<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
ぼくらが旅に出る理由:02 寝覚めの床

続き。

みんなで国道19号をひたすらまっすぐ!
中津川辺り。
CIMG9688.JPG

CIMG9691.JPG

信州入り。
山深い景色になってきて、目的地が近いことを感じさせてくれます。
CIMG9709.JPG

CIMG9722.JPG

南木曽辺りで最後の休憩。
なつくんのバーエンドミラーが外れてしまったらしく、ここで修理。
CIMG9723.JPG

CIMG9730.JPG

CIMG9731.JPG

こんなチャンスもなかなかないので、東海カフェ系GNを並べて撮影してみました。
この並びだけ見ると、GNの世界観ががらっと変わりそうですね。
イイ!イイぞ!!
CIMG9736.JPG

CIMG9737.JPG

さて、このまま行けば予定よりかなり早く到着するのですが、以前から気になっていたにも関わらず、なかなかチャンスがなく立ち寄れなかった「寝覚めの床」を訪れてみました。
ぼくの好奇心で巻き込んでしまったメンバーの皆さん、申し訳ない。

19号線沿いは19号線沿いなのですが、とても分かり難い入り口。
この「臨川寺」から入ることになります。
CIMG9739.JPG

CIMG9740.JPG

CIMG9741.JPG

ちなみに入場料200円。
これを高いと思うかどうかはその人次第。
と言うのも、入ってすぐにこういった「それなり」の景色を楽しむことが出来るので、そこで引き返すことももちろん可能です。
しかし、ここの真髄はその先でした。
CIMG9747.JPG

JR中央本線の高架下をくぐります!
CIMG9752.JPG

そう言えば入り口で案内人の方がおっしゃていました。
「先日も転んだ方がいてね・・・足元には気をつけてね」
その時はどうせ無理して来たお年寄りが転んだのだろう、程度にしか思っていなかったのですが・・・

いやいや、これけっこうやばいですよ。
勾配は急だし、足元は石がごろごろしてるし・・・
そもそも道とかもうないような・・・?

で、ようやく出ました!
名勝「寝覚めの床」!
CIMG9786.JPG

これはすごい!
連なり切り立った花崗岩。そのスケールが普通の渓谷とは段違いです。
CIMG9760.JPG

よく見るとこの先に本殿と思しきものが見えるので、ちょっと悩みましたがそちらに行ってみることにします。
ぼくが悩んでる間に、岩を飛び越え進むぴろみん。
CIMG9764.JPG

これは「年寄りが足を滑らした」どころじゃないですね(笑)。
ぼくらでも両手両足を使ってよじ上る感じでした。
もちろん道なんてありません。
CIMG9768.JPG

かなり体力を使いますが、自然の生み出した造形が美しく、散策してみるだけの価値はあります。
CIMG9775.JPG

もともとこの辺りは急流だったらしいのですが、木曽ダム建設の影響で水位が下がり、このように花崗岩が露出したそうです。
なるほど!
CIMG9788.JPG

岩をよじ上って、ようやく辿り着きました!
浦島堂と書かれていますね。
浦島伝説によれば、竜宮城から還ってきた浦島太郎がここで暮らし、玉手箱を開けたと伝えられています。
CIMG9789.JPG

ぼくとぴろみん、トキノさん以外は下の方でリタイア。
いやまあ、ぼくの我侭にここまで付き合ってくれただけでも有難いですけど(笑)。
CIMG9792.JPG

CIMG9790.JPG

つづく!

11:10 | vehicle:GS125E | comments(0) | trackbacks(0)
ぼくらが旅に出る理由:01 木曽福島を目指す

今年もやって参りました、GN倶楽部全国ミーティングでございます。
早いもので、なんと今年で7回目。
この手の全国規模のサークルで7年連続開催出来ていると言うのは、素直に凄いと思います。
今年もGN倶楽部の聖地?長野県は木曽福島で開催されますので、恵まれている東海組ならば日帰りOKな距離です。
が、今年は(も?w)せっかくですので、現地で1泊し長野県を巡ってみたいと思います。

そのためにも九州ツーリングで使ったターボザック(アイリスオーヤマRVボックス改)を再び装着することに決めました。
今回は1泊2日の短い旅程ですので、GoPro用の充電器は搭載しません。
ただ、もっとステッカーをベタベタ貼ってやりたくなったので、そのスペースを作ります。
この取っ手周りが凸凹なので貼れないんですよねー。
CIMG9594.JPG

そこで塩ビ版をカットして塗装。
3組作りましたが、左右のツールボックスのみ貼ることにしたので、2枚しか使いません。
CIMG9593.JPG

CIMG9595.JPG

テープで適当に貼り付け。
CIMG9596.JPG

どやあ!(馬鹿丸出し)
CIMG9601.JPG

CIMG9602.JPG

旅人っぽくて良いじゃないか!(恥
CIMG9603.JPG

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

そしていよいよ当日の朝。
まずは集合場所の道の駅 瀬戸しなの目指します!
CIMG9609.JPG

ナビは最近リリースされたツーリングサポーターを使ってみました。
と言うのも、少し前に原2用に自動車専用道路を省くことの出来たナビローがサービス終了してしまい、困っていたところ、同じような機能を持ったツーリングサポーターがリリースされたので試してみたかったのであります。
月額400円(初回無料)の有料アプリではありますが、現在のところ他に代用の効くアプリがないので致し方ありません。
果たしてツーリングサポーターは原2ライダーの救世主となるのか!?
CIMG9611.JPG

結果を記しておきますと、ちょっと厳しいかな(笑)。
慣れのせいもあるのか、右左折の指示がやや遅いです。機能はかなり充実しているだけに残念。
それでも、今回とは違って見知らぬ土地を走る場合に心強い味方になるのは間違いありませんので、とりあえず月額コースで登録だけしておいて、必要な時に課金する使い方をすれば有用なのではないかと思う次第でございます。

さて、ナビの件はこの辺にして瀬戸しなのに到着です。
既になつくん、トキノさん、ぴろみんが待っていました。
ちなみにぴろみんは予定通りMT25でいらしていやがりましたよ。
CIMG9619.JPG

なつくんのGN125H。
少し前に比べて随分かっこよくなってました!
CIMG9612.JPG

CIMG9616.JPG

色々手が加えられてましたが、一番大きく変わったのはヘッドライト周り。
ヘッドライトはベーツに、そしてメーターはエスパーダと同じタイプのACEWELLに交換されていました。
CIMG9613.JPG

上手いことインストールしましたね♪
CIMG9615.JPG

ややあってエブリさんのGN125-2F到着。
CIMG9627.JPG

それとヒコさんのGN125H。
CIMG9628.JPG

こっちはたまたま居合わせたZ125とグロム。
方角が同じだったらご一緒したかったけど、訊いたところ逆方向とのことでした。
残念!
CIMG9624.JPG

では、全員揃ったところで木曽福島目指してGO!
CIMG9630.JPG

CIMG9634.JPG

この辺から2車線になるので、皆さんを撮影してみたりしました。
CIMG9636.JPG

CIMG9654.JPG

CIMG9657.JPG

CIMG9664.JPG

CIMG9659.JPG

中津川、恵那方面にまっすぐ延びる国道19号線。
秋晴れの空が気持ち良い!
CIMG9661.JPG

途中、コンビニで休憩。
291_large.jpg
※写真提供:ぴろみん

ここでサプライズゲスト登場!
最近倶楽部に入会されたC.B.JIMさんでした。
CIMG9680.JPG

途中でぼくたちを見かけて追いかけてきてくれたらしいです。
JIMさんのGN125Hもカフェスタイルにカスタムされていて、興味深かったですね。
CIMG9681.JPG

CIMG9678.JPG

なんと言っても目玉はFZR400流用というバックステップ!
このフィット具合が凄いです。
特にクランクケースとツールボックス辺り、まるで専用品のよう。
CIMG9682.JPG

CIMG9684.JPG

外装のデザインも、白にグレーのラインというのが憎いです。
ぼくなんかだと単純に黒で塗っちゃうのですが、この辺がセンスの差というやつでしょう。
素晴らしい・・・。
CIMG9685.JPG

つづく!

20:47 | vehicle:GS125E | comments(2) | trackbacks(0)
曼珠沙華の咲く頃に。4:海の上の弘法大師

続き。

狭い農道から知多を代表する幹線道路、国道247号に出て南へ。
CIMG9475.JPG

少し遅いお昼は、何年かぶりの灯台らーめん!
初めて食べて以来、もう一度食べてみたくて来ました。
CIMG9478.JPG

濃厚な海鮮出汁が美味しい灯台らーめん。
でも記憶にあった以上に量が多くて、やっつけるのに苦戦しました。
CIMG9479.JPG

そして、このまま247号で次の目的地まで行く予定でしたが・・・
時間を確認すると、そのルートでは間に合わないことが判明。
何が何でも14時45分にその場所にいなければダメなのです。
そんなわけで、247号でぐるっと周るルートは捨てて、再び半島を東へ横断。
CIMG9484.JPG

そう言えばようやく知多らしい景色に出くわしましたね(笑)。
海!
CIMG9489.JPG

今回は魚太郎もぽんカフェもスルーして、なんとか間に合いました!
14時45分、師崎は聖崎公園到着です。
CIMG9493.JPG

CIMG9495.JPG

公園に併設された神社?
小さな仏像が皆、海を向いています。
CIMG9523.JPG

その視線の先にあるのがこちら、海上に建てられた上陸大使像。
CIMG9501.JPG

CIMG9513.JPG

かつて空海が実際に三河からこの場所に上陸されたとされ、その記念として建てられました。
こんな場所が知多にあったんですねー!
CIMG9508.JPG

ぼくがこの時間に訪れたのは、日に2回ある大潮の時刻を狙ってのことです。
日に2回あると書きましたが、もう1回は真夜中にあたるので、この光景を見ることが出来るのは事実上この時間のみとなります。
初めて見る者としてはこの光景だけでも十分素晴らしいです。
しかし然るべき時期に訪れば、歩いて渡れるほど潮が引き、その光景はまるで日本ではないかのように見応えがあるのだそうです。
たぶん、春先あたりが狙い目だと思うので、またその頃にリベンジしようと思います。
CIMG9519.JPG

最後は大使像より前に行く予定だった内海方面へ。
なので、再び農道を使って半島を西側へ。

知多はこういった農道が多く、しかも意味なく名前が付いてたりします。
ここは「つくだ煮街道」。
他にもふるさと街道や水仙街道なんてのもありますが、いずれも至って普通の農道です(笑)。

CIMG9524.JPG

CIMG9525.JPG

細い海沿いの道に出ると、ありました!
CIMG9558.JPG

浜辺に突如立つ鳥居。
ここが「つぶて浦」と呼ばれる場所です。
CIMG9534.JPG

CIMG9541.JPG

CIMG9544.JPG

巨岩がごろごろと転がっており、伝承によれば伊勢から神々が石を投げて競った際、投げた石が落ちた場所がここだと言われています。
しかも、この場所は伊勢と同じ地質であるようで、鳥居は伊勢神宮に向かって立っているのだそうです。
CIMG9546.JPG

そう言われると急に有難くて神秘的な場所に思えてくるから不思議です。
やや傾きかけた太陽を見ながら、暫くここで黄昏れてみました。
CIMG9539.JPG

150kmほどのプチツーでしたが、なかなかに楽しめた1日でした。
さて、夜勤行くぞ、っと。
CIMG9551.JPG

名称未設定 1.jpg

お疲れ様でしたー☆

22:48 | vehicle:GS125E | comments(4) | trackbacks(0)
曼珠沙華の咲く頃に。3:矢勝川

続き。

イトーKTさんでぴろみんと別れ、この日はそのまま帰宅。
J「じゃあ次会うのは全ミーだね。GN直ったことだし!」
ぴ「MTで行きますけどね

おい!?

GN直した意味・・・

そして2日後。
彼岸花を見られる時期は限られているので、夜勤前ではありますが別の有名なスポットを訪れてみることにしました。

知多方面、まずは半田赤レンガ建物。
洋風の建物とエスパーダさんは相性が良いです。
CIMG9424.JPG

明治時代に建てられたビール工場で、その後も様々な用途に使われています。
戦時中に受けた傷跡を生々しく残しています。
CIMG9432.JPG

CIMG9440.JPG

横浜の赤レンガ倉庫も同じ方の設計だそうです。
CIMG9442.JPG

建物に使われている梁。
でかっ!!
CIMG9441.JPG

現在は内部へも入ることが出来ます。
カフェと展示スペースになっているようです。
CIMG9433.JPG

とても雰囲気のある通路ですが、この先は有料になってました。
残念。
余裕がある時なら見て回ってもいいかも。
CIMG9435.JPG

元ビール工場なだけあって、色々なビールが販売されていました。
CIMG9434.JPG

ここから少し走って、今回一番の目的=東海最大の彼岸花の棲息地、矢勝川堤防へ。
新見南吉記念館の向かいにあるので、わかりやすい場所です。
CIMG9449.JPG

一面彼岸花!!
CIMG9452.JPG

この日はたくさんの観光客が訪れており、かなり込み合っていました。
遠足の小学生の姿も。
CIMG9454.JPG

まさにこれは「ごんぎつね」の風景!
CIMG9464.JPG

CIMG9466.JPG

逢妻女川に比べて、白い彼岸花も多かったです。
CIMG9459.JPG

CIMG9468.JPG

さすが全国有数の彼岸花スポット、とにかく長い!
堤防の先の先、何kmにも渡って彼岸花が咲き誇ります。
その数、なんと300万本とか。
CIMG9469.JPG

実のところ、逢妻女川の彼岸花は80万本でこの場所には及ばないのですが、その密度や見せ方のせいか、逢妻女川の方が迫力がありました。
ここと同じ300万本を目指して現在も植え続けられているそうなので、そうなったら立場は完全に逆転するかもしれません。

せっかくなのでもう少し知多半島を堪能しましょう。
広域農道「味覚の道」を通って半島西側へ向かいます。
CIMG9473.JPG

つづく。

05:05 | vehicle:GS125E | comments(0) | trackbacks(0)
曼珠沙華の咲く頃に。2:瀬戸へ

続き。

ぴろみん宅が岐阜方面なので、エスパーダをそちらへ向けます。
ちょうど行きたかった場所がその区間にあります。
CIMG9376.JPG

日本一たい焼さん。
特に立ち寄るつもりもなかったのですが、たまたまルート上にあったので休憩していきます。
CIMG9392.JPG

あれ?なんかいつも以上に混んでるなあ・・・。
TVか何かで紹介でもされたかな?
CIMG9393.JPG

自分用に1つと、会社の人達用に1箱お買い上げ♪
ここのたい焼き、ホントに美味しいんですよ。
CIMG9395.JPG

生地はまるでデニッシュのようにさくさく、中のあんこはそれ自体がめっちゃ手が込んでて美味しい上に、いっぱい詰まってるんです。
女子の皆様におかれましては、癖になり危険ですのでご注意を!
CIMG9396.JPG

本日の第2目的地、瀬戸市はイトーKTさんに到着。
見てのとおり、バイク屋さんです。
CIMG9397.JPG

このお店の特徴は、試乗車やレンタルバイクのラインナップが充実していること。
レンタルのオプションも色々あり、ニーズにあったプランでレンタルすることが出来ます。
CIMG9416.JPG

店頭にあったZ125のレンタルバイク。
Z125なんて販売車両でもなかなか見ないのに、レンタルとは!
今度利用してみようと思います。
CIMG9401.JPG

もちろん訪れた理由はそれだけではありません。
お馴染みの中華原付2種たちです!
CIMG9404.JPG

かつて中華原2を販売していたエグゼさんが閉店して以来、すっかりGNを買う人がいなくなったここ愛知県。
そんな中、最近急にGNオーナーが増えたので不思議に思っていたのですが、このイトーKTさんがGNを扱い始めたのがその理由だったようです。
現在愛知県でGNを扱っているお店はここだけかもしれません。
そんなわけで、どんなお店なのか偵察です。

話題のジクサーも置いてありました。
ビミョーにスズキ推しな感じですね(笑)。
CIMG9405.JPG

古本コーナー。
おーっと、これはナイスアイデア!
不要になったパーツリスト、サービスマニュアルが売られているのです。
CIMG9408.JPG

欲しい車種のものがあれば、これはとてもお買い得だと思います。
CIMG9409.JPG

CIMG9410.JPG

CIMG9412.JPG

で、片隅に置かれたGN・・・。
商談してんの誰よ?www
CIMG9407.JPG

なぜかつづく。

19:36 | vehicle:GS125E | comments(0) | trackbacks(0)
曼珠沙華の咲く頃に。1:逢妻女川

GN倶楽部の全国ミーティング(以下全ミー)も間近に迫ったこの日、弟子のぴろみんが我が家にやって来ました。

ことの発端は全ミーに参加するにあたって、MT25で行くかGNで行くかまだ決めかねている様子だったぴろみんに詳しく訊くと、どうやらGN(以下ぴろみんヌ)に不具合がいくつかあるという話。
それならば、とこの日、我が家でメンテナンスすることになったのです。
CIMG9297.JPG

作業内容は割愛して、問題なく直ったぴろみんヌ。
弟子1号あっきーオススメのラーメン屋へとランチに出かけます。
CIMG9300.JPG

今回は味噌ラーメンを頼んでみました。
うん、これもあっさり!
このお店は女の子にぴったりな感じだなあ。
CIMG9299.JPG

作業が予定より早くに終わったため、ぶらっとお出かけすることにしました。
本当は一人で行くつもりだったけど、ちょうどいいや。

豊田方面へ。
CIMG9307.JPG

カメラを向けるとすかさずv(・∀・)yaeh!のぴろみん。
そういうとこ大好きだぜ☆
CIMG9302.JPG

30分弱で到着。
思った以上に近いですね。
CIMG9309.JPG

田園風景の中、堤防の上に赤いラインが見えます。
目的地はすぐそこ!
CIMG9310.JPG

うおおおおおおすげえええええええ!!
CIMG9351.JPG

CIMG9359.JPG

これ、全部彼岸花です!
ものすごい数!圧倒されます!
CIMG9325.JPG

CIMG9347.JPG

彼岸花と言えば、この時期にしか咲かない非常に期間の短い花。
これまでも何度となく訪れるチャンスを狙っていましたが、毎年叶わず。
今回、ようやくそれが叶った形です。
CIMG9314.JPG

CIMG9315.JPG

以前からこの場所についての評判は聞いていましたが、まさかこれほどとは・・・。
CIMG9317.JPG

白い彼岸花も僅かではありますが、咲いていました。
CIMG9327.JPG

CIMG9358.JPG

CIMG9344.JPG

彼岸花は毒草であり、また彼岸の時期に咲くこともあり、不吉な花というイメージを持っている方もいるかと思います。
しかしそんな方にも是非、ここを訪れて頂きたい!
全て払拭され、心打たれると思います。
CIMG9338.JPG

fc2blog_20170925203531d07.jpg
※写真提供:ぴろみん

CIMG9345.JPG

ちなみに彼岸花が堤防や田畑の畦でよく見られるのは、その毒性を活かしてモグラや害虫を忌避させるためと言われています。
もともと日本で見られる彼岸花は全て、人間によって持ち込まれ帰化したものなので、そういった事情を踏まえても非常に人間と密接な関係のある植物と言えるでしょう。
CIMG9331.JPG

CIMG9341.JPG

CIMG9353.JPG

最後に、バイクと一緒に撮影。
fc2blog_20170925203655ea9.jpg
※写真提供:ぴろみん

エスパーダ。
CIMG9375.JPG

ぴろみんヌ。
CIMG9372.JPG

美しい!!
CIMG9371.JPG

つづく。

18:48 | vehicle:GS125E | comments(6) | trackbacks(0)
YBRと気になるあの子と琵琶湖大橋

続き。

誰と走ろうと、とにかくヤエーするぼく。
今回も例に漏れずヤエーしまくってたわけですが、したくてもなかなか出来ないさーちゃんにとっては、格好の機会だったようです。
最初はぼくのカメラにも緊張気味だったのが、この成長っぷり♪

v(・∀・)yaeh!
CIMG8828.JPG

湖畔沿いに気持ちの良い道を駈け抜けていくと、目的地が見えてきました。
CIMG8830.JPG

近江の厳島と呼ばれる、白鬚神社です。
CIMG8862.JPG

この辺りを走ったことのないぼくは、当然この神社も初めての訪れとなります。
CIMG8841.JPG

CIMG8843.JPG

立派な檜皮葺!
思わぬ収穫に感動です。
CIMG8842.JPG

近江の厳島と呼ばれる所以は、もちろんこの湖中大鳥居。
もともとは地上に建てられたはずが、水位が変わってこのような姿になったとか。
CIMG8846.JPG

CIMG8860.JPG

こんな近くまで近づくことも出来ます。
このSUP(スタンドアップパドル)と呼ばれるスポーツ、初めて見ました!楽しそう!
CIMG8857.JPG

中にはボートで鳥居をくぐる方も。
CIMG8854.JPG

CIMG8855.JPG

しかもちゃんと手を合わせて、くぐっていかれました。
これには大笑い。
CIMG8856.JPG


そしてさーちゃんのリクエストで琵琶湖大橋へ。
琵琶湖大橋を背景にバイクを撮りたいということで、それが出来そうな場所を探しました。
んー・・・ここで許して!(笑)

道の駅 琵琶湖大橋米プラザ。
CIMG8885.JPG

CIMG8887.JPG

建物の中はひこにゃんでいっぱい!
CIMG8890.JPG

CIMG8891.JPG

あ!
滋賀バージョン持ってなかったです!買います!(即決)
CIMG8892.JPG

2階のバルコニーからは琵琶湖と大橋がよく見えて、素敵でした。
この背景でバイク撮れたら、もっと良かったんですけどね。
CIMG8893.JPG

琵琶湖大橋を渡ります!
CIMG8895.JPG

ちなみに原二は10円!

安いのは良いけど、この10円のために混雑する料金所で待たされるのは、ちょっと苦痛ですかね・・・。
CIMG8898.JPG

料金所を出たところで給油。
CIMG8906.JPG

特徴的な近江富士(三上山)を見ながら、堤防沿いの道を甲賀方面へ。
景色がまさに滋賀!って感じ。
CIMG8912.JPG

CIMG8922.JPG

最後にさーちゃんを送り届けてから、家路を辿りました。
CIMG8925.JPG

その際、鈴鹿峠に入ったところで一気に天候が悪くなり、山道だったこともあり急いで雨具に着替えたのですが、結局我が家に着くまで、雨にはまったく遭わず。
どうやら名古屋では、ほんの少し前まで水害が出るほどひどい降り方だったらしいのですが、ぼくが通る頃には嘘のように雨は上がっていました。

普段の素行が良いと、こんなラッキーもあるんですよね(黙れ
そんなわけで、今回も楽しいツーリングでした。
CIMG8931.JPG

名称未設定 2.jpg

YBR乗りの皆さん、そしてさーちゃん、良い機会を与えてくれてありがとう!
また誘ってね♪

おしまい。

20:42 | vehicle:GS125E | comments(0) | trackbacks(0)
YBRと気になるあの子とメタセコイア並木

続き。

せっかくマキノに来たのですから、行くとこと言えばやっぱりここ。
何度目かのメタセコイア並木です。
一人なら久しぶりに在原集落を訪れてもみたかったんですけどねー。
今回は、さーちゃんがいるので自重。
CIMG8773.JPG

以下、メタセコイア並木写真。
ついつい色んな角度から撮りたくなりますよね。
CIMG8785.JPG

CIMG8781.JPG

CIMG8796.JPG

CIMG8784.JPG

CIMG8794.JPG

CIMG8798.JPG

CIMG8797.JPG

そしてマキノピックランドへ。
メタセコイア並木の途中にあり、当然何度も来ているはずですが、立ち寄ったのはこれが初めて。
CIMG8814.JPG

CIMG8801.JPG

うーん、良い景色!
気温がかなり高くなっており、とても午後から雨予報とは思えない天気です。
CIMG8803.JPG

既に例のジェラートを追坂峠で食べてしまいましたので、ぼくはラムネを買って一休み。
CIMG8802.JPG

本家、例のジェラート屋さん。
CIMG8806.JPG

結局、さーちゃんが買ってきました。
当然、とても一人では食べきれないと言うので、二人で攻略することにしました。
CIMG8808.JPG

・・・で、なんでぼくが持つの?
CIMG8810.JPG

いや良いんだけどさ・・・
既に溶け始めてきてて、手がめっちゃべたべたなんですけど・・・。
CIMG8811.JPG

でも美味しかった!
許す!

そして琵琶湖沿いに南を目指します。
CIMG8825.JPG

つづく。

19:48 | vehicle:GS125E | comments(0) | trackbacks(0)
YBRミーティング2017

続き。

自宅を出てから4時間半ほどで、集合場所のマキノ追坂峠に到着。
前泊して遠方から来られている方もいらっしゃり、既に賑わっていました。


CIMG8759.JPG

YBR250が集まってるだけでも、珍百景。
CIMG8705.JPG

CIMG8710.JPG

20170813_2399135.jpg

皆さんと挨拶している間にも続々と集まってきてます!
CIMG8708.JPG

メーカーから発売されている車種だけでも、たくさんのバリエーションがあり、ぼくの目を楽しませてくれます。
GN購入前は候補だったこともあって、興味深いですね。
CIMG8713.JPG

CIMG8712.JPG

YB125SP。
もう1〜2年早く発売していれば、間違いなくこれを買ったと思われる、思い入れのある車種です。
結果だけ見ればGNを買って正解だったのですが、やはり今でも魅力的に映ります。
CIMG8727.JPG

こちらはレッグシールドが目を惹くmayu姉さんのSP。
CIMG8730.JPG

めちゃくちゃハマっているキャブトンマフラー。
エキパイの取り回しと言い、かっこいい!
CIMG8735.JPG

さーちゃんとmayu姉さん。
早速仲良くなったみたいで良き哉。
CIMG8734.JPG

ガード類がなかなか良い味出してる250。
CIMG8731.JPG

外装違いのYBRっぽい何か。
すいません、ちゃんとした車名とか分かりません・・・。
CIMG8732.JPG

250もどんどん増えてきました。
CIMG8733.JPG

この後の計画を主催の赤YBRさんに訊くも、特ににみんなで何処かへ行くと言うこともないとのことで、さーちゃんとお昼ご飯を食べつつ、ここからの計画を練ることにしました。
CIMG8719.JPG

琵琶湖の西側はぼくも詳しくないので、地図とチラシを見ながら決めていきます。
CIMG8716.JPG

CIMG8714.JPG

そう言えば滋賀特産の食べ物ってあんまり聞きません。
店内にも特に推しているメニューは見当たらなかったので、そういうことなのでしょうか。
そんな時は結局、カレーなぼく。
CIMG8740.JPG

あ、でもこれは食べてみたい逸品でした!
有名なマキノピックランドのジェラート♪
美味しい!
CIMG8718.JPG

戻ってみると、そろそろバイクを並べて記念撮影に入るとのことで、間違って写真に入らないよう、エスパーダを遠くに動かしました(笑)。
CIMG8742.JPG

が、バイクを並べるのに自信がないと言うさーちゃんに代わって、ぼくがさーちゃんのバイクを移動。
ああっ!これではもっち〜さんに何も言えないぞ、オレ!
CIMG8741.JPG

車種ごと、色ごとに綺麗に並べられたYBR。
CIMG8744.JPG

CIMG8749_1.jpg

美しい!!
CIMG8751.JPG

みんなで撮影タイム。
CIMG8752.JPG

そんな撮影者を撮影。
CIMG8753.JPG

CIMG8754.JPG

「あいつと腹ばい」はYBR界隈でもスタンダードなようです。
CIMG8755.JPG

R1137009.JPG
※写真提供:No-Takeさま

最後は赤YBRさんの締めのお言葉で解散。
今回は何の関係もない車種にも関わらず、参加させて頂きありがとうございました。
とても良い経験をさせて頂きました!
CIMG8772.JPG

CIMG8765.JPG

つづく。

22:07 | vehicle:GS125E | comments(2) | trackbacks(0)
YBRと気になるあの子

ツイッター上、TLに流れてきたツイートから気になっていたYBRミーティング。
もちろんぼくはYBR系のバイクは持っていないし、中華125ccバイク繋がりであったGN125Hも厳密には所有していないので、頭の片隅にあると言う程度でした。

そんな折、フォロワーのYBR125乗り=さーさーちゃん(以下さーちゃん)が参加するようで「一人で行けるかな?」と不安そうだったので、一緒に行くことにしました。
主催者の赤YBRさんには、まったく関係のない車種での参加となることを事前に承諾して頂き、いざ当日。

この日の天気予報は最悪で午後からずっと雨。
しかもけっこう高い降水確率で、心揺るがすには十分な予報でした。
でもまあ、帰りに降られるのならまだマシ、とエスパーダを三重方面に走らせるのでした。
CIMG8637.JPG

待ち合わせ場所の、なばなの里手前のセブンイレブン。
CIMG8639.JPG

さーちゃん到着!
例によって「きれいなお姉さんだと思っていた」らしく、なんかホントすいません・・・。
早くスカートで乗れるカブを完成させたいです(そこ?)。
CIMG8642.JPG

実は出発前にさーちゃんからお仕事を依頼されていました。
バーエンドを取り替えようとするも、新しいバーエンドが入らず困っていたらしく、会場到着前にぼくが直すことになっていたのです。
CIMG8641.JPG

・・・が。
本当にどうやっても入らねえ!!
平謝りしてそのまま会場に向かうことになったのでした。
後日談ですが、また新たに同じバーエンドを購入したものの、やはり入らなかったとのことで、どうやらハンドルそのものに問題がありそうです。
左右ともに転倒歴ありらしいので、それが原因なのか、根本的に中華ハンドルの精度(もしくは強度)が低いだけなのか・・・。

それはともかく、なばなの里から北へ、いつもの堤防沿いコース=GTロードでさーちゃんをエスコート。
・・・にしてもマジで天気悪い・・・。
CIMG8659.JPG

CIMG8660.JPG

昨年もこの時期に走りましたが、やはり雄大な木曽川と揖斐川、そして遠くの山々の緑が美しいですね。
CIMG8661.JPG

道の駅 伊吹の里旬彩の森で休憩。
ここまでけっこう良いペース。
CIMG8673.JPG

お隣のミルクファーム伊吹でカフェラテ購入。
CIMG8676.JPG

再び出発です。
CIMG8675.JPG

さーちゃんのYBRはあまりスピードが出ないと言うことで、自重して安全運転。
CIMG8681.JPG

後ろから撮られることはあっても、前から撮られるのは初めてというさーちゃん。
これはびわ吉さん直伝の危険な技なので、素人()にはオススメできません。
そういや図らずもここは琵琶湖、びわ吉さん元気にしてるでしょうか?
CIMG8694.JPG

奥琵琶湖に出ました。
トンネルを抜けた後に現われる、この琵琶湖の風景が大好きです。
目的地まであと少し!
CIMG8700.JPG

つづく。

21:15 | vehicle:GS125E | comments(0) | trackbacks(0)
| 1/36P | >>