<< February 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
【オーバーロード】ラキュースを描いてみた。

今回もリクエスト頂きました、「オーバーロード」より蒼薔薇のリーダー、ラキュースさんです。

そういやオーバーロードネタはちょっと久しぶりになりますね。
左がアニメ版で右が原作版、造形がやや複雑な原作版を元に描いていこうと思います。
3k7wPywDlmFaOa6axrQQLrbEezJj8t36oYx6tjvZya4.jpg

ポーズを考えながらのラフ。
案の定、頭身間違えました。学習しないなあ・・・。
lakyu01.jpg

頭身を修正の他、ラキュースと言えば厨二病なのでポーズもそれっぽくキメた感じに変更。
→塗りつぶし開始。



エロ要素を多少入れてほしいとのご注文から、安易にパンツ見せコスチュームにアレンジしています。
これならポーズとか構図、無関係にエロに出来ますからね。
lakyu03.jpg

途中でポーズに不自然さを覚えて変更。
不自然さの原因は、手と足それぞれが同じ方向を向いているから。
分かってて進めたけど、やっぱり良くなかったですね。
lakyu05_00.jpg

lakyu05_2.jpg

鎧=ヴァージンスノー(無垢の白雪)の描き込み。
アニメ版よりはだいぶ質感が出たはず。
test_lakyu04.jpg

髪の毛の塗り。
test_lakyu05.jpg

縦ロールも描いてて楽しい!
test_lakyu06.jpg

薔薇の紋様は図形として一度作成し、複数コピーしたものを貼り付けて変形・加筆。
test_lakyu07.jpg

色調補正後、ドロップシャドウとハイライト加筆。
lakyu06_1.jpg

浮遊する剣群(フローティングソーズ)も薔薇と同様、図形を作成後、6本複製。


同じく変形した後、それぞれを書き込んで仕上げます。
lakyu07_3.jpg

全体の色相をシアン方向に引っ張って、完成!
lakyu08_1.jpg

いかがなもんでしょー?

17:56 | works | comments(0) | trackbacks(0)
アビゲイル・ウイリアムズ+ハーレー・ダビッドソンFLHTC描いてみる。

表題の作品の前に・・・

年末から描き始めたのですが、イマイチ気に入らなくて、ポーズ案が二転三転した「美遊兄」ことプリズマ☆イリヤに登場する衛宮士郎さんのメイキング記事から始めたいと思います。

厳密に言うと「劇場版プリズマ☆イリヤ 雪下の誓い」に登場する美遊兄です。
初期ののんびりした雰囲気と異なり、ほぼFate本編と同じような雰囲気に仕上がった良作です。



それは美遊兄一人とっても同様で、スピンオフと言うよりStay Nightであり得た衛宮士郎その人だったのではないか、と思えるほど。
しかも数あるスピンオフ全て含めてさえ、その中で「一番かっこいいと思える衛宮士郎」です!
美遊兄、マジかっこよすぎいいいいい!!(落ち着け)

そのせいからか、ラフの時点でけっこう時間がかかりました。
士郎と言えば、双剣を手に飛びかかるポーズ?
sirow00.jpg

同じく双剣を構えるポーズ。
sirow02.jpg

結局こんな感じで落ち着いたのですが、既に年を跨いで2019年。
ちょっと時間かけすぎましたね。ここからはさくっと描き上げてしまいましょう。
sirow07.jpg

エミヤとも微妙に違うこの感じが良いんですよねえ。
強いて言うなら千子村正。
test_shirow01.jpg

完成♪
最近躍動感のある絵はあんまり描いてなかったので、新鮮でした。
ちなみにロー・アイアスらしきものも描いてあるんですが、ちゃんと4枚にしましたよ?(笑)
sirow08.jpg

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

ここからが本題。
フォロワーのシュウさんからのリクエスト、FGOのアビゲイル・ウイリアムズちゃん(アビー)です。
史実も含めて元ネタが元ネタなので、古参のラヴクラフトファンとしては色々思うところのあるキャラクターとエピソード。
まあ、それを置いといても描き甲斐のあるモチーフだと思います。
19500.jpg

何せ様々な側面を持つキャラクターなので、どこに焦点を当てるかによって絵のテーマまでもが、まるっきり変わってしまいます。
しかし今回はシュウさんの方から「ハーレーFLHTCに乗ったアビー」と注文を頂いたおかげで、どういうアビーを描くかは自ずと決まりました。

良いネタがあるじゃないか、概念礼装「英霊旅装」!
0825.jpg

ここまで決まれば、イメージはすんなり降りてきました。
ラフを描いてみます。
やはり少女を描くなら、俯瞰視点でしょう。
ハーレーとのアンバランスさの妙というやつも、この方が映えます。
abi00.jpg

背景ありのトリミング版と、全体が見える背景なし版の2種を仕上げることにしました。
abi01.jpg

abi02.jpg

下塗り。
ハーレーのカラーリングはアビーに合わせて、オレンジ×黒で適当に塗り分けてみました。
メーター周りを敢えて黒でなく、オレンジにしたのがこだわり(笑)。
abi03.jpg

彩色開始!
だいたい狙ったとおりの表情が描けそうで、まずは一安心。
test_abi01.jpg

ある程度、人物が塗れたところ。
ここからは人物とバイクを切り離し、更にバイクも「外装」「エンジン」「足周り」で分けて管理します。
abi04.jpg

バイクを塗っている途中、人物との比率が気になったので、人物の方をやや縮小。
バイクの方もエンジンの位置等修正しました。
test_abi03.jpg

バイクもほぼほぼ塗れたところ。
たまに人物を乗せてみて、バランスを確認していきます。
hd03.jpg

hd04.jpg

アビーの表情、髪の毛仕上げ。
良い出来♪
ん?そういや英霊旅装の北斎もこの髪型だったよね?同じフォーリナーだし、何か意味あるんかいな???
test_abi04.jpg

置き場所がなかったので、くまさんにはタンデムシートに縛られてもらったゾ!w
test_abi05.jpg

ドロップシャドウとハイライトを描き込み、色調補正して背景なし版の完成。
ええやん!
abi12.jpg

背景あり版は、まずトリミングして背景追加。
次に、アー○ムの案内看板を図形ツールで制作→それらしく描き込み。
abi06.jpg

看板をガウスでぼかし、影を描き込み→アビーの部分だけ選択して新規レイヤーをグラデーションで塗りつぶし。
abi08.jpg

オーバーレイで重ねて、こっちも完成!
abi11.jpg

最近では一番良い出来に仕上がったと思います♪
リクエストされたものを描くと、新たな発見やスキルアップが確実にありますね。
これからもちょくちょく受け付けていきますよ!

08:56 | works | comments(7) | trackbacks(0)
転スラのリムルとシズを描いた件。

最近ラノベ界で流行りのいわゆる「異世界転生もの」、短絡的な導入からしてどれも大差ないだろう、と思っていた時期がぼくにもありました。
実際のところそれは正しいと言えますが、少なくともアニメ化されるほどの人気作品は、それだけの魅力と工夫があるものです。
ぼくなんぞは新作が出る度に、まだこんな見せ方があったかー!と感心しきりです。
みんなすごいね・・・よく思いつくわー。

今回はそんな「異世界転生もの」の中でも人気急上昇中の「転生したらスライムだった件(以下転スラ)」から主人公リムルとシズを描いてみました。

ネタバレになるので詳しくは書きませんが、瓜二つの二人を描き分けた上で並べてみたかったので(作中ではある理由によりまず見られない)背中合わせにしつつも物語性が伝わるようにしてみました。

rimuru_test00.jpg

初めて描くキャラなのにいきなり横顔。
ちょっとハードル高いかな?と思ったけど、特にそんなこともなかったです。
test01.jpg

test03.jpg

シズも同じく。
sizu_test01.jpg

sizu_test03.jpg

2枚のレイヤーを合成して馴染ませます。
test06.jpg

背景は写真をトリミングし、中央付近に逆光のフィルターをかけます。
その上からオレンジのレイヤーを重ねて、夕焼けの空にしました。
back01.jpg

ブラシで塗りつぶしたり描き直したりしてそれっぽくした後、人物とヴェルドラを合成。
back02.jpg

グラデーションのレイヤーをその上からオーバーレイで乗せて統合。
さらに統合したものを複製、スクリーンで重ねて逆光を演出してみました。
back03.jpg

漏れた光とかを描きこんで完成です!
rimuru_sizu01.jpg

わりとさくっと描いたわりに評判良くて、ぼくが一番びっくりしてたりします(笑)。
こらそこ!転スラ人気の波に乗っただけとか言わない!
いや、たぶんそうなんだろうけどね。(´・ω・`)


 

 

 

 

 

00:00 | works | comments(0) | trackbacks(0)
桜淵ニューイヤーズミーティング2019 その3

続き。

桜淵公園を出て、恒例の新年食事会へ。
いや、普通にお昼食べに行っただけですけどね(笑)。
今回は豊橋の「京華」さんです。
DSCN0096.JPG

毎年言ってますが、1月2日に営業している飲食店は少なく、営業していてもメニューに制限があったり、お正月料金になっていたりと難ありなことが多いです。
しかしなんとこちら、ラーメン+ライス+コーヒー付きランチで平常どおりの680円!!
DSCN0095.JPG

それにしても今日もゆっきーはかわいいです♪
DSC_0134.JPG

お隣は毎年わざわざ静岡からいらして下さるgegegeさん。
それにしても今日もゆっきーはかわいいです(2回目)。
DSC_0135.JPG

頼んだ麻婆+台湾ラーメン、ドーン!!
どうよ?全然680円じゃないっしょ?
しかもなかなか美味しくて、最初は無理かもー、なんて言ってましたが完食しちゃいました。
これは大誤算・・・新年から食べすぎです。
DSC_0136.JPG

この後、解散して帰る方向が同じGTさんとゆっきー、それにJIMさんとで名古屋方面へ。
往きと同じく301号でも良かったのですが、正直めちゃめちゃ寒かった(雪が残ってたくらい)ので、復路はこちらを選びました。
DSCN0098.JPG

JIMさんのカフェカスタムGNを後ろから観察。
ポジションはわりと普通な感じに見えます。
DSCN0101.JPG

冬の蒲郡の海、そして空。
夏よりも澄んで、きれいに見えるのは気のせいでしょうか?
DSCN0106.JPG

最後の休憩に立ち寄ったいつもの道の駅 「筆柿の里 幸田」。
DSC_0146.JPG

明らかに桜淵の帰りと思われるバイクが、そこかしこにちらほら。
DSC_0147.JPG

DSC_0148.JPG

JIMさんのGNとのツーショットが欲しかったので、勝手に撮らせて頂きました。
DSC_0138.JPG

やっぱ良い並びだわ!
DSC_0140.JPG

DSC_0142.JPG

ついでに(失礼)GTさんのGNとゆっきーのルナフロのツーショットも。
DSC_0144.JPG

DSC_0145.JPG

こうして恒例の、そして今年初のツーリング&ミーティングは終わり、新しい年がスタートしました。
DSCN0109.JPG

今年もいっぱいバイクに乗って、いっぱい色んなところへ行きたいと思います!
いつかはあなたの住む街へ、行くかも〜知れません〜♪(ルルルンルンルン)



おしまい。

08:02 | vehicle:GS125E | comments(6) | trackbacks(0)
桜淵ニューイヤーズミーティング2019 その2

続き。

いつものメンバー以外にも、お会いできた方がいました!
こちら、なおさんのストマジ。
DSC_0131.JPG

実は相当前からお知り合いだったにも関わらず、なかなかお会い出来なかったお方で、現在はストマジ以外にもハヤブサとアクロスも所持されてます。
やっと会えたー!
DSC_0130.JPG

会場をぐるっと回ってみます。
ひとつひとつ見てたらきりがないので、ざっと目に付いたバイクたちを載せていきますね。

ラビットコーナー。
DSC_0082.JPG

ベスパコーナー。
毎年この場所に並べていらっしゃるので、これ見ないと新年迎えた気がしませんね(笑)。
DSC_0083.JPG

ソロ。
玉数少ないわりに、現存しているものはどれも綺麗に維持されてる気がします。
DSC_0101.JPG

モトコンポー!!
DSC_0113.JPG

クッソかわいいwwwwwww
しかし、ヘルメットをよく見ると毎年参加されている猛者でした。
DSC_0112.JPG

DSC_0114.JPG

モンキーとかゴリラとか。
DSC_0116.JPG

DSC_0118.JPG

DSC_0123.JPG

幸福号。
現物は初めて見ました!
DSC_0094.JPG

カブF型。
え?え?本物!?
DSC_0092.JPG

DSC_0098.JPG

これだけたくさんのバイクがいるのに、結局小さいバイクか旧いバイクに目がいっちゃうのが不思議。

他にも・・・3型カタナ。
DSC_0087.JPG

YZF-R7も初見!
DSC_0122.JPG

ドカのお兄さんかっこよかった!
DSC_0126.JPG

DSC_0090.JPG

今年も大盛況です!

つづく。

08:58 | vehicle:GS125E | comments(2) | trackbacks(0)
桜淵ニューイヤーズミーティング2019 その1

昨年末は、いや、昨年末「も」と言うべきか、年越しは夜勤でございました。

月ちゃんが日清とコラボしたとかで、蕎麦どん兵衛で年越し。
え?やっぱコラボ破棄?あの動画アウトだったん?
なんなん・・・???
20190101_4.jpeg.jpg

職場から、あけおめええええええええ!!
20190101_3.jpeg.jpg

いえ、全然嬉しくないんですけどね、ええ。
しかもさて帰るか、てとこでフロントガラス見えやしねえし・・・。
20190101_2.jpeg.jpg

20190101_1.jpeg.jpg

その足で恒例の豊川稲荷へ初詣。
DSC_0045.JPG

とても混雑しているように見えますが(実際、混雑しているのですが)、毎年参拝者は減少しているように思えます。
昔は元日の参拝なんて怖くて出来なくて、2日以降にしていたくらいだったんですが。
DSC_0043.JPG

DSC_0050.JPG

こちらも恒例、霊狐塚に新年のご挨拶。
今年も僅かながら、岩の隙間に小銭を隠してきました。
DSC_0056.JPG

DSC_0057.JPG

例年と異なるのは、今年は一眼レフを持ってきたこと。
練習がてら撮影!
DSC_0059.JPG

やっぱ奥行が出て良いですねえ。
DSC_0062.JPG

DSC_0064.JPG

DSC_0065.JPG

帰宅後、この日は爆睡して翌朝。
こちらも毎年恒例、桜淵です!
DSCN0070.JPG

今年もすごいバイク!人!バイク!人!
DSCN0073.JPG

やはりこの時点で500台くらい、それが入れ代わり立ち代わりで出入りするので、1000台は来場しているものと思われます。
DSC_0085.JPG

DSC_0086.JPG

この何をするわけでもなく、ただ集まるだけって言うのが長続きの秘訣なんでしょうかねー?
DSC_0089.JPG

ぼくもエスパーダを適当なところに停めると、見知らぬ方が何人か集まって来られ、さっそく車種を訊かれました(笑)。
img_34_1.jpg
※写真提供:GT-Bさま

DSC_0075.JPG

やまちゃんと原Gさんと遭遇。
真ん中は初めましてののぶさん。
皆さん、あけおめー!!
DSC_0103.JPG

C.B.JIMさん(以下JIMさん)のGN発見!
カラーリング変えたみたいだけど、すぐに分かりました。
DSC_0105.JPG

今回のデザインも良いセンスです!
DSC_0108.JPG

GNのノーマルのメーター周りって、意外とカウルの類を付けるとカチッと決まりますよね?
DSC_0109.JPG

原GさんのシルバーのGN125H。
なんかヘルメットがイメージ違うんですけど(笑)。
DSC_0111.JPG

エブリさんのGN125-2FとヒコさんのGN125H。
エブリさん達も来てるんだ?探さなきゃ!
DSC_0120.JPG

DSC_0121.JPG

GTさんとゆっきーのGN125H。
DSC_0124.JPG

やまちゃんとてっちゃんのGN125H。
あれ?てっちゃんのGNはスクランブラーにしたんじゃなかったっけか?
と思って後で訊いたら、冬仕様だそうです(笑)。
なんでも風防を付けると、アップにしたフェンダーに干渉するから、とか。
DSC_0099.JPG

あと、GNじゃないけどかみちゃんのカブ。
かみちゃんは毎年、カブでいらしてますね。
DSC_0115.JPG

つづく。

08:14 | vehicle:GS125E | comments(0) | trackbacks(0)
CA080テストライド:その2

続き。

そう言えば・・・と、この道の駅手作り村にまともに入ったことがないことを思い出し、散策してみました。
ホームコースと言ってるわりに、その道沿いにある道の駅に入ったことがないとは、なんたる大失態。
DSCN0020.JPG

そうそう、これこれ!!
あれだけ国道ステッカーを収集してるのに、我が301号のステッカーを持っていなかったんです。
灯台下暗し、というべきか、なんとも間抜けな話です(笑)。
本宮山のステッカーと一緒に購入しました。
DSCN0019.JPG

定番の三河フランクを食べたら、再び出発です!(食べかけごめん)
DSCN0028.JPG

新城方面、例の低速セクションを流してメーターテストです。
DSCN0030.JPG

そして豊川方面へ。
日が傾きかけてきました。
冬の日没は早い・・・。
DSCN0031.JPG

今回、テストがてら立ち寄ってみた場所はこちら。
御油の松並木!
DSCN0033.JPG

国道1号をわずかに外れた旧東海道にあります。
日差し避け、防風、防雪の役割を担っていたもので、家康の命で作られました。
東海道中膝栗毛の中に、この松並木で狐に化かされる話が残っています。


と偉そうに講釈垂れてますが、ぼくも少し前までこんな場所があるとは知りませんでした。
国道を避けて通る車が多く、なかなかのんびり出来る雰囲気ではありませんでしたが、なんとなく三大松原を彷彿させる景色で良いですね。
特に感動するようなものではなくとも、一度くらい訪れて損はないと思います。
DSC_0024.JPG

暗くなってきましたが、一眼ならきれいに撮れます!
DSC_0034.JPG

DSC_0031.JPG



さて、本来なら使いたくなかった国道1号ですが、ここまで下ってきてしまったので使うほかありません。
大渋滞の中、帰路を急ぎますが・・・
知立に出た辺りで「藤田屋」の存在を思い出し、久しぶりに入ってみることにしました。
言わずとしれた大あんまきで有名なお店です。
DSCN0042.JPG

10年ほど前には通勤で毎日のようにこの前を通っていたのに、その時は立ち寄ろうとはあまり思わなかったんですよね。
不思議なもので、ツーリングの帰り道だと無性に大あんまきが恋しくなります。

未だに新作とか出てるんですね。
伝統を受け継ぎつつ、トレンドを取り込んでいく商魂逞しさには恐れ入るばかりでございます。
DSCN0039.JPG

DSCN0038.JPG

あんまきは帰宅したからの楽しみにして、夜のエスパーダをパシャリ。
やっぱ一眼だときれいだ!
DSC_0039.JPG

そんなこんなでテスト終了。
また何か気づいたことがありましたら、こちらで報告させて頂こうと思います。

おしまい!

22:07 | vehicle:GS125E | comments(0) | trackbacks(0)
CA080テストライド:その1

年末、ACEWELL CA080のテストのため、例によってホームコースの国道301号を試走してきました。
メーターのテスト以外にカメラ2台のテストでもあります。
DSC_0009.JPG

首から提げたW100は始動にやや時間がかかるものの、使い勝手は良し。
触った感じでシャッターや電源ボタンが分かるのが、何より良いですね。
これまで動画撮影ボタンとシャッターが近すぎて、よく間違えて押してたことがありましたが、W100ではそれぞれが左右端にあり、これを間違えることはなさそうです。
ただ、(左手のみで)カメラを持ちつつ動画撮影ボタンを押すのはやりにくいので、この点は今後の課題にしておきます。
あと画角がやや狭い・・・かな?
DSCN0012.JPG

メーターの速度計は、ホイール1回転でどれだけ進むかを予め記憶させておくことで、正確な数値を表示してくれます。
これまでの2802CPでも同じ方式でしたので、同じ数値を入力。
その後実際に走ってみて、GPSの数値と照らし合わせてそれに近づけていくのがベストです。
ちなみにフロント18インチ+TT100GPの組み合わせで、675〜680になります。
DSCN0014.JPG

画面左側のバーグラフは、油温を常時表示してくれています。
詳細な温度を表示させずとも、ある程度の温度が分かるので助かりますね。
このバーグラフは燃料計と温度計のどちらかを選べる仕様になっており、もともと燃料センサーのついていないエスパーダでは迷わず温度計にしています。中華GSやGNの2F等はどっちを選ぶか悩ましいところでしょうね。

右側のアイコンはバッテリー異常時に表示されます。
電圧が13V〜15Vに収まっていないと表示されるのですが、これも自分で好きな数値を入力出来るようになっています。
全てLED化しているエスパーダでは電圧も気になるところでしたので、走行中観察していたところ通常は14.5V辺りで安定。しかしヘッドライトを消すと15.5V付近まで上昇。
やはり安全面、レギュレーターの負荷回避のためにも、常時ヘッドライトONがベストでしょう。
CIMG4701.JPG

DSCN0017.JPG

さて、ここまで走ってみて気になった点を2点。

1)まずウインカーの表示が左右別々でなくなったのが、ちょっと残念。
まあここは些細なことなので良しとしますが・・・

2)シフトワーニング機能がよろしくない。
自分で設定した回転数に達すると画面が点滅してそれを知らせてくれる機能で、これ自体はとても良いのですが、シフトワーニングが働くとデジタル表示している数値が(何であろうと)回転数表示に切り替わってしまいます。
つまりそれまで時計だったり電圧だったりを見ていたのに、突然回転数に切り替わり、元に戻さねばならないという面倒なことになるのです。
「そういう仕様」につきどうしようもないようなので、これを回避するにはシフトワーニングが機能しない普通は入らないような高い数値(例えば12000とか)に設定する必要があります。
もちろん、シフトワーニング機能は無意味になりますね。

うーん・・・残念な仕様です・・・。
もったいない。

道の駅 作手手作り村に到着。
DSCN0021.JPG

じゃん☆
ここでD5300を試してみたいと思います!
DSCN0018.JPG

やっぱりすごい!
被写体がくっきり浮かび上がって、きれいに撮れてる!
DSC_0011.JPG

DSC_0005.JPG

DSC_0008.JPG

離れたところから望遠で撮影。
パースをかけたくない構図も、楽々いけますね♪
DSC_0014.JPG

さすがにコンデジと比べて重く「いつでもどこでも」と言うわけにはいきませんが、ここぞという場面では大活躍しそうです。

モトブログでもCA080のインプレをまとめてみましたので、よかったらこちらもどうぞ!



つづく!
 

15:35 | vehicle:GS125E | comments(0) | trackbacks(0)
にこん!

カメラ買い換えました♪

レンズの傷及び内部の汚れ、時折発生する動作不良からそろそろ限界だろうという判断です。
主な用途が首から提げてのツーリングのお供だったので、そりゃあもう酷使したわけですよ。北海道も九州もこの子を連れて回りました。
本当にお疲れさま。

ちなみにこれまでずっとカシオを使い続けていたのですが、カシオがデジカメ業界から撤退してしまったので、新しいカメラはまったく知らないとことから始めなければなりません。

新しくお迎えしたコンデジはこちら!

■Nikon COOLPIX W100
DSC_0057.JPG

まず、めっちゃかわいくてオシャレ。
キッズが使うことを考えて作られており、外観もつるっとしていてカラーリングも素敵です。
カメラって言うと黒やシルバーばかりなので、こんな感じにもっと色々なカラーリングが選べると良いと思います。
DSC_0064.JPG

その外観とターゲットユーザーからも分かるとおり、防水、耐粉塵、耐振動の丈夫な造り。
なんと丸ごと水洗いOK!

そして分かりやすいインターフェース。
難しい専門用語とか一切出てきません。
十字キーの採用もナイスです。
DSC_0060.JPG

DSC_0061.JPG

コンセプトのわりに画素数は4160×3120、動画で1920×1080(30fps)と充分すぎるほどのスペック。
特に動画サイズは特筆すべきで、同シリーズで同サイズのものが撮れる機種は、上級グレードにならないと見当たりません。
またWi-Fi、Bluetooth内蔵でスマホとの連携も可能です。
これを超低価格で実現したのには驚きですね。

気になる点と言えばレンズも完全に格納されているため、必要ないという判断からかキャップがないこと。
それと付属のストラップは短すぎて首からかけることは出来ませんので、これまで使っていたものから外して取り付けました。
あと、せっかくのバッテリータイプなのに、バッテリー単体での充電が出来ないことかな?

テストでうちの嫁を撮影してみたゾ。
DSCN0048.JPG

DSCN0049.JPG

逆光はさすがにこんな感じ。
DSCN0050.JPG

ホワイトバランスの変更でここまでは可能。
DSCN0051.JPG

そしてW100の方はライディング時、咄嗟の撮影のみ使用することにし、ここぞという場面、特に風景写真やバイクの写真はこちらで撮影することにしました。

■Nikon D5300
DSCN0053.JPG

ついに我が家にもやってきました、一眼レフ!
このD5300に18-140レンズの組み合わせが新品格安で手に入る機会がありましたので、即決。
ダブルズームキットの方がメジャーではありますが、フォロワーさんからツーリングで使うならこれ1本の方がかさばらずに済むよ、とアドバイスを頂きましたのでそれに従ってみました。
DSCN0054.JPG

このクラスの一眼にしては軽くてコンパクト。
形状もかわいいし握りやすいですね。あと色!(そこか)
DSCN0055.JPG

液晶はこれまで使っていたカシオのEXILIMシリーズと同様、バリアブル仕様で自撮りも可能。
ここ重要ですよね!?
DSCN0056.JPG

2416万画素で6000×4000ピクセル、Wi-Fiでスマホ連動可能、他にもぼくには説明出来ない機能がいっぱい付いていてすごい(すごい)。
これまで撮影していたシーンがハイクオリティになるのはもちろんのこと、これでまでのカメラでは撮れなかったシーン、例えば夜景や星空、蛍、そういったものが撮れるようになったのが何より嬉しいですね。

そんなわけで、こちらもテストしてみました。
DSC_0040.JPG

同じ場面で同じように撮っても、全然違いますね!
立体感、素材感の表現力が段違い。
DSC_0042.JPG

一眼と言えばやっぱりコレ!
遠景がきれいにボケて、被写体を際立たせてくれます。
DSC_0052.JPG

DSC_0053.JPG

DSC_0055.JPG

逆光でも普通に撮ってさえ、こんな感じです。
ちゃんと操作してやれば、きれいに撮れることでしょう。
DSC_0050.JPG

素晴らしい、素晴らしすぎるぞ一眼レフ!!
これは出来れば九州ツーリング、いや北海道ツーリング前に手に入れておきたかった。
・・・まあ、お金なかったから無理だったんですけどね。

これからはこの2台でいっぱいいっぱい撮影したいと思います☆

・・・後で気づいたんだけど、D5300ってもしかしてゆあp
 

06:55 | Diary | comments(2) | trackbacks(0)
ここ最近のお絵描きまとめ。

今回は、今年描いたもので記事にしてなかった作品(主にネタ系)を、せっかくなのでご紹介させて頂きます。

思えば、こんなに絵を描いたのは実に16年ぶり。
この間、1年に1〜2枚しか描かなかったのが、今年だけでなんと60枚以上です。
いやあ、びっくりですね。
これにはフルデジタルの環境になったのが大きいと言えるでしょう。
メディバンペイントなるイラスト専用ソフトを手に入れたことで、直接PC上でラフを描き、そのまま最後まで仕上げることが出来るようになったのは、想像していた以上に画期的なことでした。
これは今年1年を振り返って、最も大きな出来事だったのではないかと思います。
デジタル万歳!

さてそれはともかく、まずはFGOよりエレちゃんです。
霊基再臨で露出度の高いコスの方が人気があるっぽいですが、ぼくは断然このコスが好きです。
と言うか凛ベースのキャラの中ではイチオシ!
ereshu03.jpg

ereshu05.jpg

全体完成。
ereshu07.jpg

まあ、これがやりたかっただけなんですけどねwwwwwww
ereshu08.jpg

同じ路線でひぐらしのなく頃により、竜宮レナ。
誰だか分からないけど、この絵を元に描かせて頂きました。
sorena01.jpg


test02.jpg

なんとなく反転。
rena_sorena00.jpg

背景はGNで初めて雛見沢を訪れた時に撮った「嘘だ!」の坂。
CIMG6006.JPG

それな!
rena_sorena01.jpg

これはわりと最近描いたゴブリンスレイヤーさんと女神官さん。
らくがきのつもりが描き進めてしまい、結局普通に完成させてしまったという頭の悪い例。
gob01.jpg

gob02.jpg

gob03_0.jpg

完成!
gob03_1.jpg

来年もいっぱい描こうと思います!
何らかの形で印刷物に出来るくらい、描き溜めたいかな。


 

22:35 | works | comments(0) | trackbacks(0)
| 1/137P | >>