部分とのことで、めんどくさいですが(笑)アンクルストラップ×4を外して靴を脱ぎ、2階に上がらせて頂きました。


聖ザビエル天主堂とは違い、木造なんですね。






さて、見学も終わったので教会を出るのですが、ここで事件発生!!

ぶぎゅるっ!

・・・へ?


最初、何が起きたのかまったく分からなかったのですが・・・
今まで感じたことのない嫌な感触がブラの中を伝います。

アッー!
な、なんと・・・屈んだ時にシリコン胸(右)が潰れました!!!
シリコンの一部が破れ、中の液体がブラの中で漏れていると思われます!!
ぎゃああああああああああああ!!!

すぐにトイレ直行、脱ぎ脱ぎして状況を確認!
とりあえずシリコン胸を外し、内容液を拭き取ります。
胸の中にはまだ液体がかなり残っており、漏れ出したのは一部でした。
た、助かった・・・。


うーん・・・だ、大丈夫・・・かな?
まあもうちょっともてば良いわけだし、なんとかなるよね・・・?
と、大の字さんたちのところへ戻り、暫く歩くと・・・

ガキッ!!

今度はなんじゃああああああああ!?
えーっと、ですね、なんと靴のソールが取れました(笑)。
これはひどい女装でつね。
言い訳するとこの靴、海外製の安物(たしか1980円とか?)で撮影用ならこれで良いかと購入したものでした。
ま、実用には耐えられなかった、ってことで。
んで、胸の方はしっかりした造りのお気に入りだったのですが、そういえばずーっと使い続けてるんですよね。
下手すりゃ10年近く使ってるかも。
どっちも仕方ないって言えば仕方ないんですが、このタイミングで同時にお逝きにならなくても・・・ねえ?

踏んだり蹴ったりですが、一応歩けますので何事もなかったかのように散策は続きます。



次で最終回だよー。
23:48 | trans-vestite | comments(4) | trackbacks(0)
| 1/12P | >>